David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

スポンサーサイト

-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中学の体育で武道の必修化で柔道が不安って話

2012-02-14-Tue
大した問題ではないと思うのですが、なんとなく深刻な問題になっているのが、この4月から中学校の体育で武道が必修化されるって話です。どの程度の問題かというと、毎日新聞が社説にする程度の問題らしいのです。

まさか、公器たる新聞の社説を身内の不安の解消のために使ってるんじゃあないだろうなという【邪推】したくなるほどでさえあります。

新しい学習指導要領は最近決まったわけではなくて、「ゆとり教育」の弊害と「愛国心的なもの」(日本の伝統や文化の継承などを含める)を入れるかどうかを議論しながら、安倍内閣による教育基本法の改訂と合わせて決まったものだったと思うが、ま、こんなまとめではあれなんで、Wikipediaをリンクしときます。
 → wikipedia:「学習指導要領

これを受けて、体育の中に武道をということになり、剣道、柔道、相撲が必修になったわけです。ですから、言わば学習指導要領の目玉中の目玉なのです。選択ができるんですけど、実質、相撲は土俵がなければ、「武道」としての相撲にはならないし、剣道は防具が人数分必要で、お金かかります。竹刀くらいはともかく防具はなかなか揃えられないなんてことを考えると、道着だけあればできる柔道が経済的です。生徒が買うんですけど、剣道の防具買うよりいいでしょう。毎日の社説は「6割ほどの学校が柔道を選択するとみられる」としています。割合はわからないけど、同感です。

ところが、いざ来年の実施を前に、不安続出で、今回の社説「延期すべき」になったんですが、その第一が事故や怪我が心配だというのです。根拠は部活中の事故の統計です。

中学と高校での柔道事故で昨年度までの28年間に114人の子どもが命を落とし、275人が重度の障害を負った。部活動中の事故が授業中を上回る。授業中が少ないのは動きが激しくなく時間も短いためで安全なわけではない。(同社説より)


ネットで調べるとこんなページがあります。
→ 学校におけるスポーツ中の事故  特集:柔道事故 学校におけるスポーツ中の事故  特集:柔道事故

そうなんでしょうね。だって武道ですから。というか、そもそもスポーツに事故はつきものです。極論すれば通学に事故はつきものです。通学中に死亡事故だって起きています。全員参加の修学旅行で飛行機が落ちたこともあったし、学校のプールで水死したこともあったんです。武道を必修にしておきながら、事故が怖いから延期せよって、今ごろ何言ってるのって思います。武道をナめとるかと思います。今頃になって腰がひけるくらいなら、最初から反対して欲しいです。事故数は授業のものでなくて、部活動のものなんですから、前からわかっていたはずです。

もう一つは、指導者の問題です。わが愛知も問題になったんですが、「柔道黒帯の大安売り」みたいなことがあったんですね。
スポンサーサイト

映画:「ベルセルク 黄金時代篇Ⅰ 覇王の卵」~劇場で

2012-02-05-Sun
劇場版「ベルセルク」(『ベルセルク 黄金時代篇Ⅰ 覇王の卵』)を見てきました。公開日に、劇場で。


→ 公式ページ
→ Gyao:冒頭10分イッキ観せ!のページ

アニメを見に行くのは、正確には思い出せないが、「ゲド戦記」か「崖の上のポニョ」以来です(どっちが後か先か忘れるぐらいです)。「ベルセルク」は、思い入れのある作品で、新刊が出ると買う唯一(正確には「唯二」)のコミックです。ですから、評価はちと厳しいですが、きれいで、クリアないい出来栄えだったと思います。きれいな出来栄えです。

劇場版「ベルセルク」は黄金時代の完全映像化を目指すということで、オープニングはバズーソ(ケンドーコバヤシが声やってました。今一感あり)との一騎打ちのエピソードのある、攻城戦のシーンとなりました。原作にある、それまでのガッツの生い立ちはカット(または第2部で語られる?)となりました。コルカスがガッツにちょっかいを出し、それがガッツの鷹の団入のきっかけとなるエピソード、黒羊団とノスフェラトウゾッドとのエピソード、森での狩りと暗殺のエピソードくらいからなっています。その途中に、ベヘリットやシャルロットなどの紹介的な話があります。これで、およそ1時間半にまとめられています。

