David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

スポンサーサイト

-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

短編小説「猫の話」(1/5)

2001-08-27-Mon


   (1)

 市民寄席の会場を出ると、むっと暑かった。離れた駐車場まで歩くと、夜とは言えもう汗が流れてくる。クルマに乗り込んでエンジンをかける。クーラーが効き出すとほっとする気分だ。いっしょに助手席に座ったKも、いつもはもう少し多弁だが、暑さのせいか今日は無口だった。ヘッドライトをつけて、そのまま前のクルマが駐車場を出るのについてクルマを進めた。

 Kとわたしが市民寄席で知り合ったのは半年前の冬のことだ。市民寄席というのは、落語好きの市民サークルで、毎月の全員の会費をプールして、隔月で噺家(はなしか)を招いて落語を聞くというしくみになっていた。メインは一人。その落語家が弟弟子とか、若手を連れてくることがほとんどであった。もっとも、地方なのでそのメイン自身が若手であるということもたびたびあったのではあるが。また、地元の大学の落語研究会にも、前座として高座に上がる機会を与えるというはからいもしていた。大学生への謝礼など、プロに比べたら安いものだった。だが、学生にしてみたら悪い話でない。落語を聞いてもらえる上、アルバイトの時給に換算したら悪くない謝礼ももらえるし、おまけに、本職の話も聞かせてもらえるのだから。そんな取組で、地方都市の市民寄席は成り立っていた。

 半年前の二月、Kは市民寄席でわたしの席の隣にいた。マスクをして、ときどきゴホン、ゴホンと空咳をしていた。やむを得ないこととはいえ、コンサートや演劇などでもこうして咳をしたり、くしゃみをしたりするのは歓迎されない。それが、おしゃべりをしたり、ケータイが鳴りだしたりすると違うのは、本人には責任のないどうしようもないものということである。ムードを壊すということは変わりなくても、だからといって睨まれるようなことはあまりない。

 ゴホン、ゴホン。ゴホン、ゴホン……。六十歳過ぎの、大柄の頭の薄くなった、度の強い眼鏡をした男が、隣の席で肩を揺すりながら、苦しそうに咳を繰り返す。あまり咳がひどいので、落語家が「お客さん、大丈夫? 苦しい? 話、止めて待ってるから。ゆっくり、心おきなく咳をして~」と話しかけたほどである。コンサートや演劇ではこうはいかないのだろうが、そこは話芸、ムードを壊さずに気遣うこともできるのだ。ホールはややざわついたが、温かい雰囲気に包まれた。わたしもそのぬくもりにつられて「のど飴持ってますよ。舐めます?」と声をかけた。それがKとわたしの知り合ったきっかけだった。

 一席が終わって話してみると、Kの住む町はとわたしの町と隣町というほどではないが、そう遠くもなく方角的には同じだった。また、クルマに乗らないので、電車を乗り継いで来ているということも知った。冷え込む夜で、わたしとしても一人で帰るのもの寂しかったので、それならKをわたしがクルマで送ろうという話になった。Kも最初は遠慮したが、公演の感想をクルマで話し合うのも楽しいだろうという気持ちが、おそらくお互いにあったのだろう、遠慮なさらずにとわたしが繰り返すと、すんなり話はまとまった。じゃあ、ただ送ってもらうのも、ということで、Kがラーメンの旨い店があると言いだした。お礼に奢るから寄り道して帰ろうというのだ。

 その日以来、市民寄席の公演のたびにKをクルマで送って帰ることとなった。そして、同じく、どちらかが、ちまたで噂のラーメン屋を紹介し、少々遠回りでも食べて帰るというのが習いとなっていた。もちろんKのおごりである。わたしはKが車の謝礼のつもりでいつも奢ってくれるものと思い、快く奢ってもらっていた。そこには、クルマを持たないKが、やや駅から離れた店に食べに行くことができるというメリットがあって、Kとしても喜んでいるはずだとわたしは思っていた。



<<「猫の話」タイトルへ----(1)----(2)へ>>


HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。