FC2ブログ

David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

映画:「ベルセルク 黄金時代篇III 降臨」の終了にギリギリ間に合う。

2013-02-19-Tue
劇場版ベルセルクの第三部「降臨」を見てきました。やっとです。

全国的に2月1日に公開して、今週中にもほとんどの劇場で公開終了を迎えるようです。浜松ザザシティの東宝シネマズのスケジュールでは2月21日終了とでした。明後日です! 先日土曜日に見るつもりで浜松まで出向いたのですが、どうしても時間に間に合わず断念、日曜日は所用ができてダメ。ついに、今日、仕事をサボって(といっても「有休」ですけど~)劇場に出かけることになりました。

第2部まで、条件がこんなに整わないことはなかったと思うのです。わたしは、公開最初の土日の昼間に見ることができました。ま、今回それができなかったのはわたし側の事情もありますが、そもそも、第3部は公開の時間帯がひどく偏ったものになりました。また、上映回数も多くの劇場が1~2回でした。その少ない上映回数の多くが夕方かそれ以降に偏っています。学生が学校帰りに寄るか、サラリーマンがレイトショーで見るという時間帯です。休日に遠出して見るには、ちょっと不便な時間帯でした。

そうなったのは、R15+指定となったからなのでしょう。そもそも第三部は期せずして(?)R18+指定となったようです。そいつを東京と大阪の一部の劇場でのみ限定公開して、全国版はR15+番にダウングレードしたものを後悔したのです。それが、公開劇場や公開回数の減少に繋がったのだと思うと、ちと残念です。あんなギシギシやキャスカの喘ぎ声なんてわたしは不要だと思いました。

ちなみに、R18+版とR15+版の違いですが、この記事によると「そんなに違はない」……ということのようですけれど。

そして極めつけは、巷を騒がせている18禁バージョンの存在である。本作は当初、R18+のレーティングを受けたのだが、それをR15+に調整し直したのだとか。なぜそんな真似をするのだろう?1、2作を観てきた18歳以下のファンに気を使ったというのなら、失礼な話である。18歳以下のファンは自分たちのせいで、作品の質が下がることを歓迎する訳があるまい。(まあ、限定公開されているR18+バージョンと現行のR15+の両方を観た人によると、あまり大きく印象は変わらず、ほとんど違いがないそうであるが…)
こういう商売気が露骨に見える製作陣の姿勢は、不愉快以外の何物でもない。
 → 偉大すぎた原作の“絶望感” 『ベルセルク 黄金時代篇III 降臨』(映画検定外伝) - MOVIE ENTER〜映画情報サイト - livedoor ニュース




 → 公式サイト

今日の第3部で、わたしは3作とも劇場で見たことになります。で、一つ気づいたことですが、3作とも共通点がありました。

エンドロールが終わっても、みんななかなか席を立たないのです。それがいいことなのか、悪いことなのかわかりません。たとえば、人気の洋画などであってもエンドロール始まると同時に席を立って帰りはじめる人もいるのですが、なぜだか、「ベルセルク」の三作とも、エンドロールが終わって場内に灯りがついて、なお、一息、二た息、三息ほどして、やっと席を立つ人が出るという感じでした。先ほど書いたようなわけで、第1部、第2部はもっと多くの人で見たのですけれど。確か、両作とも公開最初の土日の昼間だったですが、一方、今回は終了間際の平日で、浜松の会場は私を含めて4人でした。ですが、3作とも、エンドロールが終わって、しばらく空気が固まっていて、やがて、うんこらしょと席を立つ感じでした。

わたしはこれは、迫力というか、圧力というか、衝撃の大きさだと理解しています。身体に力を入れてみていたのだと。それって、いろいろあったとしても、いいできだったということだと思います。

この記事の後半に3点ほど書きますが、個人的に気にならないことがないでもありません。しかし、そうした批判をこの後に書いたとしたところで、不出来だなんて全く思いません。公開終了間際になって残念ですが、「劇場で見ろ!」と勧めたいですね。特に、原作の好きな人こそ、劇場で見てほしいです。

あれ、こんな話で、こんなイメージだった? って思うようなところがなくもないですが、全体的にいいできだったと思いますね。


スポンサーサイト



HOME