FC2ブログ

David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

復習(2) PRIDE

2005-01-01-Sat
PRIDE 男祭り 2004 -SADAME-の復習です。
・2004年12月31日埼玉・さいたまスーパーアリーナ(開場15時半開始17時半)
・試合結果はここ

[メーンイベント PRIDEヘビー級GP決勝戦&ヘビー級チャンピオンシップ 1R10分・2R5分・3R5分]  
エメリヤーエンコ・ヒョードルvsアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ
※試合結果 3-0 ヒョードル
※戦前一言 今さらですが、8月のPRIDE・GP決勝戦の再戦です。その時はヒョードルの偶然で無効試合になりました。初代王者ノゲイラを唯一破ったことのある男、2代目王者のヒョードル。まさに最強の男を決める大一番といえますね。今年の2大大会のベストカードです。オールマイティでタブなヒョードルの攻勢を、ノゲイラがいかにしのいで、マジックをかけるのか、はたまた、そのまま沈むのかって感じでしょうか。
※戦後コメント これなんですが、わたしの白抜き部分、あながちはずれでもなかったと思っています。ノゲイラが下からのマジックを出そうとしても、全部ヒョードルに殺されてしまったって感じですね。いい試合ではありましたが、ヒョードルの作戦からだと思いますが、立ち技中心の勝負になってしまい、結果、立ち技ならK-1の方がおもしろいかもという感想をわたしの中に抱かせてしまいました。

[プライドルール]
ミルコ・クロコップvsケビン・ランデルマン
※試合結果 1R 41秒 フロントチョークスリーパー ミルコ
※戦前一言 先回プライドルールでやって、ランデルマンに打撃でやられています。組まれるのを警戒していたミルコが、意外に打撃で来たランデルマンの術にはまったって感じなんで、今回は同じ轍を踏むことはないでしょう。逆にそこをランデルマンがどうついて行くかが注目です。そういう意味で楽しみなカードですね。
※戦後コメント 先回勝利のランデルマンはラッキーパンチだったって言われても、もう否定できません。ランデルマンはいいとこなし。ミルコの強さはさすがです。次はヒョードルだそうです。楽しみですね。

[プライドルール]
吉田秀彦vsルーロン・ガードナー
※試合結果 3R判定 3-0 ガードナー
※戦前一言 金メダリスト対決です。ガードナーは、13年間無敗を誇ったかのアレキサンダー・カレリンを破ったシドニー五輪の金メダリストです。今回PRIDE初参戦です。レスリング対柔道の異種格闘技ですね。188センチ120キロですから、少しずんぐりとした体型です。これに対する吉田は180センチ、100キロ。吉田にとっては大きな相手です。どう闘うのでしょうか。
※戦後コメント ガードナーは安定してタフでした。吉田も決して弱いってことはなかったのですが、試合をさせてもらえなかったとう印象でした。懸命に闘う吉田は、そういう意味では絵になっていました。

[プライドルール]
ヴァンダレイ・シウバvsマーク・ハント
※試合結果 2-1 ハント
※戦前一言 (桜庭が対戦相手といわれていた時のものです)PRIDEミドル級のチャンピオン、同クラスの敵なしと言われるシウバ。立ってよし、寝てよし、防御が上手く、パンチの切れもいい。対する桜庭はこないだまでぎっくり腰で苦しんでいました。これが三味線でないとしたら、桜庭に勝つ要素があるんでしょうか。
※戦後コメント 曙が若くしてK-1とか総合にいたら、このハントみたいな戦いだったかなって思ってみていました。判定は2-1で、確かにヴァンレイは相当苦戦していました。しかし、30.2キロの体重差を考慮すれば、ヴァンダレイの勝利と言っていいと思います。ヴァンダレイ側に試合後判定に関する不満があったようですが、極めて僅差だったであろうし、この体重差であるのだから、やむを得ないとして、不満なら再戦して決着をつけてほしいところです。

