David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

スポンサーサイト

-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

身延山への旅(2)~久遠寺から身延山ロープウェイへ

2011-07-31-Sun
Ripreの会員として、身延山ロープウェイのリニューアルキャンペーンをリポートするための旅行2日めです。

下部温泉郷に一泊してた翌日「甲斐黄金村・湯之奥金山博物館」で砂金採り体験をし、なかなか楽しい気分になって、身延山に向かいました。
→ 初日の記事へ。

身延山ですが、わたしには漠然とした知識しかありません。生前の父が「行ってきた」と話していた記憶があって、わたしの心に反応するものがありました。父は妙に信仰深く、……とはいうものの、ちとけちをつけるようですが、信仰深いというよりは、集まると酒が飲めるのがいいと思っていた節がありますが、バスなどで村の人たちとよくあちこち出かけて行ったようですが、先日、仲間だった方のご子息と話をする機会がありまして、こんなことを言われました。

「こう言ってはなんだけれど、「酒乞食(さけこんじい)」みたいなところがあって、酒が飲めるってんで、お寺の役についたり、お宮の役についたり、出かけて行ったりするんだよ。信仰というよりも、集まれば只で呑めるので、寺の世話人だとか、宮総代とかやる人がいるんだよ。あんたの親父さんも、うちのじいさん(お父さんのこと)もそうだった……」

その通りです。この方のお父さんは存じ上げないのでわかりませんが、父の場合は、信仰の方もそれなりにあったと思います。性格上、それなりに職務には忠実だったろうと思います。しかし、お酒をいただけないのにその係りをやったかどうかは、はなはだ疑問です(だからと言って、いい加減に勤めていたとは思いませんけれど)。

閑話休題。

身延山ロープウェイは身延山からの展望を楽しめる観光施設のようですが、身延山の成り立ちから言うと、身延山の麓に大伽藍を持つ身延山久遠寺と、山頂にあるその奥の院(奥之院思親閣)とを結ぶ交通手段でもあります。
→ 「身延山久遠寺オフィシャルページ

身延山久遠寺は日蓮宗の総本山で、まさにこれぞ大伽藍と呼ぶにふさわしく本堂や五重塔をはじめさまざまな建物が壮大に配されています。本道の加山又造による天井画(そういえばこないだたまたま行った天龍寺(京都)の「雲龍図」も加山又造だったな)も、金箔を贅沢に張った本尊や仏具、柱なども見事というほかはありませんでした。

奈良や京都の寺はこう言う言い方は語弊がありますが、信者の力というよりも、歴史の力や観光の力を感じるのですが、逆に、久遠寺は信者の力を感じさせるのでした。

久遠寺で宝物殿を見学した後で、身延山ロープウェイで奥之院に向かいました。

今回は、このロープウェイをリニューアルしたから優待乗車券を送るのでリポートしてというのが、Ripreの依頼なのですね。

moblog_5da03022.jpg  rope05.jpg
ロープウェイはこんなふうに急角度の山肌を、およそ7分間登ります。時々、パラパラと小雨がふって、ぜんたいにぼんやりと雲が垂れている感じでした。もっとくっきりと晴れていたら、さわやかで気持ちがよかったろうろやや残念でしたが、緑はきれいで、しかも瑞々しい感じがして、深遠な感じさえしてそれは良かったと思います。

ロープウェイの売りは、今回はリニューアルなんですけど、本当はこのロープウェイからの景観や山頂からの展望であると思います。前の記事に書きましたように、この日は新潟や福島地方では豪雨でして、山梨も雨模様でした。ときおり、気まぐれに日も差さないこともありませんが、どの山の頂もほとんど雲に隠されているという感じで、雲が低く垂れ込めているのです。

眺望という意味ではいま一つだったのですが、そもそもは久遠寺の奥の院でもあるわけですから、すごいものがあります。日蓮聖人お手植えの杉です。見上げるほどの巨木が二本、参道をはさむようにして、あたかも仁王のように立っています。

rope07.jpg

そしてその奥の山門をくぐり、寺務所を横に奥まで進むと、黄金の大仏というにはちと小さい、しかし軒まで届こうというような釈迦坐像があります。ま新しい現代的な匂いのする仏像でして、前半にも書きましたが、現在進行形で、こういう形での寄進がなされているいう、まさに信者の力を感じさせる一体です。
minobu05.jpg

帰ってから、記事を書くためにホームページを見ていたら、見事な仁王があったようなんですけど、見逃して残念です。
→ 身延山久遠寺奥之院のページ

麓の久遠寺も静かで厳かな感じがしたのですけれど、奥之院はさらに自然の匂いと吸い込まれるような静けさをもった、閑静な空間でした。

スポンサーサイト

身延山への旅(1)~下部温泉で砂金採りを楽しむ

2011-07-30-Sat
Ripreの会員です。身延山ロープウェイのリニューアルキャンペーンということで、優待券を送ってくれたので、早めの夏休み、下部温泉・身延山に一泊旅行に行ってきました。

その日しかスケジュールが合わず予定してあったのですが、結果的に、当日は新潟や東北地方では、39万人もの被害勧告が出るというほどの天候不順でした。しかし、山梨は時折パラパラと降る程度で、さほど暑くもなく、むしろすごし易かったと言えるでしょう。甲府は盆地で暑いらしいですから。

