FC2ブログ

David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

Title List

◆Date:2012年12月09日
全記事一覧

映画:「カラスの親指」~劇場で

2012-12-09-Sun
まず、競馬場のシーンから始まる。原作はもちろん、予告さえ見ていない私は、すっかりだまされる。途中で、ひょっとしてと思うけれど、まさか、テツさんがああいう形で絡んでいるとは思わなかった……。まさにそれが詐欺師。長大な詐欺のドラマの始まりだった。

タイトルの「カラスの親指」は、なんだか全くわからないが、作品の途中でテツさん(村上ショージ)によって説明される。「カラス」とは言わずと知れた黒い鳥。素人でなく玄人、その道のプロという意味の隠語である。「その道」というからは、何でもいいはずなのだが、隠語で言わねばならない「その道」、犯罪者の道である。詐欺師も、掏りも、空き巣も……、でき心や追い詰められた素人でなく、その道で生計を立てている本職である。

親指は手の親指であるのだけれど、お父さん指、お母さん指、お兄さん指……と、片手の指を家族に見立てたときの「お父さん指」のことである。もちろん、これもテツによって作中で語られる。詐欺師であれ、掏りであれ、あるいは闇金の取り立て屋であれ、堅気(かたぎ)でない「カラス」が家族を持つということの難しさ、辛さ。そして、また、そういう犯罪者の、ひとときのほのぼのとした家族ごっこ、擬似家族体験……、ま、そんな意味合いで遣われている言葉である。

そんな、詐欺師たちと家族の物語ですね。


→ 映画『カラスの親指』公式サイト


スポンサーサイト



HOME