[プライドルール]
ダン・ヘンダーソンvs近藤有己
※試合結果 判定3-0 ダン
※戦前一言 ダン・ヘンダーソンと言えば、バンダレイを倒すのに最も近い男だそうです。近藤選手がどういう試合を見せるのか、注目です。
※戦後コメント なんかきれいな試合ではありました。PRIDEらしいといえばそうなんでしょうが。もう少し熱くさせて欲しい。

[プライドルール]
五味隆典vsジェンス・パルヴァー
※試合結果 1R KO 五味
※戦前一言 ジェンスは元UFCライト級のチャンピオンだそうで、対する五味も「PRIDE武士道」4連勝中ということです。軽量級ながら楽しみな一戦。
※戦後コメント 五味の余裕の勝利。今後に期待です。

[プライドルール]
滝本 誠vs戦闘竜
※試合結果 判定3-0 滝本
※戦前一言 シドニー五輪81キロ級の金メダリストの総合格闘技デビュー戦。対する戦闘竜は大相撲幕内力士からPRIDEへ転向したプロ格闘家のベテラン、甘くはないだろう。
※戦後コメント 相撲対柔道の異種格闘技だとか言ってました。予想通り滝本にとっては甘い試合ではありませんでした。勝って「総合をなめてました」といったのは流石というところです。自信が言わせた言葉でしょう。ま、初戦なんですから今後に期待。

[プライドルール]
ジャイアント・シルバvsチェ・ムベ
※試合結果 1R 肩固めによりタップアウト チェ
※戦前一言 230センチ、238キロのシルバはやっぱりプロレスやってほしいなぁ。チェはグレコローマンベビー級でワールドカップブ4位だそうで、プロレスvsアマレスの試合になりますね。シルバはプロレスで輝く選手だと思うけどな。
※戦後コメント シルバはやはりプロレス向きでしょう。チェ・ムベは禁じ手の頭突きをまじめにやってしまったりして、そういう細かいことを気にもせずにここまでやってきたなんてすごい選手ですね。人柄もよさそうで、人気が出そう。身体もやわかそうだし、技術も確かなものがあって、シルバとは役者が違うという感じです。

[プライドルール]
美濃輪育久vsステファン・レコ
※試合結果 1R ヒールホールド 美濃輪
※戦前一言 プロレスラー対K-1ファイター。美濃輪選手に期待です。
※戦後コメント リアルプロレスラー美濃輪選手は、立ち上がりにドロップキック。自信と自覚がなければできません。そして極め技は「ヒールホールド」でした。わたしが習っている総合護身術では「膝を傷めて危険だから」という理由で禁じ手になっているわざです。退場していく時にレコが足を引きずっているようでした。選手生命が心配です。この技を迷わず出した美濃輪ってのは恐い選手ですが、今後ますます期待です。

[プライドルール]
安生洋二vsハイアン・グレイシー
※試合結果 1R 腕ひしぎ十字固め ハイアン
※戦前一言 どうでしょうね。ハイアンをみられるのはなんか嬉しいです。
※戦後コメント 安生いいとこなし。これが実力です。「さだめ」かなにかしらないけれど、ちょっと一方的でした。ハイアンいい!

[プライドルール]
長南 亮vsアンデウソン・シウバ
※試合結果 3R ヒールホールド(かかと固め) 長南
※戦前一言 戦歴みると、アンデウソンは意外に期待できるかも。
※戦後コメント カニばさみからヒールホールドで長南の勝利。両方とも習っている技なんですが、実際使うことはなくて、こうして連続的にかけるのをみるのもおもしろいです。

PRIDE - 格闘技

COMMENT



コメントの投稿












※スパム対策のため、半角英数字のみのコメントは禁止設定してあります。
また、半角「-」の5文字以上連続もコメント内に書き込めません。



秘密にする

TRACKBACK

※この記事のトラックバックURL(コピーしてお使い下さい)
  
http://smartass.blog10.fc2.com/tb.php/100-5cab03da

※管理人が承認したトラックバックのみ表示します(12時間以内には表示処理をするつもりです)。
HOME