David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

スポンサーサイト

-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

江戸川乱歩の未刊行の翻訳「赤き死の假面」が豪華本で正字正かなで出てる

2013-01-28-Mon
おそらく、現在の全世代の日本人を対象に、「読んだことがある小説家」のアンケートをしたら、すべての小説家の中でぶっちぎりに一位になるのは、江戸川乱歩だろうと勝手に思っている。「陰獣」や「D坂の殺人事件」はともかくも、「少年探偵団」や「怪人二十面相」は、誰でも読んでいるだろうと思うのだ。夏目漱石や芥川龍之介だって、江戸川乱歩には及ぶはずはないと。それをもって、江戸川乱歩が最も偉大だとか、夏目漱石の上だとか言うつもりはない。しかしながら、江戸川乱歩が日本人、ことに小説に限らずさまざまな創作に関わる人たちに与えた影響は計り知れず、偉大な作家であったには違いないのであるが。

江戸川乱歩は自らのペンネームをエドガー・アラン・ポーからとったのだが、わたしは、子供の頃はそんなことに気づかなかった。正直、作家名などどうでもよく、名探偵ホームズとか、怪盗紳士ルパンとか、少年探偵シリーズなどを図書館で片端から借りて読んでいただけであったので。中学生くらいになって、どこかで、それを読んで知ったのだが……、ま、それは、全く知らない人にとっては、ちょっとした薀蓄であり、ちょっとミステリーに詳しい人には、ごく当たり前のことだった。しかしながら、実力が全くないのに、ただ、人が海外の人気作家の名前をもじって自らのペンネームにしたくらいで、何か大きな仕事ができるはずはない。素晴らしいのは、日本にまだミステリー小説やSF小説が根付いていなかった時代に、エドガー・アラン・ポーを敬愛し、そのもじりを自らの筆名として採用し、そうして、自らがまさに先陣を切って執筆活動、編集活動などを行い、今日の隆盛を迎えさしめたのである。その名に恥じぬ大きな成果は、まさに、命名時の並々ならぬ覚悟を思うのである。なんて、凄い人だったのかと。

さて、その江戸川乱歩が唯一翻訳した、エドガー・アラン・ポーの小説が、初めて書籍として刊行されたという新聞記事が出ていた。

へぇ、欲しいかも~と思って記事を読むと、この本は所謂豪華本ということで、ちとわたしが「ちょっと買う」というにはもったいないような感じです。記事にはこんなふうにありますね。

本を出したのは、豪華本の文化を守ろうと昨年、一人で限定版専門の出版社、藍峯(らんぽう)舎を設立した新潮社OBの深江英賢(ひでたか)さん(64)。敬愛する乱歩関連の作品から、埋もれていた本作を見つけ、第1弾として書籍化した。箱入り牛革の背表紙の豪華装丁。


とあって、藍峯舎のサイトによると、価格は1万円ということだった。

エドガー・アラン・ポー 著
江戸川亂步 譯
オディロン・ルドン 口繪

350部限定(記番入り)
定価10,000円(税込)

造本仕様
A5判変型、本文122頁、背継面取表紙・金箔天金、丸背、貼函
函上題簽用紙/新局紙(白)二色刷
貼函用紙/五感紙 荒目(黒)
背継表紙/背・緋色染牛革
     表裏布・アサヒバックサテン(黒)
     文字・本金箔押
見返用紙/シープスキン(古色)
本扉用紙/ソフトバルキー(スメ入りアイボリー)二色刷
口絵用紙/Mr・B(オフホワイト)
本文紙/サンフォーレ(ナチュラル)


同ページには、本の写真も6枚掲載されているので、一枚だけ引用。

red-pic01s.jpg
藍峯舎のページより


ああ、素敵だな。

電子書籍の大きな波が来ている中で、あえて、本という形態にこだわっての出版ということだろう。


スポンサーサイト

追悼:大鵬の思い出を語る天龍を語るtweetを紹介

2013-01-21-Mon
昨日、「巨人、大鵬、卵焼き」と言われて、昭和の一時期国民の人気を独占した(というか、論理的には「三分した」とするのがいいのかもしれないけれど)、あの大横綱大鵬が亡くなった。私は、地元のスポーツセンターの小さなジムの一室で、ウォーキングマシーンに乗って、テレビで相撲中継を見ている最中の速報でそれを知った。

