David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

スポンサーサイト

-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

甲子園決勝は引き分け再試合

2006-08-20-Sun
朝起きてテレビを眺める。張本(勲)の「喝ッだぁ~」、大沢親分の「あっぱれ」を聞きながら、張本の「飛ぶボールと飛ぶバットのパネル」を見る。細かな数字は覚えていないが、バットとボールの「改良」が進んだおかげで、比較的非力な選手でもスタンドに運べるようになったし、普段なら内野ゴロに打ち取ったはずが、打球が強くて外野に抜けてヒットになると言うようなことを張本は解説した。大会ホームラン記録の更新や完封試合の少なさ、逆転試合の多さはその結果だという。「こういうめちゃくちゃな試合をおもしろいというかどうかは微妙です」と張本は言った。関口(宏)が「わたしはおもしろいと思うけど」と、ま、さすがTBSモードと思ったが、その点は同感だった。

それを思い出しながら、甲子園(第88回全国高校野球選手権大会)の決勝を見た。ま、見たと言っても眺めていたに過ぎないのだが。わが郷土の中京商業高以来74年ぶりの3連覇をめざす駒大苫小牧高(南北海道)と、初優勝をめざす早稲田実業高(西東京)の対戦だった。

ところが意外に打撃戦にならない。投手戦であった。「飛ぶバットと飛ぶボール」の採用で、おそらく戦術も変化したのだろう。今はその効果を生かす打撃練習に成功しているチームが勝ち進んできているのだろう。たとえば、凡フライをおそれず外野に思いっきり打ち上げる思い切りとか、とにかく振り抜いて凡打を強襲打にしてしまうパワーとかそうしたものが、得点に結びつき勝利へと繋がってきただろう。

逆にそれは、投手にとっては脅威であり、同じく守る野手にとっても試練であることは平等だ。投球術の研究や、守備力の強化に成功したチームが真の勝者になり得るのかもしれないと思った。それが、決勝戦の、意外な投手戦、結果延長15回1―1の同点引き分け再試合となったのかもしれない。

決勝戦の引き分け再試合は、第51回大会の松山商業高―三沢高戦以来、37年ぶりで史上2度目だという。

明日(21日)再試合となるが、相変わらずの猛暑であり両チームとも連戦である。野手もそうだろうが、やはり、投手の疲労は相当だろうと思う。飛ぶバットと飛ぶボールが威力を発揮するのは、そうしたときだろう。



こんな指摘をしているブログ。

来年から高校野球も低反発球の導入が決定されているようで、
今年は飛ぶボールの在庫一斉処分大会になっているようです
  → Field of Dreams~野球全般とフロンターレと~:「飛ぶボール? 飛ぶバット? (結論) 」

だそうだ。そして、こういう指摘も。

タダでさえ超酷使状態から15回も投げ、
そして再試合に。
これで両投手が故障で投げられなくなったら、
主催者側の高野連、朝日新聞はどう責任を取るんでしょうか。

まあ今までも主催者側は、
”高校生が故障したってそんなん知らん。
 朝日新聞の拡販につながればそれでええもん。”
という態度でした。
それは今も変わらないでしょう。
変わっていたら、こんな酷使大会まず開催しないし。
  → Field of Dreams~野球全般とフロンターレと~:「明日は斎藤、田中の両投手を絶対投げさすな!!! 」


そうだよね。野球の理念に反するかもしれないけれど、高校野球は教育の場だからね、高校生の将来や健康に気を遣うのは当然のことだから。別に両校優勝でも誰もちっとも困らないんだしさ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

COMMENT



2006-08-21-Mon-00:43
前は18回まででしたよね!?
どちらがいいんでしょうね~疲労感は持ち越した方が辛いと思うのですが・・・若いといっても連投ですし!
未来ある選手の故障を気遣って変わったと思いますが・・・
選手たちも今日どちらにしても決めたかったのでは?

