FC2ブログ

David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

Title List

映画:「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」~劇場で

2013-02-11-Mon
3Dで見てきました。どうせ見るなら、よくよくの理由のない限り3Dをお勧めします。なにせ、監督自身が「2Dで作れってなら、俺は降りる」って言ったようですから~。
→ 「2Dなら監督降ります」アン・リー監督がこだわった「ライフ・オブ・パイ」3D映像 - goo 映画

確か、劇場の予告かテレビのCMで、3Dの最高傑作みたいな言葉を読んだ覚えがあったので、内心ストリーというか、設定そのものに全く魅力を感じなかったのだけれど、見に行くことにしました。なんですか、虎と二人(厳密には一人と一頭なんでしょうけど)きりで約200日間海上を漂流するとは……。そんな映画って……。はっきりいって、どうにも食指が動きませんでした。監督が「3Dでなければ作らない」と言ったようなんだけれど、3Dでなかったら、たぶん見に行きませんでした。「ストロベリーナイト」とか、「脳男」とかの方が見たいです。ああ、「ベルセルク3」ね。これ(ベルセルク3)に至ってはR指定になったおかげで、公開劇場が減ったり、公開時間帯が減ったりしたようで、まだ、見られません。この3連休あたりを狙っていたのですけれど、結局、こっちになってしまいました。

本作最大の売りである、3Dについては、すばらしい!の一言です。冒頭、サファリパーク型動物園の動物たちが3Dでたっぷり見られるのですけれど、子どもでなくても大喜びでしょう。ストーリーがなくても、延々これを見てろと言われたら、楽しく見られるのじゃないでしょうか、飛び出すサファリパークなんて、素敵です!

しかし、作品的には動物園のシーンは導入も導入、最初の一部分に過ぎません。本作のメインは、「227日間の漂流生活」、つまり、海上(もしくは海中)のシーンにあるわけですから。もちろん、それも素晴らしいです。朝昼夜、晴れたり、嵐だったり、星空だったり、虹が出たり、いろんな海を3Dで体験できます。虎やハイエナやオランウータンとの漂流なんてのを、どうやって撮ったのかと思うのですが、見事に映画になっています。ほんとうに、映像の力を味わうことができる作品です。

ぜひ、3Dで、スクリーンで見ることを勧めます! 内容も、ま、万人に訴えるものになっているとは思いますし。


映画「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」オフィシャルサイト

スポンサーサイト



HOME