David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

スポンサーサイト

-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【書籍紹介】「殺人犯はそこにいる: 隠蔽された北関東連続幼女誘拐殺人事件」

2014-01-31-Fri
久しぶりに雨が降って、わたしはネットで購入した書籍を持って、洒落たカフェーに出かけた。ちょっと、仕事をサボって。禁煙スペースは、賑やかなおしゃべりをするご婦人たちが多く、やや読書には相応しくないと感じるかもしれないが、他人の視線が割りと気になる私には、静寂した図書館よりも、むしろ安心して読書に集中できるような気がした。欲を言えば、アメリカンコーヒーは、もう少し大きめのカップを期待したいのだけれど。

持参したのは清水潔著「殺人犯はそこにいる: 隠蔽された北関東連続幼女誘拐殺人事件」(新潮社刊)である。



著者は一世を風靡した写真週刊誌「FOCUS」の写真記者であった。同誌休刊後、日本テレビの報道系記者となった。
→ Wikipedia:清水潔

記者として、北関東一帯で起きた幼女連続殺人事件が未解決のままであることを知り、それを取材することとなる。ところが、そこでどうしても避けて通れない事件が関係する。今では冤罪が確定した「足利事件」である。別に、ミステリーではないので、ネタバレになっても差し支えなかろうと思うので書くが、当時は「足利事件」は冤罪でなく、解決済みの事件であった。もちろん、その操作方法その他に問題があり、今では冤罪が確定しているのだが。



スポンサーサイト
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。