FC2ブログ

David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

Title List

小保方さんの騒動と映画「ニュースの天才」と「リング」……

2014-04-17-Thu
春の訪れとともに芽吹いた小保方さんのSTAP細胞の騒動も、ひょっとすると、先日の笹井先生の記者会見で一段落つくのかもしれないが、こんな折、BSで映画「ニュースの天才」を放送していたのを見た。

映画をテレビ放送で流すときは、たとえば、監督や俳優が亡くなったので、追悼として関連作品を放映したり、あるいは、続編やスピンアウトなどが劇場公開されるので、宣伝効果を狙ったりということも少なくない。いや、むしろ地上波では、そうした宣伝っぽいものばかりかもしれない。

しかし、大きな事件が起きたり、話題になったできごとがあるときには、それを連想させる作品が放送されることも、同じようにあることである。

たとえば、東京五輪の開催が決定したときに、かつての記録映画「東京オリンピック」が放送されたりだとか。



さて、先日BS日テレで放映していた映画「ニュースの天才」を放送していた。



ビリー・レイ監督、ヘイデン・クリステンセン主演のアメリカ映画で、「1998年に起きたアメリカの権威ある政治雑誌『ニュー・リパブリック』の記者スティーブン・グラスによる記事の捏造事件を描」いている(→ Wikipedia)。

一流の権威ある雑誌で、人気記者として話題の特ダネを次々と書いた若き「ニュースの天才」は、天才どころか単なるラッキーボーイですらなく、ネタを捏造する大ウソつきであったという話である。いわば、天才ペテン師だったのだ。読者をニーズを理解し、タイムリー話題を「作る」ことができ、それをうまく書くことができる、記者でなく作家になれば、そもそも詐欺師呼ばわりされることがなかったのかもしれないが……。

映画では、主人公は編集会議でも華があり、好人物として描かれている。どうもニュースがうそ臭いという指摘があっても、その人物的な魅力によって、編集者から庇われたり、同僚からも励まされている。それが、ある話題のニュースをきっかけに、次々とウソや捏造がバレていき、ついには職を追われるという話である。

この映画をこのタイミングで見ると、誰しもが、現在話題の若き「天才」リケ女を連想しないではいられない。

実際、わたしはそんなツィートに遭遇した。

Twitter / 55museum: Huluで「ニュースの天才」(Shattered Glass ... Twitter / 55museum: Huluで「ニュースの天才」(Shattered Glass ...

わたしだけではなかった。

BS日テレサイドの選択意図というか、タイムリーなチョイスだった思う。
スポンサーサイト



HOME