David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

Title List

スポンサーサイト

-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

某調剤薬局が薬を商品と思ってない話

2013-04-19-Fri
メタボ系の私は、医者にかかり、日常的に薬を飲んでいます。薬と食事と運動の三つでデータ的には安定しています。

「生活習慣病」と言いながら、医者は私の生活がどうなっていて、どこを改善すべきなのかという話は一切聞きません。どんな仕事をしているのか? とか、PCの前に何時間くらい座っているのか? とか、日々何時間くらい眠っているのかとか? 通勤通学はどうしているのか? とか。おおよそ「生活習慣病」という以上は、そういうことを知らないと治療できないと思うのだけれど、「データは嘘を付かんからね」などと、わかったようなことを言いながら、数値を示すだけで、どうやって治すかは、患者任せにされています。実は彼は外科の専門で、外科というのは、そもそも悪いところは手術で治す、それこそが医者の仕事という発想でしょうから、患者側の努力で快方に向かう、その努力の方法を患者とともに模索するなんてことは、およそ考えないのだろうと思います。「生活習慣病」と言われながら、患者の生活習慣を尋ねもしないのはどうかと思いますけれど。だから、「3月、4月は年度替わりで平常より忙しく、運動にかける時間が減る」と言っても、「データは嘘を付かない」などと、意味不明のことを言うわけです。もちろん、彼は、その文脈が、「人間は嘘をつく。お前は嘘つきだろう」というふうに私に聞こえるなんて、想像もしていないのでしょうけれど。(笑)



スポンサーサイト

映画:「ひとごろし」~録画で

2013-04-06-Sat
松田優作が、臆病者の若侍双子六兵衛を演じる、山本周五郎の同名小説が原作の映画「ひとごろし」をBSの録画で見ました。


おもしろいです。全体的にコメディタッチで、こう都合良くはいくまいと思うのですが、松田優作の独特の人を食ったようなとぼけた感じがよく出ています。厳密には違うかもしれませんが、わたしは、落語を小説にしたような感じとでも言ったらどうかと思いました。

現代劇でこういう作品はありそうですが、時代劇、しもも仇討ちというか「上意討ち」でこういう趣向にしてしまうと、当時はともかく、今では観る側がそうとうげんていされてしまうような気がします。だから、最近ではこの手の作品は作られなくなったと思われ、そういう意味では、珍しい作品ということになるかもしれません。

では、ネタバレにならない程度にあらすじを少し。

主人公の六兵衛(松田優作)は、城下でも臆病で有名な若侍で、そのため本人はもちろん年ごろの妹にも縁談がありません。日頃から妹その点をチクリチクリと言われていたこともあって、六兵衛は一念発起、誰も引き受け手がないような「上意討ち」に立候補します。

相手は、丹波哲郎演じる、凄腕の武芸者仁藤昂軒です。腕はいいものの、傲慢で遠慮ない振る舞いが藩内の反感を買いトラブルに発展、火の粉を振り払っただけにしろ、謀反の人斬り事件ってな格好になってしまうのはいたしかたなく、仁藤昂軒は逃げるように旅立ちます。

その昂軒を探し出して討てというのが上意つまり藩主の命令であり、これが「上意討ち」ってわけですね。剣と槍の達人で、六兵衛が一人で立ち向かっても、100回やっても100回負けるだろうというほど、勝敗は誰が見てもわかっています。藩サイドも、殿様が「上意討ちだ」と言い出したものの、誰一人として引き受けるものはいませんでした。仁藤昂軒は武芸の腕を買われてお抱えになっていたほどの腕であり、誰であっても上意討ちを果たせるとは思われなかったからなのです。

上意討ちの命が出たものの、誰一人と適当な人材がいない。このままでは、臆病者と無能舎の集まりということで、藩のメンツは丸つぶれになってしまいます。藩内の一の臆病者の六兵衛が手を挙げても、最初は誰もとりあわなかったのですが、誰も追っ手として向かわないよりは、ダメでも行って討たれてきたほうがまだましと、六兵衛の申し出は受け入れられることになります。

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。