David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

スポンサーサイト

-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「来年の干支」~「猫と正かなづかひの同人誌」原稿

2011-12-31-Sat
 まだ、DSどころかファミコンもなかったころのお話です。
 
 師走に入り、お正月が近くなると、お母さんもお祖母さんも忙しく、トオルくんには、猫のミーしか遊び相手が見つかりません。ときどき遊んでくれるお姉さんが、今日は塾にお出かけてで、ほんとにつまらないのでした。それに、トオルくんはミーがちょっと苦手なんです。お姉さんが一緒だと楽しくじゃれながら遊ぶことができるのですが、一人きりだと、トオルくんが乱暴なのか、まだ小さいと馬鹿にされてるのか、決まってミーに引っかかれることになるのです。だからトオルくんのおでこや手首には引っかき傷が絶えません。

「お母さん、ミーが引っかいたぁ、お母さん。お母さん」
この日も、ミーはなぜだかご機嫌ななめで、トオルくんの左手の甲には、さほど深くはないものの、新しい爪跡が残る羽目になりました。
「何もしないのにミーが引っかくわけないでしょ。お前がちょっかい出したのよ」
うっすらと血を滲ませていても、お母さんは部屋の掃除にあちらこちら立ち働いて、なかなか振り向いてくれません。
「だって……」
トオルくんが半べそをかくと、やっとお母さんは歩み寄り、ちょっとした提案をしてくれました。
「トオル、ミーとは遊ばないで、年賀状書いたら?」
「年賀状? あけましてってやつ?」
「うん。本物のハガキはあとでお母さんと一緒に清書するから、下書きしたら?」
お母さんは裏の白いチラシを二、三枚、トオルくんの前に差し出しました。「年賀状」の言葉にトオルくんは一瞬目を輝かせたものの、「下書き」にがっかりしました。またあとできちんと書き直しなんてのはうんざりです。
「え~、下書き……。何書くの? どうやって書くの~」
「担任の杉山先生に、今年はお世話になりました、来年の目標はこれです、みたいなことを書くのよ」
「え~、先生に……」
どんどん学校の宿題みたいになっていきます。たまらなくなって、トオルくんは
「来年のことを話したら鬼が笑ったって、こないだもお祖母ちゃんが言ってたよ。やだな、鬼なんて絶対にやだ、やだよ」
と駄々っ子状態になる始末です。

「まったく……」
もちろん、お母さんはトオルの屁理屈に負けてません。
「それじゃ、トオル、先に絵を描いたら。来年の干支の絵とか……」
「エトノエトカ? エトって何?」
「干支、十二支よ。お祖母ちゃん詳しいから聞いてごらん」
「わかったぁ」

トオルくんが台所のコンロの前に立つお祖母ちゃんを呼ぶと、お祖母ちゃんが炬燵のところまで来てくれました。
「ほぉ、お勉強かい。トオルくんはえらいねぇ」
お祖母ちゃんはなんでも誉めてくれるので、トオルくんは大好きです。
「なになに、干支? ええとね」
「エエト?」
「エトノエトカ」とか、「エエト」とか、トオルくんは目をぐるぐるさせました。
「干支ってのは十二支って言ってね、一年一年に動物の名前が付いてるってんだよ。お祖母ちゃんは丑年で、お母さんは午で、たしか、お姉ちゃんは戌で、ええと、トオルくんは……」
「ボクは……」
「トオルくんは……」
お祖母ちゃんはトオルくんの干支を忘れてしまったらしく、ちょっとごまかし気味に続けました。
「まぁ、こんなふうに年に十二匹の動物の名前がついてる、それが十二支なんだよ」
「わかった」
「さ、指を出してごらん。いくよ、ネでネズミぃ、ウシぃ、トラぁ……」
動物の名前を挙げながら、左手で指を折っていきます。
「ウーでウサギぃ、タツぅ……」
「タツ? タツって何?」
「辰は龍よ。今では空想上の動物ってことになってるけど、昔は実在するって信じられてたのかも……。それからね……」
へぇ、龍かぁ。龍ってどんな大きさで、どんな色だったのかなぁ、鳴いたのかな、吠えたのかななどと気になって、トオルくんはほとんど上の空で聞くだけでした。
「……そして、最後のイーはイノシシ。これはブタのことだって。ブゥブゥのブタ。ね、身近な動物たちはみんな入ってるだろ」
「あれ? ミーは?」
「ミーは、ヘビ年だよ」
「え、お祖母ちゃん。ミーは猫。猫年ってないの……」
「あははは、ミーってミーね。猫年があったらよかったのにね。あはは」

nekobonbana.jpg

スポンサーサイト

冬コミC81はいよいよ明日から~正かな同人誌

2011-12-28-Wed
いよいよ明日から冬コミC81が始まります。

前にも書きましたが、わたしはコミケに行ったことがありません。先日、ちょっとこういうことに通じていそうな知人K()と話す機会があって、こんな会話をしました(以下私は)。

:「Kさん、コミケしってる?」
:「お? 知ってますよ」
:「実は、先日ひょんなことから同人誌に参加して」
:「おぉ~」(いつにもなくは目を輝かせている)
:「こんど、コミケで売るらしい」
:「冬コミですか?」(もう、この言葉を使うだけで自分よりもこの道には詳しそう)
:「うん、この年末に……」
:「行くんですか?」
:「いや、行けません。行けません」
:「ああ、忙しい?」
:「忙しくはないが家にいないといけないので」
:「そうですか。おもしろいですよ」
:「おもしろい? 何か、万博並みなんでしょ?」
:「万博? ま、ある意味そうですが……」
:「バスが全国から出るって聞きました」(ここから得た知識である)
:「ああ、かなり集まりますからね」
:「全国から。満員電車並みだと聞きました」
:「はい」
:「開場前からかなり並ぶ」
:「並ぶのもイベントみたいなところがありますからね」
:「だからかなり臭い」
:「臭い?」
:「トイレに行けなくて糞尿垂れ流し状態だとか」(ここから得た知識である)
:「がはは、それはない。いくらなんでも、話盛り過ぎ」
:「え、違うのですか?」
:「違いますよ。いくらなんでも。体調が悪いとかそういう人でしょう、いくらなんでも。」
:「そうか。ネットで読んだんで……」
:「今度行きますか?」
:「……?」
:「行きましょう!」
:「? え、いや、無理。年末は無理……」
:「じゃ、次」
:「え? ちょっと……」

