David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

スポンサーサイト

-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

芹沢けい介の「布文字」~芹沢介展を見て

2012-03-25-Sun
昨日見た芹沢介展の印象が強く、思わず、ネットで「布文字」の画像を集めてみることにしました。

布文字が芹沢けい介のオリジナルかどうかは定かではありませんが、芹沢けい介が多用した手法です。こちらのページではこんなふうに説明されています。

この「春」や「夏」の文字でもすこしその傾向がありますが、芹沢さんの文字絵のなかには文字そのものが草書体を一枚の布が翻るさまであらわしたものもある。「布文字」と呼ばれるものです。日本の伝統的な芸能のなかにも長い布を用いるものが多くありますが、韓国の巫女なども布を用いて舞うそうです。芹沢さんの布文字のリズムはそうしたアジアの芸能のイメージをまといます。
→ DESIGN IT! w/LOVE:「芹沢介の文字絵・讃/杉浦康平


◆春夏秋冬◆
上の引用部分にある、「この「春」や「夏」の文字」はこちらのページにもあります。もちろん、今回の岡崎の芹沢介展でも展示されていました。

綿の風呂敷|芹沢けい介|春夏秋冬文字文43cm|唐草屋


感想(0件)




別のデザインの「春夏秋冬」。色使いも筆順(?)も別です。このデザインの風呂敷が、ネットなどで売られています。

綿の風呂敷|芹沢けい介|布文字春夏秋冬文100cm|唐草屋


感想(1件)




「春」は代表なので、展覧会のポスターというかちらしにも登場(右上)。
→ http://image.mypl.net/bti/25723.ll

「夏」は一文字で風呂敷に。

芹沢けい介 綿大判ふろしき(紺) 【ふろしき/風呂敷/ギフト/贈答/贈り物/記念/記念品/内祝/内祝い/出産/出産祝い/結婚祝い/引き出物/快気祝い/お返し/仏事/弔事】【楽ギフ_包装選択】【楽ギフ_のし宛書】【楽ギフ_メッセ入力】 【シャディ イムラ/楽天市場店】




ここに、「」「」「」「」。

◆寿◆
「春」という字に似ているが「寿」。先に引用があるが、「芹沢介の文字絵・讃」という書物のカバーの絵になっている。ただし、リボンやテープのような布をずらしながら折りたたんでいくというイメージの「布文字」とは、厳密には異なるようだ。

また、文字移植というTumblr(タンブラー)に暖簾になった、同じデザインの「寿」がある。
→ Tumblr:こちらのページ
そして、ここに「寿」。

◆風◆
1976年81歳のとき、パリ国立グラン・パレで開催された個展「芹沢介展」のときのシンボルマークとなったもの。こちらのブログ記事の筆者は芹沢けい介が「義祖母の兄上という縁戚関係にある人」で、エッフェル塔の前に掲げられた芹沢けい介の個展のシンボルマークとなっている「風」の字がみえますね。

綿の風呂敷|芹沢けい介|風の字文100cm|唐草屋



→ http://thumbnail.image.rakuten.co.jp/@0_mall/takashimaya/cabinet/1109acata/0000553282-01.jpg

そして、ここに「」。


◆天◆
200_3461.jpg
「天」の字は、2005年、生誕110年を記念してMIHO MUSEUM(ミホ・ミュージアム)で開催された、「芹沢介展」ではシンボルロゴとして採用されていたようです(→上の写真。 こちらのページ)。また、こちらのブログでは、芹沢けい介の「天」の布文字を模写している。同じ字体で、カラーバージョンは作品図録の表紙になっている。
→ 芹沢芹沢介美術工藝館:刊行物の案内のページ

◆喜◆
こちらのページの中ほどに、「喜」の字の風呂敷がある。藍色というか、青色があざやかである。
それとは別の「喜」の字の風呂敷。右下に控えめである。ささやかな喜びか。