アニメを見慣れているわけではないので、ネットでよく見かける、CGだの手描きだのという議論は、わたしはあまり気になりませんでした。違和感なくできているかという感じです。ま、アニメとはああしたものかもしれませんが、わたしは、もう少し光の明暗というか、欲しいのは、陰なんで「暗」のほうなのだけれど、もう少し汚さというか、黒さがあったらいいと思いました。わかりやすく言うと、甲冑や馬などももう少し、汚れというか陰というか、深みのある色合いだといいかなというか。血も、なんだか鮮やか過ぎるかなという、そんな印象です。ま、この先、「蝕」に向かって色調がしだいに、深みのある、重々しいものに変わっていったりしたら、とてもおもしろいと思うのだけれど。

あとね、アニメとあああしたものかのかもしれかいけれど、ああして、みんな元気よくきれいに通る発声をするもんなんですね。声優というのは、そういう訓練をしてる人たちなのだからそうなのは当然なのだろうけれど、なんか、みんな元気いっぱいしゃべってて……って感じでした。アニメ以外の映画とか見てみたらどうなんだろうって印象ですね。これは、アニメの作りとういのをそもそも理解してないかもしれないので、見当違いはわたしの方なのかもしれませんけれどね。

ま、そんなことが気になりましたけれど、全体的には、きれいでクリアな、いい出来だったと思います。

映画:「ロボジー」~劇場で

2012-02-02-Thu
五十嵐信次郎主演のロボジーを見てきました。

音楽のことはあんまり詳しくないの、この、五十嵐信次郎がミッキー・カーチスだなんて、今、記事を書き始めて、初めて知りました。こういうことは、書いてもなにもおもしろくないのですが、わたしは、五十嵐信次郎もミッキー・カーチスもほとんど、いや、全くと言っていいほど知りませんでした。

ミッキー・カーチスとは、日本のロッカビリー歌手として一世を風靡した男だそうです。
 → Wikipedia:「ミッキー・カーチス
 → Wikipedia:「ロカビリー

ミッキー・カーチスがどんな人生を送ったか、これまたほとんど全く知りません。ロック歌手としてだけでなく、俳優やタレントとしても成功し、映画やドラマなどにも多数出演の実績をもっているのです。ですから、今回の映画も、そうした作品のひとつとして演じたといえばそれまでなんでしょうが、今回の役は、妻に先立たれ、娘は嫁いで家庭を持ち、一人でわびしく暮らす、老人の役です。大きな持病こそないものの、潤いも、生きがいもなく、刺激もない。ひたすら認知症を心配するような、独居老人の役です。ま、さまざまな経緯があるものの、老人は、ロボジーの着ぐるみを着ることになります。ロボットショーに参加するはずのロボットが完成できなかったので、自ら考える力を持つ二足歩行ロボット「ニュー潮風」の偽モノとして……。


→ 公式サイト

映画は、所謂ファミリー向けというか、子どもから老人まで楽しめる、ほのぼのヒューマンコメディという感じです。青春ドラマのようでいて、幾分ターゲット年齢は高そうで、老人問題というか、老人の生きがいみたいなものを感じずにはいられませんでした。それは、映画の題名からしてそうなんですが、往年のロックの寵児が、今は映画でロボットの着ぐるみを被っている……、これが老人問題でなくてなんでありましょうか。この世に老いは平等に訪れると。そして、今更言うまでもないのですが、老いたからといって、鈍感になったわけでもないし、急に悟りを開いたわけでもないのです。寂しさも感じれば、ちやほやもされたい。若い女の子のパンチラには、やはり瞳が輝かせたりなんかしてしまうわけなんですね。なのに、定年は訪れ、年寄り扱いは訪れ、再就職したくても年齢制限が出てくるのもまた現実なんですね。もっとも、このロボットの着ぐるみ、30キロはあるらしく、老人が着るには相当キツいものだったらしいです。しかも、普通のジッパー式の着ぐるみと違って、ネジ止め式で、着け外しに合計1時間もかかるんだそうで、簡単にトイレに行けなかったそうです。これが着られたんですから、まだまだですよね、ミッキー・カーチスは。
 → 五十嵐信次郎「ロボジー」姿披露するも「やっぱり着なきゃ良かった」 : 映画ニュース - 映画.com
 → 吉高由里子に五十嵐信次郎が「ぶち抜けてる。大女優だ」と称賛 - MovieWalker

ヒロインの女子大生は、ものすごくかわいい、吉高由里子です。「蛇にピアス」(→過去記事)では、ものすごいエロエロの今時の娘の役やってるんですけどね、正直、あっちより、こっちの方がいいんですけどね、いや、あっちもいいし、こっちもいいです。別人に見えますけどね。ミッキー・カーチスもべた褒めです。(上記事)

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。