FC2ブログ

David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

補助動詞はひらがな書きが原則と習いました~「ください」「下さい」使い分け

2012-03-23-Fri
最初に、小学校のころに本で読んで覚えているイジワルとんちクイズをひとつ。

友だちが手を骨折して病院に入院した。

見舞いに行くと、そこにあったリンゴあったので、
「リンゴの皮をむいてあげようか」
と聞くと、
「うん、頼むよ」
と言われたので、そのとおりにしたら怒られた。

なぜか?


答えは文章末で示すとして、この問題を思い出したのは、先日、J-CASTのこんな記事を見たからでした。

細かいことは元記事を読んでいただくとして、要するに、「○○してクダサイ」というときの「クダサイ」について、ひらがな書きの方が適当で、漢字で「○○して下さい」と書くのは不適切であると言う人がいたという話です。

おぼろげな記憶ですが、小学校か中学校の国語の授業で、助詞、助動詞はひらがなで書くが、同様に、補助動詞、形式名詞はひらがな書きがよいというようなことを習いました。ついでに書くと、別の先生ですが、副詞も接続詞もひらがなで書くのがよいとおっしゃっていました(今回は副詞、接続詞の話は無関係です)。特に覚えている例は、「見る」「行く」「来る」というような補助動詞については、ひらがなにしなければ意味が混乱するとうようなことを、先生に教えてもらいました。これは、おそらく誰も異存はないことと思います。

「大丈夫かどうか、とにかく行ってミル」という言葉を聞いたときに、二通りの意味が思いつきます。「とにかく、そこに行って、この目で見る」という意味と、「行けるかどうかわからないが、とにかく、行くことを試みる」という意味です。前者のように「見る」という意味が判然としているものを本動詞と呼び、漢字表記を原則とします。一方、後者のように「目で見る」という意味ではなく、上接の動詞(この場合は「行って」)に「試みる」というような意味合いを補うものを補助動詞と呼んでひらがな書きを原則とするのです。ここをいい加減にしてしまうと、意味の混乱が生じるというのですね。

このことは、「見る」だけでなく「行く」「来る」についてもよく出てきます。「明日から勉強してイク」「ここまで努力してキタ」についてなども同様です。こうした混乱が生じるから、切実に、漢字とひらがなを書き分ける必要があるのです。

今回の「下さい」についても、また、対義語の「上げる」についても、本来は理屈は同じはずです。「下す」「下さる」「上げる」については、本動詞として使われる場合と、補助動詞として使われる場合とがあるわけです。たとえば、本動詞としての「下す」にはこんな意味があります。

くだ・す【下す/▽降す】  [動サ五(四)]
1 高いところから低いところへ移す。
①価値・地位などを低くする。「位を―・す」
②流れを利用して、物を下流へ移動させる。「いかだを―・す」
2 中央から地方に派遣する。「使者を―・す」
3 上位の人が下の者に物を与えたり、命令・判断などを与えたりする。「褒美を―・しおく」「判決を―・す」
4 自分ではっきりと判断する。「結論を―・す」「断を―・す」
5 自分で実際に処理する。「手を―・す」
6 (ふつう「降す」と書く)降参させる。従わせる。スポーツや勝負事で相手を負かす。「敵を―・す」

①薬の作用などで、体外へ出す。「虫を―・す」
②(「瀉す」とも書く)下痢をする。「腹を―・す」
8 筆を紙の上におろして書く。執筆する。「筆を―・す」
9 (動詞の連用形に付いて)動作を滞りなく進行させ、一気に終わらせる。「読み―・す」「書き―・す」
10 雨などを降らせる。
「杣山(そまやま)に立つけぶりこそ神無月時雨を―・す雲となりけれ」〈拾遺・雑秋〉
→ goo辞書:「くだす」


本来こういう意味を持っている場合は漢字で書く。そうでない、補助動詞としての「くだす」についてはひらがなで書くとするのが、ま、「見る」「行く」「来る」などと並んで矛盾がなく、落ち着きがいいのですね。ちなみに、補助動詞「くださる」には、こんな意味があります。

2 (補助動詞)「お」を伴った動詞の連用形、「ご(御)」を伴った漢語、また、動詞の連用形に接続助詞「て」を添えたものなどに付いて、その動作の主が恩恵を与える意を、恩恵を受ける者の立場から敬意を込めて表す。「お話し―・る」「ご理解―・る」「助けて―・る」
→ goo辞書:「くださる」



スポンサーサイト



HOME