コットンチーフ|芹沢けい介|喜の字文53cm|唐草屋




こっちは、大きな喜び~。

綿の風呂敷|芹沢けい介|喜の字文55cm|唐草屋




書籍カバーの「喜」、同じ字体で色違い。染色なので同じ型紙で別の色ということが可能なのですが、これは若干最後が違いますね。

【書籍】芹沢けい介 人と仕事




◆心◆
下は、同じく「心」の風呂敷です。背景の黄色がいい感じです。そして、こちらのブログには同じデザインの「心」の暖簾(のれん)あり。こちらはランチョンマットとして使われてます。

綿の風呂敷|芹沢けい介|心の字文55cm|唐草屋




で、こちらのページでは、「喜」と「心」を立派な額縁に入れて売ってます~。3万円。

■□■□ 芹沢けい介:布文字リンク集 ■□■□

◆花◆
こちらのブログに「芹沢けい介と柳悦孝」展に訪れた記事があり、パンフレットか図録かなにかの1ページをとったカットがあり、そこに、「花」と「風」の布文字が載ってます。また、布文字とは違いますが「木」もあります。

また、文字移植というTumblr(タンブラー)に、同じデザインの「花」がある。
→ Tumblr:こちらのページ

◆信◆
こちらのブログにある、芹沢介美術工芸館の入場券。カラフルな「信」の布文字。今回の岡崎の展覧会では、チケットでなく元が展示されていた。

上の「風」の字で紹介したブログ記事にも「信」の字の写真がある。

◆糸◆
楽天のオークションに(ここ)、「芹沢けい介型紙集」というのが出ていたことがあった。その型紙を使うと、このブログにあるような作品になる。また、小澤呉服店のサイト(芹沢けいすけのコーナー)では、この「糸」のデザインによるアートラッドクロス(風呂敷)が売られている。こちらには、この「糸」で記事を作った浴衣が。

◆和◆
こちらのブログで芹沢けい介美術工芸館を訪問したはなしがありますが、芹沢けい介のカレンダーの写真を掲載していますが、その絵柄が、布文字の「わ」です。

◆福◆
こちらのブログでは、2007年の「人間国宝 芹沢介展」のページがあります。おなじみの「花」や「風がありますが、「福」の布文字の写真を掲載しています。そのほかにも作品がたくさんあります。

◆「以」「呂」「保」◆
「いろは歌」の布文字があります。こちらは部分。「以」「呂」「保」のところですね。

スポンサーサイト

芹沢けい介って天才じゃん!~岡崎市美術博物館「芹沢介展」

2012-03-25-Sun
日付が変わったのでもう昨日のことなのだけれど、岡崎市美術博物館に芹沢介展を見に行った。そして、少し、いや、かなり後悔した。ああ、どうしてももう少し早く見にこなかったのか。だって、この「芹沢介展」は、明日というか、日付が変わったので今日で閉幕してしまうのである。わたし個人にすれば、同じ展覧会に二度三度と足を運ぶことはめったにないことなので、見られればそれでいいのだけれど、ただ、この素晴らしさをブログで記事にして、わたしのブログを読んでくれた人が、そんなにすごいなら見てみたいと思ったところで、もう、展覧会は終わってしまっているのだ。ああ、それは、不幸なことである。その人にしても、展覧会のスタッフにしても、そして芹沢介にしても、もとより記事で紹介をしたわたしにしても、不幸なことなのだ。ああ、どうしてもっと早く見に来なかったのだろう、わたしは……。そう思った。

そもそも、なんで見に行かなかったのかというと、それは公私にわたりいろいろな理由があるが、芹沢介展に唆られなかったということももあるだろう。どこかで名前くらいは聞いていたが、そして、彼のデザインもおそらく何度も目にしていたのだろうが、だからと言ってそれを展覧会でも見てもな、と思っていたのだ。そこには、わたし自身の中にある。商業デザインよりも美術作品の方が見るべき価値があるという、言わば「偏見」があったからである。偏見と書いたが、わたしは今でもそうだと思っている。わたしが美術館に訪れて絵を見るのは、そこに美しい絵があるからではなくて、それが芸術家の書いた作品であるからだ。美しいものを美しく書くというのではなくて、作家がその素材をそのように表現したかった背景を想像し、そこに、自分自身との共通点を見出し、ああ、わたしだけでなくこの人もこういうことに思い煩ったのかと安心したいからなのだ。商業デザインにそういうことがあるはずがない(もちろんあったっていい。しかしそれは商業デザインでなく、それは芸術ということになるのだろう)。そう考えていたのだ(というか、芹沢介を見た今でもその考えは変わらない。


