David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

スポンサーサイト

-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画:「テイキング・ライブス」~DVDで

2006-09-03-Sun
アンジェリーナ・ジョリーがプロファイリングの得意なFBI特別捜査官を演じ、連続猟奇殺人を追うサスペンスものです。タイトルの「テイキング ライブス(Taking lives)」とは「人生を乗っ取る」という意味です。犯人が猟奇殺人を犯し、次々とその被害者になりきって生活していくことによるのですね。

冒頭、少年時代の犯人がその「乗っ取り」の第1回を行う。その後年月が経つので、役者が入れ替わる。だから、観客は大人になってからの「犯人」の顔を知らない。したがって、だれが「乗っ取り犯」なのかをあれこれ推測せざるをえなくなる。

モントリオールで猟奇殺人事件が続き、現地警察の応援にFBI捜査官イリアナ(アンジェリーナ)がアドバイザーとしてやってくる。地元の「所轄」とうまくいかないのは、日本の刑事ドラマでも、ま、同じ。犯人はなかなかつかまらず、いくつかの連続殺人が起きてしまう。そして、やっと目撃者(イーサン・ホーク)が表れた。犯人がドジを踏んで犯行中に目撃されたのだ。

今までにない最高の手がかり。でも、なぜ? プロファイリングするイリアナは、そこから犯人の意図を読みとり、また、奇異な点を指摘する。前半はそうして、冷静なイリアナのあざやかなプロファイリングが見事に成功し、着実に犯人に迫っているように見えるのですが、ある時点をきっかけに、大きくそれが狂い始めます。そして、意外な結末へ……。


ま、これ以上書くのはちょっとネタバレなんでやめておきます。結末はかなり意外で、その点どう取るかで、作品の評価は影響してくるかもしれません。わたしは、こういうトリッキーな展開は好きです。また、「グロな死体」、「凶悪な犯行」、「あざやかな操作の手口」、「ロマンス」、「濃厚なラブシーン」、「結末の意外性」など、おもしろいしかけがたくさんあって、刑事もののサスペンスが好きな人には、おすすめです。

サイコものにはなりきってないので、そう思ってみるとものたりないかも。

テイキング・ライブス ディレクターズカット 特別版
ワーナー・ホーム・ビデオ (2005/01/21)
売り上げランキング: 6,418
おすすめ度の平均: 3.33
3 アンジェリーナ様、映画。
5 なるほど~です!
4 転んでも只では起きない女のお話。


にほんブログ村 映画ブログへ

COMMENT



表紙の写真

2006-09-03-Sun-19:03
トップページの写真が大相撲モードに変わりましたね!
あと1週間後ですもんね~

この映画は見てないです。
レンタルショップでは何度も手には取るんですが・・・。
本当におもしろいですかあ~?
何となくこういう類はパターンが決まっているような気がして、
「おもしろいんかいな」と疑ってしまいます。

☆keeponさん

2006-09-03-Sun-19:31
こんばんわ。

これは、こないだ名古屋場所で撮ってきました。モザイクしようとしたら、ちょっとデータが大きくなってアップできませんでした。そのうちまた、変更します。

ま、落語などは、ネタがわかっていてもおもしろいものですからね。そう思って、演技をみてやりましょう。2時間サスペンスドラマ劇場よりは、ま、おもしろいです。v-17

ご訪問有難う御座います

2006-09-03-Sun-21:11
初めましてボンズです。

ブログで収入を得たいと思っても、全然収入が無いと嘆いてませんか?

そこで、サプライズなサービスが昨日出来ました。

まさに、Win-Win-Winなビジネスモデルです。

簡単にいうと、あなたのブログやサイトに広告を掲載して、

アクセス数に応じて報酬をもらえる仕組みです。


「アクセス数に応じて」です。。。

ぶっとびます。

それでは又遊びに来まーす♪

応援ポチッ♪

☆ボンズさん

2006-09-03-Sun-22:09
どうも。

ほほー

2006-09-04-Mon-23:24
面白そうですね。こういう連続殺人物に凄く惹かれる私です。でもFBI捜査官にアンジョリーナジョリー?そこがしっくり来ない感じ。実際見るとそうでもないのかな?彼女にはとっぴな役しか思いつきません。(トゥームレイダーしか見たことがないから?)

☆あふろやんさん

2006-09-05-Tue-00:55
ああ、捜査官の役もいいと思いますよ。

あれは、デンゼル・ワシントンの「ボーン・コレクター」だったかな、捜査官やってます。デンゼル・ワシントンが半身不随のかなり知的に優れた捜査官で、アンジェリーナが無線を通じて、まさに手足となって、もちろん、目にも耳にもなるんですけど、捜査をするという設定です。事件は同じく猟奇的連続殺人です。

こっちより、サスペンス色が強いですけどね。そっちもおもしろいですよ。

2006-09-20-Wed-16:52
こんにちはw
ちょっとエグイ写真やらシーンがあって、ゲッと思いましたが、
ハラハラの内容でした。
TBさせて頂きました。

☆ここさん

2006-09-20-Wed-23:28
どうもありがとう。
トラバ返しします(笑)

コメントの投稿












※スパム対策のため、半角英数字のみのコメントは禁止設定してあります。
また、半角「-」の5文字以上連続もコメント内に書き込めません。



秘密にする

TRACKBACK

※この記事のトラックバックURL(コピーしてお使い下さい)
  
http://smartass.blog10.fc2.com/tb.php/1018-83df5774

※管理人が承認したトラックバックのみ表示します(12時間以内には表示処理をするつもりです)。

テイキング・ライブス

アンジェリーナ・ジョリーが FBIの特別捜査官を演じる テイキング・ライブスを観ました。 この映画。 連続猟奇殺人犯を追うサスペンス。   猟奇殺人の犯人が 次々とその被害者になりきって生活して行く。 犯人役のイーサ
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。