FC2ブログ

David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

Title List

お盆二題(2)「洗米」をめぐる新たなる論争

2012-08-31-Fri
「お盆二題」なんてタイトルにしたけど、二つ目が公開できないうちに、処暑を過ぎ、八月も今日で終わり。相変わらずの暑さですが、それでも少し朝夕には暑さの治まりを感じますね

で、第二弾です。

父の三回忌も終え、今年も、我が家にお盆がやってきました。初盆に比べて、落ち着いたお盆です。逆に言うと入れ込み方が少し違います。準備も手を抜くというとアレですが、なかなかエンジンがかからなかったりします。

さて、お盆のアイテムはいろいろあります。盆提灯、施餓鬼棚、茄子の牛と胡瓜の馬なんてのも必要になります。いろんな考え方や由来があるようなんですが、菩提寺に施餓鬼(寺施餓鬼)でかけたら、住職がお盆の由来なんて話をしくくださいました。

釈迦の弟子に目連というう人がいて、なんでも神通力の使える人で、ある時死んだ母の姿を見ることがあって、今死んだ母は、天国ではなくて地獄にいて責め苦を受けているということがわかったのです。目連はびっくりしました。そこで釈迦に相談したのです。地獄で苦しむ母を救う方法はないのかと。

釈迦が言うには、目連の母親がそのような目にあっているのは生前の行いに問題があった。決して悪い人ではなかったのだが、布施ということをしなかったのだと。布施というのは、周囲への施しとうことです。目連の母は、わが子を優れた人物に育てたい、我が子が可愛いという一心でした。たとえば、美味しいものを手に入れれば、我が子に与えたいと強く思い、他の人たちには与えなかったのです。一事が万事で布施の心がなかったのです。だから、今、地獄に落ち餓鬼の苦しみを受けているのだと。

だから、それを救うには、目連が施しをすることだというのですね。施餓鬼(せがき)というのはまさにそう言う熟語です。で、ま、結果施餓鬼をきちんと行うことで、目連の母は無事極楽に行くことができたのです。

こんな話でした。だから私たちも、お盆には施餓鬼棚を作り、施餓鬼の供養をして、死後のご先祖様の安楽を祈るということのようですね。

スポンサーサイト



HOME