David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

スポンサーサイト

-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

So-net3GでMifi2372(モバイルWi-Fiルーター)にしてみた。

2012-12-27-Thu
先日、家族にもらった iPhone4 ですが、家にいるときはWi-Fi接続して、ま、電話機能はないのですが、他のことはすべて、iPhone4 並みにできるわけです。今までスマホを持っていませんでしたが、こうして真似事ながら使ってみるととっても便利です。メールなんて、ヤフーとホットメとGメールなんかのWebメールをどんどん受信してくれますしね。株のチャートもケータイなどよりも数段見やすいです。

当初は家の中でWi-Fiで繋がってればそれでいい、屋外ではケータイがあればそれですむばずと思っていたのですが、使えば使うほど、手放せなくなります。今のガラケーをスマホに機種変してしまえ、それはそれでスマートな解決方法なのです。しかしながら、こうして、いわばiPadもどきがあれば、もう一つの解決法として、これをモバイルWi-Fiで繋げるという方法が思いつきます。

で、手元には3年くらい前に買ったミニノート用のUSBデータ通信の端末も一個あって、これをWi-Fiモバイルルータに変更するということを考えつきました。その際、LTEなどの高速のものならもちろんいいのですが、現実問題、自分の活動状況を考えるとLTEが使えるエリアでは、たぶんモバイル使わなくて、家の中のWi-Fiでいけそうなんです。自宅とか、ホテルとか、あるいはフリースポットとか。ということは、逆にLTEというような速度よりも、サポートエリアの広さを重視ということになります。3Gなのにエリアが狭いというのは、SoftBankやauで体験済みですので、とにかくFOMAエリアの機種にしたいと思っていました。

次は価格の問題です。So-netの、LTE(Xi)+FOMAエリアで、時間制限も使用量制限もなくて、月額2980円というコースがあります。2年契約ですけれど、今ならキャンペーン中で9ヶ月の利用でキャッシュバック(10000円)ということで、これが使えればいいと思いました。

ちなみにキャンペーンはこちら(先日まで2012年12月末までとなっていましたが、今日見ると2013年1月末までとなってます~)。
→ So-net モバイル 3G:キャンペーン | 高速モバイル | インターネット接続 | So-net

これを導入すると、今までより間違いなく毎月2000円以上浮かせることができる可能性があります。ガラケーもWifiで繋げる機種ですので、完全にシフトできれば、さらに4000円近く減らせます。





スポンサーサイト

UBiO for iPhone は iPhoneの常識を変えるかも

2012-12-15-Sat
家族がiPhone4から5に買い換えて、わたしの手元にiPhoe4が来て、半月、初めて触れる iPhone(元SoftBank機)をあれこれ操作して、遊んでいると、ブログタイムズから、高音質音楽再生アプリ「UBiO for iPhone」を試してみませんか? という案件が来ました。

ほう。わたしは、あんまり音楽を聞かないのだけれど、わたしにiPhone4をくれたは、歌は大好き、楽器も演奏するという、そこそこいい耳の持ち主なので、さっそく話を振ってみた。(わたしは

:「あのさ、iPhoneのアプリで、音楽を聴くのにすごくきれいだってのがあるのだけれど、どう?」
:「ああ、そだね、音が篭るよね、iPhoneって」
寝付けない時などベッドで聞くことがあるが、時々感じていたのは「音が篭る」ということなんだそうです。
:「へぇ、音が篭る? それってどういうこと?」
:「本当は聞き手までスーっと飛んでくるはずの音が、途中に薄いベールのような、膜のようなものがあって、そこで跳ね返されて戻ってしまい、その中にぼわんぼわんって篭るようにエコーがかかっている感じかな」
:「へぇ、それを音が篭るって言うの?」
:「本当はどういう言い方をするのが標準的かしらないけれど、音楽をよく聞く人には、音が篭る感じと言えばたぶん通じるはずだと思うけど」
:「あ、そう。それじゃ、なんか、UBiOっていう高音質のアプリがあるから聴き比べてみない?」

で、そのiPhone特有の「音の篭る感じ」が見事に解決されてる、UBiO for iPhoneってのはこれです。
IMG_0014.png
そもそもわたしはあんまり音楽を聴かないので(iPhoneで聞くものといえば、らじる☆らじるばかりです)音楽の一つもDLしていません。

に聴かせるためには音楽を1曲DLしなければなりませんでした。何がいいか……。考えた結果、なるべるいろんな楽器が聞こえる、クラッシク系かなにかかと思いましたが、そういえば、久しぶりに見ているNHK大河ドラマの「平清盛」がいいので、そのテーマはどうかとDLしてみました……。

IMG_0016.png

平清盛は武士の世を目指し、まさに血と汗と涙を流しながら、やっとの思いで武士の世を手に入れかけたところ、自身は武士でなく「準公家」のような存在になってしまうのです。木乃伊取りが木乃伊になる……そんな皮肉な運命の話です。親友の子と情けをかけた頼朝や義経に結局一族を滅ぼされることになります。そのことが結果、武士は敵方の子に情けをかけるのは禁止するという先例となってしまった、辛い運命の話なのです。荘厳にして、どこか哀愁漂う、大河ドラマNHK「平清盛」のテーマはそんな清盛を暗鬱な気分をよく伝える、素晴らしい一曲です。

これに決めました。NHK交響楽団が演奏する「平清盛のテーマ」を聴かせて、UBiOの違いをにわからせる……、わたしの目論見は成功するかどうか……。

映画:「カラスの親指」~劇場で

2012-12-09-Sun
まず、競馬場のシーンから始まる。原作はもちろん、予告さえ見ていない私は、すっかりだまされる。途中で、ひょっとしてと思うけれど、まさか、テツさんがああいう形で絡んでいるとは思わなかった……。まさにそれが詐欺師。長大な詐欺のドラマの始まりだった。

タイトルの「カラスの親指」は、なんだか全くわからないが、作品の途中でテツさん(村上ショージ)によって説明される。「カラス」とは言わずと知れた黒い鳥。素人でなく玄人、その道のプロという意味の隠語である。「その道」というからは、何でもいいはずなのだが、隠語で言わねばならない「その道」、犯罪者の道である。詐欺師も、掏りも、空き巣も……、でき心や追い詰められた素人でなく、その道で生計を立てている本職である。

親指は手の親指であるのだけれど、お父さん指、お母さん指、お兄さん指……と、片手の指を家族に見立てたときの「お父さん指」のことである。もちろん、これもテツによって作中で語られる。詐欺師であれ、掏りであれ、あるいは闇金の取り立て屋であれ、堅気(かたぎ)でない「カラス」が家族を持つということの難しさ、辛さ。そして、また、そういう犯罪者の、ひとときのほのぼのとした家族ごっこ、擬似家族体験……、ま、そんな意味合いで遣われている言葉である。

そんな、詐欺師たちと家族の物語ですね。


→ 映画『カラスの親指』公式サイト


HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。