FC2ブログ

David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

Title List

◆Date:2012年01月06日
全記事一覧

映画:「ザ・コーヴ」~DVDで

2012-01-06-Fri
お正月いかがお過ごしでしたか?

個人的なことですが、グループホームで暮らしている母を、正月くらいは実家に戻してあげたいと昨年末に連れ戻り、お墓掃除に行ったり、庭を掃除したり、普段は空き家状態の床の間に鏡餅をお供えしたりと多忙でした。認知症とは言え、こうして誰かといっしょならなんでもできるので、母なりに充実した年末の大掃除だったろうと思います。

大晦日にはかけ蕎麦を食べ、お正月にはお雑煮も食べました。おせち料理も、ま、スーパーで買って来てパックのまま冷蔵庫につめてあったものを、適当にお皿に並べて食べたりしました。数の子だけは、わたしが創味のつゆに一晩つけておいたので、「これはわたしが作ったんだ」などと自慢したりして。

ちょっと話題がそれますが、創味のつゆは、どんな料理にも使えておいしく、とても便利。素材の味を生かしますので。わたしはずっと使っています。


さて、おせち料理と言えば、「予約しておいて正月に届くのか?」とか、「予約の時の写真と実物は似ても似つかぬものではないのか?」とか、初春の話題としてはなんとも情けないことネタになる昨今ですが、本当は、語呂合わせのようなありがたい由来があったりします。
 → 「おせち料理の由来」のページ

たとえば、「田作り」。農耕民族ならではのネーミングですね。わたしは味付け、食感ともあまり好きではないのですが、百姓の家であったので、毎年食べてました。健康を意味する「まめ」とかけて「ごまめ」と呼ぶ地域(?)もあるようです。我が家で揃えたものは、「数の子」は子孫繁栄、「きんとん」は「金団」で富裕、「黒豆」は健康、「昆布巻」はよろこんぶ~、「海老」は腰が曲がるほどの長寿など、あと、伊達巻、煮しめ、おなます、カマボコなどなど、ちょっと割高な感じはしますけれど、全部自分で作るのは大変、スーパーのものを上手に利用して正月のムードを出すのですね。味は、なんだか、醤油と出しと砂糖とで、なんだか全般に似たり寄ったりになってしまいますけどね。

ま、こうして、「食」というのはまさしく文化なのですけれど、こんな振りをしておいて、映画「ザ・コーヴ」の話です(時々「コーブ」とか「コーグ」と書いてるブログもありますね)。


 → 公式サイト
スポンサーサイト



HOME