David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

スポンサーサイト

-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

短編小説「猫の話」(3/5)

2001-08-27-Mon


   (3)

「別に、わざわざベトナムの話にしなくてもよさそうな話でしたよね。わたしは、最初のネットのバッシングの方がおもしろかったですよ」
「……」
どうも、今日のKはノリが悪い。
「ベトナムで話題になっているって言ってましたよね。あれ、どうなんでしょうね。別に日本の話でも全然変じゃないし。むしろ本当にベトナムで話題になってるってことなんでしょうか?」
「……いるよ」
やっと返事があった。

「え、知ってたんですか? ベトナムのこと……」
「いや」
「……」
「うちにいるんだよ。そいつが……」
「……、へ?」
わたしはどう言っていいのかわからなかった。でも、こういうときに妙に深刻にならないのがいいと思って、
「いるって、Kさんところにですか。驚かせないでくださいよ」
Kは再び無言に戻った。さっきまでと同じ沈黙だった。
「……ほんとうですか?」
「……うん」
Kは低くうなった。いつもなら、朗らかなところのある大柄な男が、今日に限って妙に深刻な感じなのが、助手席から伝わってくる。
「やめてくださいよ。怖いんだから」
「……。怖いさ、わしだって」
こういう話で大の大人が「怖い」などという言葉を使うのは、今どきめったに聞かない。だいたいは、幽霊がいるかとか、おばけなんて信じないとか、せいぜいそんな疑問形というか、議論になって、ま、信じる信じないは自由だとか、世の中いろいろあるとかそういう話になると相場が決まっているのだ。

「どうする?」
Kは聞いてきた。いつものトーンより沈んだ声が、かえって凄みを感じさせる。
「どうするって?」
「ラーメンだよ。いつものようにラーメン食べていくか? こんな気分でも」
「ああ、運転してるとあれですから、食べながら、聞かせてもらいます。なんか、落語の続編聞くみたいで、ちょっとお得って感じじゃないですか。えへへ。こないだね、旨い店見つけたんですよ。パイタンスープのネギラーメンなんですけどね……」
なんとなく重いムードなんで、愛想笑いをして、それからはもっぱらラーメンの話をした。Kもなにかつっかえものがとれたように、しだいに乗ってきて、「ほんとか」「そりゃ楽しみだ」などと言って、すっかり幽霊の話など忘れているかのようだった。

 駐車場がガラガラだったし、店は空いていた。わたしのお薦めの「刻みチャーシュー・ネギラーメン」を頼むとまもなく来た。一口スープを飲んで旨いとKも喜んだ。ラーメンに詳しそうなKは、ちょっと魚系の出汁が入っているかなといいながらうまそうにすすった。ネギとチャーシューが合うだとか、あえてチャーシューがみじんに刻んであるところが旨いんだとかいう話になった。あるいは、どこそこのネギラーメンは白髪ネギで、ピリ辛ぐあいが旨いとか、ネギラーメンの話題が一通り終わった。

「さっきの話なんですけど……」
わたしは気になっていた話をふってみた。
「ああ……。聞いてくれるか。別にいいんだけどね」
Kはまたいくぶん元気がなくなった。
「いえ。せっかくですから。こうして明るくて、腹もふくれてくると平気だし」
「本当にいいのか?」
「やけにあれですね。怖がらせようとしてますよね。もったいつけて」
わたしはもうラーメンを食べ終えようとしていた。大柄のKも同じくらいだった。



<<(2)へ----(3)----(4)へ>>

HOME

★楽天トラベル☆彡

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。