というわけで、コミケに詳しい(詳しいかどうかは厳密にはわからないが、実態の一部を知る)身近なKさんと話していると、連れていかれそうな感じで怖かったのだが、そんな、コミケに、わたしの童話風ショートショートを載せた、「猫と正かなづかいの同人誌」が出ます。こんな表紙です。

7ycyxa.jpg
※写真は編集者の押井徳馬さんによるものです。


これは、通称「猫本」なんていい方をしていますけど、ま、詳しくはこちら。
→ 野嵜さんのサイト:「猫と正かなづかひの同人誌

映画:「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル」~劇場で

2011-12-27-Tue
トム・クルーズ演ずるイーサン・ハントが活躍する「ミッション:インポッシブル」シリーズの第4作「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル」を見てきました。

久しぶりに字幕見てきました。吹替だと、なんと劇場版「ベルセルク」でキャスカを演じる行成とあが、美人殺し屋モローの声をやっていたのですけど、時間の関係もあったので、久しぶりの字幕。

公式サイト

タイトルの「ゴースト・プロトコル」はどういう意味なんでしょうか? 直訳する、拙い語学力では、「幽霊の約束」「亡霊の規約」みたいな意味なのかと思うのですが、映画を見ながら、要するに「トカゲのしっぽ切り」みたいな語感かなと思ったりもしました。

イーサン(トム・クルーズ)のチームは、当然ミッションとして奪われた核爆弾の発射コードを取り戻すための複雑な作戦をねり、クレムリンに潜入、順調に作戦実行中に、なんと邪魔が入ります。なんと何者かが大規模爆破テロを起こし、クレムリンが大爆発してしまいまうのです。結果、イーサンのグループがとんでもないピンチに陥ります。ロシア側はアメリカによるテロという見方も出ます。このため、アメリカ大統領はイーサンたちの属する工作組織IMFに対して、「ゴースト・プロトコル」を実施します。IMFへの支援の一切を打ち切り、関与を否定することになります。これが「ゴースト・プロトコル」です。つまり、今回の爆破テロの真犯人や真意をの捜査などは一切せずに、イーサン(たち)が勝手にやったこととして処分してしまうのです。外交上は政府の関与ではないという形で穏便にすまそうとしたわけです。

イーサンのチームは、今までのような本部の援助を受けられぬまま、ロシア警察から追われながら、爆破テロの真相を暴きつつ、一方で、当初からのミッションのテーマである新たな核戦争の脅威をから人類を救うという目標も遂げようと奮戦するという、ま、まことに困難極まりない作戦を、ま、諦めることなく、遂行していくというのが今回の映画でして、とてもおもしろい話になっています。

ありきたりの表現ですが、ハラハラドキドキのスリル溢れるアクションに加えて、ところどころにクスリと笑いたくなるようなネタもあり、楽しめる作品にできあがっています。見て損はありません。



映画:「家族ゲーム」を森田芳光を偲んで、見る。

2011-12-26-Mon
もう1週間になろうとしているが、森田芳光が亡くなった。
→ ■追悼・森田芳光さん 「個人の中から普遍性追求したライバル」大森一樹監督  - MSN産経ニュース

いつからか、映画を好んで見るようになったが、どの監督がどんな映画を作るかというような、監督や脚本を意識したことはあまりなく、ただおもしろそうなものを消費しているだけなので、「森田芳光」と言われてももちろん名前は聞いたことがあるが、代表作が思い浮かばない。かろうじて覚えているのは「模倣犯」で、森田監督は中居くんが嫌いなんだなと思ったことくらいである。せっかくの素晴らしい映画が、なんだか最後の爆発シーンで台無しになっているような気がしてならなかった……。あれは忘れようがない。逆にあれがなかったら、わたしが片端から消費する映画の一つに終わっていたかもしれないとも思わないでもないので、当時はともかく、今となってはアレはアレで正解なのかもしれない……。そんな気もする。……そうか! 「模倣犯」をもう一回見ないと……。今、「家族ゲーム」を見終わってレビューを書き始めて、気づいたことだった。


さて、森田監督の訃報に接して、これをきっかけにいくつか森田作品を見たいなと思っていたところ、こんなツイートに接した。


松田優作の代表作品はと聞かれたら、私は「家族ゲーム」「それから」「野獣死すべし」をあげたい。二つは森田芳光監督作品。監督の冥福を祈って皆さんに映画を見て欲しいです。
 → https://twitter.com/#!/MATSUDA_MIYUKI/status/149343684738035712

松田優作の未亡人熊谷美由紀が森田監督の訃報に触れ、夫優作の代表作のトップ3にあげたうちの2つが、森田芳光の「家族ゲーム」と「それから」だと言っているのだ。わたしは「野獣死すべし」とか「蘇る金狼」、あるいは「探偵物語」あたりを思い浮かべていたんだけれど、「家族ゲーム」だったかと、ま、わたしは次はこれを見たいと思って、クリスマスの日にレンタルして来たら、なんt、その夜のBSプレミアムでやっていた……。



HOME NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。