☆ノエルさん

2006-08-21-Mon-01:00
この15回が18回に変更されたのも、ま、そういう疲労というか、気の毒だってことからで、一晩休めばよかろうということかもしれません。

ただ、選手達にしてみると、7月中旬からずっと公式戦で戦ってるんですね。まぁ、本当の連戦は地区大会でも、甲子園でも終盤の3日くらいだと思うんですけど。

どなたのブログか忘れましたけれど、「夏の甲子園の優勝投手に大成した人はいない」って指摘がされてました。いろんな事情があると思います。たとえば、出場校の経済的な負担だってそうとうでしょう。応援団の宿泊代も1日ちがっても大違いです。旅館側のスケジュール(予約)や甲子園球場自体のスケジュールとか。あるいは、視聴率やテレビ番組の都合もあるかも知れない。

でも、そもそも高校生の大会だってことはわかってやってるわけで、考えてほしいと思いますね。両校優勝というのも踏まえて。

コメントの投稿












※スパム対策のため、半角英数字のみのコメントは禁止設定してあります。
また、半角「-」の5文字以上連続もコメント内に書き込めません。



秘密にする

TRACKBACK

※この記事のトラックバックURL(コピーしてお使い下さい)
  
http://smartass.blog10.fc2.com/tb.php/1002-689bb780

※管理人が承認したトラックバックのみ表示します(12時間以内には表示処理をするつもりです)。

亀田君にも観てほしい息詰まる決勝戦決着つかず!

うわーー!!すごい試合でした。息詰まる投手戦!1対1のまま、田中Vs斉藤という両エースの投げ合い。ハラハラドキドキの試合でした。もうどちらも負けるな!という感じです。早実のクールなエース斉藤は、延長15回でも147Kのストレートで三振を取るんだもん。クー...

駒大苫小牧VS早稲田実業 引き分け再試合

第88回全国高等学校野球選手権は73年ぶりの夏の甲子園3連覇がかかった駒大苫小牧VS早稲田実業は、なんと延長15回、3時間35分でも決着せず、引き分け再試合となりました。駒大苫小牧:000000010000000 1早稲田実業:000000010000000

≪夏の甲子園≫15日目決勝 駒大苫小牧 vs 早稲田実業 引分け再試合!

8月20日(第15日) 決勝 駒大苫小牧(南北海道)?1?-?1?早稲田実(西東京)123456789101112131415 計 H駒大苫小牧000000010000000 1 7早稲田実00000001000000

【高校野球】壮絶な投手戦!決着つかず引き分け再試合・・・

駒苫小牧 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 = 1 早稲田実 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 = 1 駒苫・田中、早実・斉藤。凄まじい投手戦。手に汗握る大熱戦!3時間37分。一歩もTVの前から離れることができなかった。試合中、何度も何度も背筋がゾクゾクした。こういう試合

「駒苫 vs 早実」 両者一歩も譲らず引き分け再試合!

いやぁ~壮絶な投手戦でしたね~早実の斉藤君も素晴らしい投手とはわかっていましたが・・・いざ駒苫との対戦では打ち崩せるかと思っていましたが、凄い投球でした。(15回の最後の打者の本間君への投球は見事でしたね!)敵ながらアッパレでしたもちろん我が苫駒の田....

優勝とか関係なく満足な試合

第88回高校野球の決勝で駒大苫小牧VS早稲田実業が対戦し1対1で引き分け再試合で明日に優勝が持ち越しになった決勝は苫小牧が優勝すれば3連覇で早実は初優勝だったが試合は見応え充分の投手戦で8回まで両校は点が入らずに8回に苫小牧が2本目の安打が本塁....

夏の甲子園決勝、駒大苫小牧vs早実、再試合に!

第88回全国高校野球選手権大会は、大会最終日、 南北海道代表・駒大苫小牧と西東京...

#1366 「3連覇」も「悲願の初優勝」も今日はお預け!

