David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

スポンサーサイト

-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画:「ドット・ジ・アイ」~DVDで

2006-08-31-Thu
タイトルの「dot the i」は、そもそも「iとtは似ているので、iには点を、tには横棒をつけなさい」ということで、そこから転じて「ちゃんと最後まで注意を払いなさい」という意味の慣用句だそうです。

「ちゃんと最後まで気をつけろ」とは、そのまんま見る者への挑戦というか、「最後のどんでん返しまで注意して見ろ」という警告にもなっています。
ドット・ジ・アイ
ドット・ジ・アイ
posted with amazlet on 06.08.31
エスピーオー (2005/04/08)
売り上げランキング: 10,902
おすすめ度の平均: 4.17
4 最後まで目が離せない!
5 意外な結末!!
5 欧州映画も捨てたものじゃないですね。

作品中でヒロインのカルメン(ナタリア・ヴェルベケ)が、キット(ガエル・ガルシア・ベルナル)に「dotはiの最後の点」というようなことをいうシーンがあったのですね。ところがこれが「dotは愛の最後の点」ということに、フランス語ではそうなるようなことを言うです。「Je t'aime.」ってことなのかと思うけれど。表題は、見る者への挑戦でもあり、映画の中での二人の大切なキーワードだったりするんです。

ストーリーです。いささか過去に傷つきながら、エキセントリックなところのある、女性カルメンは、優しくなんでも望みを叶えてくれる、白馬の王子様的なバーナビーと婚約している。しかし、ヘン・ナイト(フランスのおしゃれなしきたり)で、カルメンはたまたま居合わせた男性キットとキスをする。しかし、その時カルメンは気づく。バーナビーにはなく、初対面の男が持っている、カルメンにとって最も必要なもの……。それが少しずつ運命を狂わせる。そして、虚々実々、意外な結末への二転三転のドラマがスタートするのです。

あるいは人によっては「過ぎたるは及ばざるがごとし」などという言葉を思い出させるほどの、どんでん返しです。わたしは、おもしろいと思いましたけど。ただ、こういう体験しちゃうと、たとえ「ゲーム」に勝ち残っても、今後の人生ずっと疑心暗鬼で生きていかないとならないんじゃないだろうかって。

わたしは極力ネタバラシは避けたい派なので、実はあのシーンで変だと思ったというのもないわけではないのですが、これ以上は書けませんけれど、そうかなと思ったところもあるんです。そこまではそうだろうなとか。そして、あるいはそういうのもあるかなとも思ったんです。ただ、あそこまでは。そしてそこまで行くとは思いませんでした。って、変な感想(笑)。

カルメン役のときどきジーナ・ガーションかと思う女優、ナタリア・ヴェルベケというらしいんですが、いいです! でも、ジーナ・ガーションのがいいけど。「パズル」に出てるらしいけど、ちょっと印象にない。ヴェルベケ。
パズル
パズル
posted with amazlet on 06.08.31
ポニーキャニオン (2002/01/17)
売り上げランキング: 44,331
おすすめ度の平均: 3.67
3 『学のある落伍者達』の対決を描く
3 日本人には配慮を欠いた映画
3 スペインの新本格ミステリー


にほんブログ村 映画ブログへ

COMMENT



そう、そう。

2006-08-31-Thu-12:34
そこまではそうだろうなとか思ったりして。
でも、まさかそこまではしないだろうな、って。
いや、実が最初からそうだったんじゃないか?なんて。

どんでん返しのある映画は好きなんですが、
ネタをばらさないように感想を書くのは、とっても難しいのです。

ガエル・ガルシア・ベルナル君を目当てに見る女の子も多いみたいですが、
ジェームズ・ダーシーと並ぶと小柄なのが尚いっそう・・・。
あの八重歯も、母性をくすぐる魅力なのでしょうか。

☆木蓮さん

2006-09-01-Fri-00:10
ああ 男性陣も魅力的でしたよね。理性的でクールな長身の、金持ちの優男と、チビで活発で情熱的な坊や、そして貧乏。まさに対照的でした。カルメンは、究極の選択だったんでしょうか。贅沢な選択かもしれませんよね。

けっこうおもしろい作品でした。

コメントの投稿












※スパム対策のため、半角英数字のみのコメントは禁止設定してあります。
また、半角「-」の5文字以上連続もコメント内に書き込めません。



秘密にする

TRACKBACK

※この記事のトラックバックURL(コピーしてお使い下さい)
  
http://smartass.blog10.fc2.com/tb.php/1034-e4c4c619

※管理人が承認したトラックバックのみ表示します(12時間以内には表示処理をするつもりです)。

ドット・ジ・アイ

レストランで独身最後のパーティを楽しむカルメンは、たまたまその場に居合わせた男性、キットとキスをすることになる。一度のキスで永遠の愛を確信してしまうふたり。カルメンは、婚約者への愛が冷め始めた自分に気づくのだが、その裏には、ある陰謀が仕組まれていた…

【dot the i】ドット・ジ・アイ

面白い!! これいいです。 何が真実で何が嘘なのか・・・
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。