David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

Title List

スポンサーサイト

-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画:「アシュラ」が完成公開してた!

2012-10-11-Thu
先日、朝生(朝まで生テレビ)の録画を見ていたら、とんでもないものが映ってました!


→ 映画「アシュラ」公式サイト

こんなの作ってたんだ……。先日、「銭ゲバ」がテレビドラマ(→公式サイト)になって、ちょっとびっくりしたのですが、まさか、「アシュラ」がアニメとは……。見たいです!

「アシュラ」の舞台は応仁の乱の時代だったかと思います。ひどい干ばつ、疫病、飢饉で日本は荒れ放題、餓死者で出るありありさまです。一人の女が一人の男の子を出産します。しかし、女は食べていけません。食べなければお乳が出ません……。女は母として生きるために、ついに人間の死骸を口にします。そうしなければ、自分も子どもも死んでしまうのです。空腹が満たされると、人肉を食ったという意識は罪の意識に変わります。しかし、それ以外に食べ物がないとなると、再び禁断の糧を口にすることになります……。それはこの世の地獄でしょう。連載当時、この悲惨な干ばつと飢餓、人肉食のシーンが延々と続き、PTAの抗議によって連載中止に追い込まれたというような話を、単行本のあとがきで読んだことがあります。

そして、その時、作者(映画化された今からみれば原作者なんですけど)のジョージ秋山がしたコメントが、確か、「作品の評価は最後まで読んでからにしてほしい」というようなものだったと思います。はい、おっしゃるとおりです。わたしは作品批判は、実際に見てから、そして、最後まで読んでからというあたりまえの原則を知ったのです。

そんな、ま、思い出のアシュラが見てきました!


スポンサーサイト
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。