ホームランがバカスカ出て 大味な印象の多かった今年の夏の甲子園。 しかし、最後の

■[08/20]甲子園決勝戦、壮絶な投手戦の末・・・

夏の甲子園、15日目、3年連続夏の優勝を狙う駒大苫小牧対悲願の初優勝を狙う早実の決勝戦が行われ、延長15回の激闘の末、決着つかず、引き分け再試合となった。早実の先発は1試合投げきることが予想されるエース斎藤。対する駒大苫小牧の先発は予想に反して、菊地。駒

決勝戦は壮絶な投げ合いの末ドロー、そして再戦へ!

すごかった・・・・

壮絶投手戦 甲子園決勝

駒大苫小牧と早稲田実業の甲子園決勝。駒大苫小牧 0 0 0 0 0 0 0 1 0  0 0 0 0 0 0  1 早実       0 0 0 0 0 0 0 1 0  0 0 0 0 0 0  1 駒大苫小牧の先発は菊地でしたが、3回途中からエース田中に交代。そこから延々...

高校野球決勝引き分け再試合

昨日たまたま早実VS鹿児島工の試合を見て、早実のピッチャー斎藤君の冷静な表情と淡々とした投球、そして試合後の必勝コメントになかなか感心しましたので、今日の決勝は5回あたりからTVを見ることにしました。まさか、引き分けになるとは・・・!!!で、明日再試合で

駒大苫小牧、早稲田実、譲らず再試合

駒苫、早実譲らず再試合 延長15回1-1 (共同通信) - goo ニュース>第88回全国高校野球選手権大会は20日、兵庫県西宮市の甲子園球場で決勝を行い、駒大苫小牧(南北海道)と早実(西東京)が互いに譲らず、延長15回1-1で引き分けて21日に再試合となった。決

死闘15回、互いに譲らず再試合へ

栄冠はそう容易く得られないものである。待ちに待った決勝戦。73年ぶりの夏3連覇を目指す駒大苫小牧と初優勝を狙う早稲田実業が激突した。試合は思ったとおりの投手戦となり0-0の均衡が続き8回、駒苫が三木の本塁打で先

甲子園決勝戦、譲らず再試合へ

今年の甲子園は、最後まで縺れる試合が多く、決勝戦も相当な点の取り合いになるのかなぁ、と思っていたのですが、ところがどうして手に汗握る投手戦になりましたね。本当に凄まじい試合だった、とのひと言に尽きます。

夏の甲子園決勝は決着つかず再試合!

いやぁ~、いいもん見せてもらいました(^^♪駒大苫小牧×早稲田実業の決勝戦だったんですが、7回まで0-0と両者一歩も譲らない展開。早実の先発は3連投のエース斎藤、駒苫は3回からマウンドに上がったエース田中。斎藤は7回まで駒苫打線を1安打に抑える力投だったんですが、8

夏の甲子園 第88回高校野球選手権・決勝 早稲田実業 vs 駒大苫小牧 ~ 引き分け再試合 ~

泣いた!まさに神試合! 今まで高校野球を見てきて、 人生最高の試合が見れた! 。・゚・(ノ∀`)・゚・。 第88回全国高校野球選手権大会・決勝 26年前の荒木大輔熱投以来の決勝進出・初優勝を狙う ハンカチ王子・アイドル祐ちゃんこと斎藤投手擁する 『早稲田実業』 7

[甲子園]決勝が引き分け再試合って、太田幸司以来ですか

今日は昼過ぎに出かける用事があって、車の中で「そういやそろそろ決勝戦だったっけ」とラジオを聴き始めたらそのまま、音声だけでかなり引っ張り込まれてしまいました。8回表にホームランが出たときにはこれで終わりかと思いましたが、その裏にエラー絡みでの1点(...

高校野球:37年ぶりの決勝引き分け再試合

高校野球:白熱の投手戦…37年ぶりの決勝引き分け再試合 第88回全国高校野球選手権大会(日本高校野球連盟、朝日新聞社主催)の決勝が20日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で行われ、73年ぶりの3連覇を狙う駒大苫小牧(南北海道)と初優勝を目指す早稲田実(西東..