折しも、本場所中(七日目)であり、NHK総合テレビでは、今場所後に引退するという武蔵川親方(元横綱三重ノ海)をゲストに、三重ノ海の土俵人生を振り返るという企画をしていた。向こう正面の解説席には竹隈親方(元黒姫山)が座っていた。三重ノ海が話題の中心であるはずだったのに、3時過ぎに大鵬の訃報が入ってから、三重ノ海一本槍というわけにもいかなくなった。もし、親方の引退特集などでなく、たとえば当日ラジオ解説を担当した北の富士が解説であれば、すぐにでも、大鵬特集に切り替えることが可能だったかもしれないが、三重ノ海本人を解説席に招いていては、さすがにそういうわけにもいかなかったのであろう。もちろん、小結三重ノ海が横綱大鵬を破った一戦を放映するということも、実際できたわけでもあるのだが。それを見ながら、解説の三重ノ海は、相撲を取れることだけで興奮して前の晩から眠れなかったというようなこといい、「とにかく、少しでも長く横綱の体に触っていたかった」というようなことを語っていた。横綱とはそういう存在だったのだ。





映画:「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」をやっと見た!~劇場で

2013-01-06-Sun
あけましておめでとうございます。

今年は、かれこれ13年ぶりに年賀状を出しました。祖母が亡くなってからずっと出してなかったのですが、父の三回忌を終えて、何か心境がかわったのかもしれません。母もグループホームに行ってしまいましたので、正月くらいは家に戻ってもらおうと、ま、ちょっと大変でした。

見出しからして、ま、映画の紹介あたりから書き始めねばならないわけですけど、わたしのブログですので、今年最初の記事ってことで、新年のあいさつをさせていただきました。と、ま、こういうことをボソボソ書かないと落ち着かないわけです。

さて、ヱヴァQを見に行った話を始めるのですが、公開前にテレビで放映されていた「:序」、「:破」の両作でしっかりおさらいをして見に行こうと思っていたところで、いろいろと多忙状況に陥り、加えて風邪などを引いて結局越年することになりましたが、今年の初鑑賞になりました。

どこから書こうかかなと思いますが、ズバリ、一言感想から。

スゴい! アニメの凄さを改めて知りました。わたしは「ベルセルク」贔屓なんですけど、全然。迫力というか、躍動感というか、あと、スクリーンで見るアニメっていう点で、全然違いました。色、構図、抽象というか、表現が全く違いますね。「ベルセルク」(原作)は漫画家があの世界観とあの点描画のような細密な描き込みが一致してよかったのですね。「ヱヴァQ」については、わたしには今作も、前作も原作もなにもかも、名前くらいしか知らないのアレですが、とてもうまく作られていて、素晴らしいと思いました。

まず、冒頭の漆黒の闇の中に浮かぶ赤い三角形は、もちろん、最初は何か、定かにはわからなかったので宇宙空間で行われている人工衛星の組立かなにかかと思ったのですけれど、空中戦、それもただの戦いというよりは、争奪戦というか奪還戦のようでした。宇宙だと思うのですが、地表の上空の宇宙に近い辺りだったの、元々大地があったところで今は空間になってしまった、未来の、壊れた地球なのか、あるいはもっと別のところなのか、ま、いろいろなところが言葉で説明できるほどわかってないのですけれども。ただ、そうした闇の空中戦の間に、アスカが自らを鼓舞していたり、逆に痛んでいたりするのが、音響や色彩などの効果、あるいは構図や背景の動きなどでよく表現されていると感じました。ああ、これがスクリーンでアニメを見るおもしろさなんだと、改めて認識をしました。

「ベルセルク」や「銭ゲバ」など、ちょっとアニメ映画を続けてみていて、それはどっちも、原作への思い入れがあって選んで見に行ったのですが、逆にヱヴァの方は、オリジナルシリーズが話題になったとき、触れることもなかったので、見届けてみたいという気持ちから、それこそ主人公の名前さえ知らない、エバンゲリオンがどういうロボットなのか(そうでないのか)さえ知らないで見に行ったわけです。

そうして、アニメ表現のおもしろさを改めて認識させられたのでした。


 → ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q 公式サイト

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。