今回は愛知から東名高速を東に走り、静岡方面から北上する形で、天気がよければ富士山を拝めるし、白糸の滝に立ち寄って、本栖湖を回って身延山へというプランを立てました。

実際は、富士山は雲の帽子をかぶったような感じにしか見えずに残念でしたけれど、新潟の豪雨情報がカーラジオから流れるなか、降らなくてよかったというのが正直なところでした。

白糸の滝は、音止の滝と白糸の滝の二つの大きなポイントがあるのですが、音止の滝を見るための展望台は、豪雨の影響か、はたまた3月の地震影響か危険地域となっていました。一方、うっすらと霧のかかったような白糸の滝に幻想的な気分になりました。
siraito00.jpg

siraito.jpg shiraito06.jpg
また、駐車場では「日本一周中」というステッカーを貼ってるマーチが駐まってました。運転手の方はお見かけしませんでしたが、荷物から見ると一人旅のようでした。がんばってください~。もし、この記事読んだらコメントしてください。

そして、本栖湖では妙な遊覧船を見つけました。
motosuko01.jpg
これは「潜水艦型遊覧船 もぐらん」と言って、形はイエローサブマリンだが、潜らない遊覧船というわけです。おもしろいアイディアだと思いましたが、むふふ、乗る気にはなれませんでした。
→ 「潜水艦型遊覧船 もぐらん」のページ

「乗る気になりませんでした」と書いてありますが、Webページによると7月中は平日は乗れないようです~。残念でもなんでもないけどさ。

朝霧高原 → 白糸の滝 → 本栖湖 と見て、本栖みちを抜けて、下部温泉へ宿泊です。

よけいなお世話な話

2011-07-27-Wed
今日、床屋さんに行きました。

ブログを始めた頃に記事にしたことがありますが、わたしは床屋さんが嫌いです。だからついついわたしは「バケツ刈り」にしたりしています~w
→ 過去記事:「ここまで嫌い

「床屋さんが嫌い」と書きましたが、別に、床屋さんに恨みがあるわけでも、理容師さんが憎らしいのでありません。最近は、安くて早い床屋さんがいくつもありますので、そういうところを選んでいくことにしています。そんな中で某スピード理容店には、なんと洗髪コーナーがありません。メニューに洗髪がないのです。顔剃りもありません。あるのはカットだけです。

じゃ、切った髪の毛が頭に残って不都合だろうと思うでしょうけど、吸うのです。掃除機のフォースの先に、ブラシをつけたようなものが壁から生えていて、ウォイ~~~ン~~という感じで。髪を濡らすことがないので、乾かす時間も必要ありません。その分早く終わります。そして、「なるべく早く頭を洗ってくださいね」と言われて店を出ます。カットだけで1000円。わたしのような「バケツ刈り」は、ほんとに早く終わります。

「M」の謎がとけた朝

2011-07-24-Sun
久しぶりに、ブログに戻った気がしているのですが、ま、たぶんこんなに続けて書けるのも今のうちで、すぐにまた忙しくなるでしょうけれど。

さて、長くブログをやっていると、時々、昔の記事が妙にヒットします。前にもこんなことを書いたことはあるのですが、うちは、季節ものの記事がありまして、台風シーズンにはこれがすごくヒットします。1多いときは週間で500アクセスくらいです。
→過去記事:「「米軍台風情報」ってのがあるんですね

同じく夏の風物詩で、200~300くらいはいきますね。
→過去記事:「残念ながら当たってます~蚊に刺されやすい人

夏休みで、読書感想文の話題です。1週間で100くらい。
→過去記事:「小説:「アルジャーノンに花束を」感想もしくは読書感想文の書き方

クリスマスにはこれ。
→過去記事:「クリスマスツリー発祥の地はドイツ

エープリールフールにはこれとか~。
→過去記事:「シナチクは割り箸からできているのですか?

こういうのはシーズンもので、理由はわかります。

逆に年間を通じての人気記事は、たぶんうちのブログではこの3本だと思います。

たぶん、これがベスト1です。
→過去記事:「「御中」の使い方

並んで人気記事。
→過去記事:「【追悼】茨木のり子~自分の感受性くらい~

ちょっとエロ(?)でこれも人気。わたしはエロ記事のつもりはないのですけど。
→過去記事:「「官能的」と性愛~日本人のセックス

こんなところが、ま、うちの代表記事といえるのでしょう。最近のものはありません。全くアクセスしない半年間を含め、この2年間はほとんど放置状態でした。ブログ全体の低迷と合わせて、すっかり寂れています。たぶんコンスタントに読んでくれてる人は多くて3人じゃないでしょうかしらん。

だから、あまり読まれないのは当然なんですけれど、ふっとわけもわからずに人気の出る記事があるから不思議です。

これです。
→過去記事:「映画:「M」~DVDで

日付を見ると、2009年7月26日で、ちょうど2年くらい前に書いた、ただのDVDのレビュー記事ですね。「ハゲタカ」で話題となっていた大森南朋が出ているってことくらいで、あとは特に何もなく借りてきて見ていたくらいなんです……。

これが、この春先から時々、1週間に200とか、400とかアクセスがあるんです。一度人気がなくなったと思うと、また突然伸びてくる……。いったいどうしたのだろうと思いました。


HOME NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。