FC2ブログ

David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

お盆2題(1)あれ? これは。気づいてしまった、くら寿司の秘密!

2012-08-19-Sun
回転寿司、好きです。よく行きます。

なにより、回ってるのを眺めているのが楽しいし、その中から適当に選んで食べるってのがいいんですね。「おあいそ」とか「しゃり」とか「あがり」というような専門用語を知らなくても食べられるし、安価だし、気楽に食べられます。わたしは、この気楽さが好きです。

また、一口に回転寿司と言っても、チェーン展開する大手から、地域密着型のもの、一皿100円(105円)の安価が売りのところや、ネタ勝負の高級店、ハンバーグや焼肉をネタにしているところなど、いろんな工夫があっておもしろくもあります。

回転寿司大好きなんで、よく行く店もあるのですが、寿司ネタも大切ですが、まず、寿司めしが旨くなくては話になりませんね。いや、別に格別にこだわるのではなくて、競争が激しいせいかネタはそこそこ新鮮なのに、不釣り合い不味い飯の店があります。もともとは地元のお寿司屋さんが回転寿司のノウハウを取り入れて、魚はうまいんですけど、価格競争に勝つために米を落としているんじゃないかと思われて、結局そこにはいかなくなりました。

と、まぁ、回転寿司のことはどうでもいいのですれけれど、お盆にちょっと、家族でくら寿司に行ったんですね。



くら寿司は、工夫をいろいろとしていて、それが目に見えてわかるのが気に入っています。基本一皿105円なんですが、その価格を工夫で維持しているとういのがわかって、そこが好き。そのひとつは、お皿の回収システムでしょう。カウンターやテーブルにお皿の断面の形をしたスリットがあって、客自身がそこにお皿をすべり込ませるという仕組みになっているのですね。中はどうなっているのか知りませんが、おそらくそのまんま洗浄用の流しに運ばれていくと思います。片付けの労力を機械化省略化して、人件費を削り、価格を抑える工夫をしています。同時に何枚のお皿が投入されたか、自動的にカウントされるしくみになっています。会計の根拠になるわけなので正確にカウントされることが大切なのですが、機械でカウントされれば退店時の時間短縮にもつながりますので、お客にもメリットがあります。

しかし、数が違うというクレームがあると、検算のしようがないし、ちと問題かと思うのですが、お客がきちんとお皿を入れたくなり、また、今何枚であるかを時々に気に止める補助的なシステムが確立しています。それが、ガチャポンの仕組みです。寿司皿を5枚投入することに、注文にも使えるタッチパネルの中で一種のゲームが自動スタートします。そのゲームで勝つ(当たる)と、今度はバーチャルでないリアルなガチャポンが起動して、上からカプセルが転がり落ちてきます。それは、寿司ネタを模したストラップが入っています(まだ一度も当たったことがありません)。

この仕組みは素晴らしいと思いました。お客に積極的に皿を片付けさせる動機付けになっているどころか、もうひと皿でガチャポンゲームが始まるときなどは、あとひと皿余分に頼むという動機付けにもなっているのです。そして、毎回でないにしろ、今何皿めであるかということは時々気にする仕組みになっています。一人で行ってもおもしろいし、家族で行っても、友達と行っても、話題になりますし、いい仕組みだと思います。わたしはこのアイデアに惚れ惚れしていまして、これだけでもくら寿司に行こうと思っています。

それ以外に、生ビールはセルフサービスです。自動販売機のように自分でコインを入れて持ってきます。ガソリンスタンドでもセルフの時代ですからね、これもおもしろいと言えばおもしろいのですが、これも人件費を抑える工夫です。くら寿司にはそういうお店の工夫が目に見えて、ほんとうに素敵です。

こういうさまざまな工夫をして、低価格を維持しているのと、飯のコメのランクを下げて価格競争をしているのとでは、勝負は決まっています。だから、このお盆にも「くら寿司に行こう」とつい言ってしまったのですね。

スポンサーサイト



HOME