FC2ブログ

David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

Title List

変な日本語:「この商品には非時が含まれています」って。

2011-06-08-Wed
先日知人の葬儀告別式に参列することがありました。まだ50歳代でした。死因は癌がリンパ節に転移したとのことでした。手術、放射線、抗癌剤などできる限りの治療を重ね、入退院を繰り返しましたが、とうとう力尽きたという感じです。わたしの父の場合は手術の向かないタイプの肺癌でしたし、心臓と高血圧、動脈硬化などの持病もありましたし、そもそも父は80を過ぎていましたし、何歳になっても死んでいいなんてことはないのですが、それでも、所謂平均寿命を超えていますので、まぁ、持病が多いわりにはよく生き延びたというような言い方もできなくもなかったのですが、50代で鬼籍に入るとは、流石に早い気がします。

ただ、父の一周忌を控えたりしていると、そういう葬儀の辛さ、悲しみもさることながら、ついつい、式場はどんな風だとか、演出はどうだとか、段取りはどうだとか、ま、そういう視点で見てしまうのは、失礼なことかもしれません。別に粗探しをするわけではないのですが、時々、あれ? 変じゃないか? なんて思うところに気づいてしまうのは、悪い趣味です。おまけに、そいつを自慢げにブログの記事に書いたりなんぞするので、手に負えません。相すみません、うちのブログはそういうのをネタにしてますので、引いたらどうぞ、素通りなさってくださいまし~。

さて、前置きが長くなりました。

その知人の葬儀告別式に出席したところ、香典返しの袋をいただきまして、その袋にきちんとした礼状とともに、次のようなフレーズの、葉書サイズのカードを入っていたのです。

 この商品には
 非時が含まれています      喪主


これどうですか?

ひと様の葬儀に文句をつけるなんていい趣味ではありません。天に唾する行為でしょう。ですが、どうしても揚げ足とりがしたいことが一つあります。喪主名義で書かれた文章が「この商品には……」って。これはないでしょう。「商品」というのは、市場や店頭、カタログなどに売り買いするのを前提として並んでいるもののことを言います。喪主が、会葬者に渡す香典返しの品物を「この商品には……」ってのはない。あくまで、葬儀屋というかビジネスで葬儀関連品を扱っている側が視点であって、舞台裏の用語です。

葬儀なんて慣れるものではないので、喪主の責任というよりは、この葬儀屋がおかしいんじゃないかなぁと感じました。

しかし、ま、そんなことでわざわざ記事にしません。もう一つ謎の言葉があったのです。

「非時」。「非時が含まれています」って、どういうことですか?

いっしょに参列した友人A()と、その「非時」をめぐって、なんとも頓珍漢な話になりました。

:「この『非時』って知ってる? はじめて見たんだけど。」
:「塩がないってことじゃないんですか? お清めの……。」
:「『含まれています』だよ。入ってるってことでしょう?」
:「『非』で含まれてますを打ち消して……」
:「いや……。賞味期限が早いものがあるってことを丁寧に言ってるのかな?」
:「特にそんなものはありませんね。お菓子とか、お茶とか、ゴマとか、海苔とか……」
:「う~む」

と、ま、論より証拠その場で調べればよかったのですが、サボってしまってそのまんまでした。

さて、最近、わたしはyahoo!知恵袋に出入りして、時々回答をつけたりしています。もうずいぶん前の話ですが、知識plusという、同じようなQ&Aサービスがあって、そこでずいぶん楽しく参加していた記憶もありまして、ちと、懐古的な気分でやってるんですが、そこに同じような質問がありました。

御会葬のお礼(香典返し)にカードがついていて「この返礼品にはお非時が含まれております」と書かれていました。この「お非時」というのはどういう意味なんでしょうか?初めて聞いた言葉ですが葬祭以外でも使うことはありますか?
 → yahoo知恵袋:「御会葬のお礼(香典返し)にカードがついていて「この返礼品にはお非時が含まれて...」


あ、そら見ろ、「この商品」でなく「返礼品」と書いてある、こっちのセンスの方が正解なんだと思って、回答を読みましたが、これが、このヤフー知恵袋のレベルの低さを感じさせる……なんていうと回答者に悪いんですが、辞書からコピペしたも同然の回答でした。

スポンサーサイト



HOME