ボーナスクイズ期間はわずか4日間~劇場版ベルセルク2

2012-03-24-Sat
劇場版ベルセルク2「ベルセルク 黄金時代篇II ドルドレイ攻略」の話題が続きます。

あ、ベルセルク2は早く観たいですね。こういう記事を書いていると、なんだろ、遠距離恋愛のような気分になったりします。昨日はついに仕事をサボり、マン喫で第2部相当を読みふけることになっていましました(サボったといっても有休ですんで~笑)。

第1部は暗殺者のエピソードの次の、宮殿の噴水の庭で、グリフィスがシャルロットに「夢と対等の友」を語るのを、ガッツが愕然とした気持ちで立ち聞きしてしまうというシーンで終わっていたのだったと思って読み出しました。次は、女剣士キャスカにスポットがあたるシーンからになりますね。体調不良ながら出陣し、アドンと対決するシーンからです。キャスカの過去が語られ、同時に、鷹の団という居場所がキャスカやガッツを変えていたことが、改めて認識させられる場面です。しかも、鷹の団の活躍により、グリフィスは王に認められ地位が向上していくわけですが、逆にそれがキャスカやガッツから遠いものとなり、自分たちの拠りどころを喪失したような気持ちになっているわけですね。

それに続く、第2部の中心、ドルドレイ攻略戦ではグリフィスの過去が語られます。第1部でガッツとガンビーノとの関係をあっさりと片付けてしまったので、こっちはきちんと描いてほしいですね。こういう性的な略奪というか、消費対象としての性とその傷を抱えて生きるのは、現代にも通じるテーマの一つですから。そして、ドルドレイ攻略戦がスクリーンでどんなふうに描かれるかは、今から楽しみです。第1部の戦闘シーンは、さっぱりと乾いたなかでおn戦いでしたが、もう少し、血なまぐさいものとして描かれるといいと思いますね。どろどろは第3部にとっておくにしても。どこまで第2部にするかわかりませんが、話の展開から、ガッツが出て行くところまでにするのが落ち着くと思います。

ああ、こうしてみると、第1部よりも何倍も劇的な展開ですね、第2部は! 早く見たい!

さて、先日の記事で少し書いた、エンドロールキャンペーンが公式に発表になっていました。旋回は、テストかなにかをたまたまわたしが見かけたのでしょう。応募フォームへのリンクが死んでましたし。

「ベルセルク 黄金時代篇II ドルドレイ攻略」エンドロールキャンペーンスタート!!
Part1に引き続き、Part2の「黄金時代篇II ドルドレイ攻略」でもエンドロールキャンペーンを実施します。
鷹の団員にご登録いただいた皆様の中からポイント上位者25名様、百人長以上の方の中から抽選で25名様、合計50名様のお名前をエンドロールに記載いたします。今回はTwitterアカウント名ではなく、本名での掲載となります!
ポイント獲得ボーナスクイズも実施予定ですので、諦めずにご参加ください!!

※百人長(3500P)以上の方は、MY PAGEにログインすると応募フォームが表示されますので、応募フォームからご氏名、メールアドレスをご記入の上ご応募ください。

応募締切:4/4(水)正午


発表日の23日から数えて、2週間ありません。現在団員は6700人あまりで、どのくらいが百人長以上かわからないけれど、仮に5000人くらいとして、そもそも概算だからトップ25人のことは考えないとして、倍率は約200倍ってことですね。第1部のときと比べて、逆に今度はものすごく厳しい感じですね。4月4日までというのも、編集の都合もあるのでしょうが、期間も短いような気がします。なんだこの格差は……と思ってしまいました。

ま、今回は、もう少し字を大きくして、発表はエンディングを見てのお楽しみ!ということなんでしょうね。



補助動詞はひらがな書きが原則と習いました~「ください」「下さい」使い分け

2012-03-23-Fri
最初に、小学校のころに本で読んで覚えているイジワルとんちクイズをひとつ。

友だちが手を骨折して病院に入院した。

見舞いに行くと、そこにあったリンゴあったので、
「リンゴの皮をむいてあげようか」
と聞くと、
「うん、頼むよ」
と言われたので、そのとおりにしたら怒られた。

なぜか?


