FC2ブログ

David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

すでに青白時代の到来か?(9日めを終えて)

2005-01-18-Tue
特に「9日目を終えて」……として書くのに意味はなくて、ま、朝、たまたま目が覚めたから、という程度のこと。ただ、ちょっと朝青龍のことで気になることがあって、ほんなら、白鵬にからめて少し書いてみようと思って、で、「すでに青白時代の到来か」というタイトルに。

疑問形にしたんだけど、それは、白鵬がまだ「小結」だから。番付上青白時代と呼ぶには早すぎるというだけのこと。実際、もう、どの大関も大関候補も白鵬の前には歯が立たないし、優勝争いも、早くもこの両者に絞られた感があるんで。

まずは、白鵬から。9日目(17日)の千代大海戦。白鵬は千代大海の相撲につきあった。千代大海の突きに、真っ向突きで対抗し、両者激しい突きと張りの攻防だった。戦法は千代大海だったが、間合いは白鵬だった。突きと張りは、所謂打撃戦である。打撃で大切なのは、スピードと間合い。千代大海の必死の突っ張りも、白鵬の間合いで充分見られていたという感じだ。前半はやや千代大海が勝っているようにも思われた。土俵際まで白鵬を追い込んだが柔らかな身体を生かして残された。あとは余裕でかわされ、ついに千代大海が攻め疲れた……という印象である。千代大海のスタミナ不足なのか。白鵬も珍しく取り組み後息を荒げていたのも印象的だった。

それにしても、全勝朝青龍をただ一人二敗で追う白鵬。まだ、この二人に絞られたってわけではないが、既に青白時代は到来していると言えるだろう。さて、その朝青龍。左上腕に白いサポーターしていた。魁皇がガムテープみたいなでかいテーピングをしてるのはよく見るのだが、朝青龍がああしたでサポーターやテーピングをするのは本当に珍しい。だから、ついつい、なんだろ、傷めたのか? って思ってみてしまう。

ただ、7日目の取り組み後気にしていて、8日目の取り組み後に思わず手で押さえたのは、右肩もしくは右上腕だったはず。どういうこと……。このサポーター、右を傷めているのをカモフラージュするために左腕にしてるんだろうか。それとも、本当は左腕を傷めてたのに取り組み後には悟られまいと、逆の肩をかばうような仕草を見せたのか。まさに、一筋縄ではいかない横綱らしいところ。図太いというか、舐めているというか。

魁皇も、左の肩が痛いから左だけにテーピングするなんて真っ正直なことをせず、右肩にも、腰にも、左足にも、右膝にも、もうありとあらゆるところに、あの、ガムテープみたいなでかいテーピングして、本当はどこがいたいのかはわからないくらいにしたらどうなんだろうか。m(_ _)m

大相撲全般 - 格闘技

COMMENT



コメントの投稿












※スパム対策のため、半角英数字のみのコメントは禁止設定してあります。
また、半角「-」の5文字以上連続もコメント内に書き込めません。



秘密にする

TRACKBACK

※この記事のトラックバックURL(コピーしてお使い下さい)
  
http://smartass.blog10.fc2.com/tb.php/102-02beb004

※管理人が承認したトラックバックのみ表示します(12時間以内には表示処理をするつもりです)。
HOME