引き分け再試合

最近自分の母校が出場しない限り、滅多にTVでも観なくなった高校野球だが、この試合は観ちゃったな~。こまとまvs早実の夏の高校野球の決勝は、これぞ熱闘甲子園でしたね!それにしても決勝戦くらい延長15回で打ち切らず、昔通りに18回まで、...

高校野球・決勝?

駒大苫小牧 1 - 1 早稲田実業15回引き分け、明日再試合。いよいよ決勝戦。駒大苫小牧の三連覇か、伝統校早実の初優勝なるか…昨日から気になっていた駒大苫小牧の先発は田中投手ではなく菊池投手。う~ん、正直よく分かりません。プロから「あまり投げさせるな」とい

第88回甲子園:第15日目

いや~今日もすごかったですね!そんなに実力に差はないと思っていましたが、ここまで接戦になるとは・・・。今日は、最初から最後まで見れてよかったです(´∀`*)

【高校野球】駒大苫小牧vs早稲田実は引き分け再試合へ!!

それぞれ1日1回ワンクリックしてください!ランキングにご協力をお願いできればまことにありがたいことであります!! さて今回は、第88回全国高校野球選手権大会(日本高校野球連盟、朝日新聞社主催)の決勝が20日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で行われ、73....

やっぱり負け越し……_| ̄|○

鴎0-3公いや~~~{/hiyob_en/}ほんっとに緊迫した、いい試合でしたね~~{/kaeru_en1/}応援にもすごく力が入りましたよ~{/face_warai/}駒大苫小牧 {/v/} 早稲田実業は{/ee_2/}田中・斉藤、両エースの意地と意地のぶつかり合い{/atten/}息づまる投手戦というのは、あ

本日のスポーツ!

観戦レポやスポーツニュースなどの他、参加したスポーツなど。タイトル通り、本日のスポーツについて語ってください。

息詰まる投手戦、一歩も譲らず・駒苫・早実-高校野球・夏の甲子園2006

大会最終日...になるはずだった15日目。決勝戦はご存知のように引き分け再試合と

高校野球/決勝、15回エース譲らず再試合

<高校野球>白熱の投手戦…37年ぶりの決勝引き分け再試合 第88回全国高校野球選手権大会(日本高校野球連盟、朝日新聞社主催)の決勝が20日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で行われ、73年ぶりの3連覇を狙う駒大苫小牧(南北海道)と初優勝を目指す早稲田...

夏の甲子園 十五日目 優勝決定戦其の壱

8月20日の試合(第 15 日) 決勝は駒大苫小牧(南北海道) 1 ― 1早稲田実(西東京)。 たまたま、偶然に南北対東西のぶつかり合いとなりました。 勝負は横綱相撲。 千秋楽に十四戦白星同士の、横綱朝青龍と大関白鵬が対戦し、水入り後の勝負が同体と判定されて、取り直し

明日は優勝 かな?

 第88回全国高等学校野球選手権大会は、いつの間にやら決勝戦。 毎年“記念の出場”が続いていた北海道勢も、南北海道代表の駒澤大学附属苫小牧高校が3年連続して決勝進出。今年の対戦相手は、西東京に“国替え”してからは初の決勝(過去に優勝経験はない)進出の早稲田

[06高校野球・夏]決勝・双方譲らず再試合

甲子園はまだ終わらない――。第88回全国高校野球選手権大会は20日、兵庫県西宮市の甲子園球場で初優勝を狙う早実(西東京)と73年ぶりの3連覇を目指す駒大苫小牧(南北海道)の決勝戦が行われ、1―1で両者譲らず、延長15回、激闘3時間37分引き分け再試合と

人工的演出で成功した全国高校野球選手権

M日新聞より。■高校野球:選手としての高い理解度 早実の強さの秘密夏の甲子園初優勝を飾った早稲田実。1915年の第1回大会から出場する古豪だが、荒木大輔投手(現・西武コーチ)を擁して3年連続出場を果たした1980~1982
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。