答えは文章末で示すとして、この問題を思い出したのは、先日、J-CASTのこんな記事を見たからでした。

細かいことは元記事を読んでいただくとして、要するに、「○○してクダサイ」というときの「クダサイ」について、ひらがな書きの方が適当で、漢字で「○○して下さい」と書くのは不適切であると言う人がいたという話です。

おぼろげな記憶ですが、小学校か中学校の国語の授業で、助詞、助動詞はひらがなで書くが、同様に、補助動詞、形式名詞はひらがな書きがよいというようなことを習いました。ついでに書くと、別の先生ですが、副詞も接続詞もひらがなで書くのがよいとおっしゃっていました(今回は副詞、接続詞の話は無関係です)。特に覚えている例は、「見る」「行く」「来る」というような補助動詞については、ひらがなにしなければ意味が混乱するとうようなことを、先生に教えてもらいました。これは、おそらく誰も異存はないことと思います。

「大丈夫かどうか、とにかく行ってミル」という言葉を聞いたときに、二通りの意味が思いつきます。「とにかく、そこに行って、この目で見る」という意味と、「行けるかどうかわからないが、とにかく、行くことを試みる」という意味です。前者のように「見る」という意味が判然としているものを本動詞と呼び、漢字表記を原則とします。一方、後者のように「目で見る」という意味ではなく、上接の動詞(この場合は「行って」)に「試みる」というような意味合いを補うものを補助動詞と呼んでひらがな書きを原則とするのです。ここをいい加減にしてしまうと、意味の混乱が生じるというのですね。

このことは、「見る」だけでなく「行く」「来る」についてもよく出てきます。「明日から勉強してイク」「ここまで努力してキタ」についてなども同様です。こうした混乱が生じるから、切実に、漢字とひらがなを書き分ける必要があるのです。

今回の「下さい」についても、また、対義語の「上げる」についても、本来は理屈は同じはずです。「下す」「下さる」「上げる」については、本動詞として使われる場合と、補助動詞として使われる場合とがあるわけです。たとえば、本動詞としての「下す」にはこんな意味があります。

くだ・す【下す/▽降す】  [動サ五(四)]
1 高いところから低いところへ移す。
①価値・地位などを低くする。「位を―・す」
②流れを利用して、物を下流へ移動させる。「いかだを―・す」
2 中央から地方に派遣する。「使者を―・す」
3 上位の人が下の者に物を与えたり、命令・判断などを与えたりする。「褒美を―・しおく」「判決を―・す」
4 自分ではっきりと判断する。「結論を―・す」「断を―・す」
5 自分で実際に処理する。「手を―・す」
6 (ふつう「降す」と書く)降参させる。従わせる。スポーツや勝負事で相手を負かす。「敵を―・す」

①薬の作用などで、体外へ出す。「虫を―・す」
②(「瀉す」とも書く)下痢をする。「腹を―・す」
8 筆を紙の上におろして書く。執筆する。「筆を―・す」
9 (動詞の連用形に付いて)動作を滞りなく進行させ、一気に終わらせる。「読み―・す」「書き―・す」
10 雨などを降らせる。
「杣山(そまやま)に立つけぶりこそ神無月時雨を―・す雲となりけれ」〈拾遺・雑秋〉
→ goo辞書:「くだす」


本来こういう意味を持っている場合は漢字で書く。そうでない、補助動詞としての「くだす」についてはひらがなで書くとするのが、ま、「見る」「行く」「来る」などと並んで矛盾がなく、落ち着きがいいのですね。ちなみに、補助動詞「くださる」には、こんな意味があります。

2 (補助動詞)「お」を伴った動詞の連用形、「ご(御)」を伴った漢語、また、動詞の連用形に接続助詞「て」を添えたものなどに付いて、その動作の主が恩恵を与える意を、恩恵を受ける者の立場から敬意を込めて表す。「お話し―・る」「ご理解―・る」「助けて―・る」
→ goo辞書:「くださる」



HOME NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。