FC2ブログ

David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

Title List

「国宝薬師寺展」で法話を聞く~岐阜市歴史博物館

2011-09-12-Mon
台風12号の影響で、カーポートの屋根が一枚ぺロリと剥がれてしまったのですが、ま、そのままにしてちょっと逃げ出して、展覧会に行くことにしました。どうなんでしょう、学校の夏休みが終わって、地域や学校では運動会シーズンのせいか、高速道路は空いていて、岡崎の渋滞ポイントもすいすいと抜けられて、1時間と少しで岐阜市歴史博物館についてしまいましたよ。

今回は「吉祥天女」と「聖観世音菩薩」の二つの国宝を間近で拝めるというのが大きな魅力で、ま、ポスターにもなっています。この二つが今回の目玉ですね。


→ 岐阜市歴史博物館:「国宝 薬師寺展
展示に合わせて、薬師寺の僧によるガイダンス法話(?)も行われていて、自称薬師寺で一番話の上手な大谷師の、元気いっぱい、楽しくありがたい法話を拝聴することができました。

Kichijōten


吉祥天女像は「麻布著色吉祥天像(→wikipedia)」とも言って、奈良時代から薬師寺に伝わるものです。法話風ガイダンスによれば、明治初期、フェノロサたちが日本に来て、日本の芸術品のいくつかを見て回り、本国に持ち帰ってしまうというようなことがあったけれど、その当時薬師寺は貧しくて、近隣の農家に借金をしていた。この「吉祥天女像」は借金の形にとられていて何を逃れたということだそうです。ありそうな話でもあり、半分フィクションのようにも思われるのですが、要は、いろいろな危機を乗り越えて、今、こうしてここにあるということです。

法話風ガイダンスの受け売りですが、今に伝わる初詣では、神社よりも寺院で行われていた行事で、たとえばこの吉祥天女像の絵が信仰の対象で、この左手の上にある、赤い珠に願をかけにくるということだったのだそうです。そんなありがたい絵が、普段は薬師寺では非公開状態で、特別展示で公開されたとしても分厚い防護ガラス守られているのですが、今回は目の高さで間近に拝むことができます。ほんとうにじっくりと拝めます。

スポンサーサイト



HOME