David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

スポンサーサイト

-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

残念ながら、人力検索はてなの機能強化キャンペーンに当たる

2011-06-29-Wed
最近ちょっと当たっています。

家族とコーヒータイムにやってるスクラッチなんかも、ま、買うから当たるっていやそうなんですけど、5000円とか、1000円とか出ています。足せば10000円くらいは当たっているのですが、スクラッチだけでも3万円くらいは買っているので決してもうかってるってわけではないのですけどw

あと、人力検索はてながリニューアルして、Twitter・Facebookと連携したってことでキャンペーンをしていて、わたしも応募したのですが、当選したというメールがありました。なんと、当選発表もされてました。

→ Twitter・Facebook連携キャンペーン 当選者発表! - 人力検索はてなの日記 - 機能変更、お知らせなど Twitter・Facebook連携キャンペーン 当選者発表! - 人力検索はてなの日記 - 機能変更、お知らせなど

最初、これ通知が来たときに、実は、こっちが当たったんだと思ったんです。

→ リニューアル記念「MacBook Airプレゼントキャンペーン」当選者発表! - 人力検索はてなの日記 - 機能変更、お知らせなど リニューアル記念「MacBook Airプレゼントキャンペーン」当選者発表! - 人力検索はてなの日記 - 機能変更、お知らせなど

「MacBook Air」来た~!と思ったのですが、そう簡単にはいきませんね。宝くじも、当たるのはスクラッチばっかりで、ドリームジャンボなんてさっぱりです。

結局、当たっているといっても、「ちょっと当たっている」ってくらいでしかないのですね。家族は、こういう時って来てるから逃したらダメだよって家族は言うのですが、なんだか、食中毒警報なんかが出て(昨日28日、愛知県に今年1回目の食中毒警報が出た)、なんだか、嫌なものに当たりはしないかと、そんなことばかり心配しているのです。

※ちなみに、今回の賞品は、Amazonギフト券1000円分でした~。

スポンサーサイト

ネットで脳がポップコーン化って~いろいろ心当たりはあるんだけど。

2011-06-26-Sun
脳がポップコーン化するとタイトルにあるのですが、どういうことをいうのかちょっとわかりません。かさかさでスカスカになるってことだと思うのですけどね。
 → CNN.co.jp:ネット漬け生活で脳が「ポップコーン化」 専門家が警鐘 - (1/2) CNN.co.jp:ネット漬け生活で脳が「ポップコーン化」 専門家が警鐘 - (1/2)

書き出しというか、要旨はこう。

メールやチャット、ツイッターやフェイスブックなど、ネットでさまざまな作業が同時進行する「マルチタスク」の刺激に慣れた脳は、ネットよりもペースの遅い現実社会に適応できなくなる恐れがあると、研究者が警鐘を鳴らしている。

はい。自覚有りますw ネットより遅い現実に適応できなくなっているのかもと感じるのは、主に二つですね。

一つは、ファミレスや喫茶などに入った時の注文を選ぶ時間が苦痛ってことです。同行した人がゆっくり選んでいるのがイライラするのはもちろんですが、自分のメニューが決まらないのが待てません。つい、「パスタならなんでもいいから、あなた選んで」と、店員に言いたくなります。基本、食べられないものはあまりないのでそれで困らないのですが、たぶん、言われた方がアルバイトだったりすると、それなりに困るかも~。

もう一つは、仕事で電話の取り次ぎを受けるとき。受付窓口で受け取ってうちの部署に回ってくるん時。たぶん、営業所や職場によって電話の環境というのはそれぞれなんだろうけれど、直通でなくて、受付窓口で受けてくるとき。しかも担当者名がわからずに、顧客側が「うちの担当を出せ」って指名してくるとき。窓口も顧客のニーズを把握しきれてなくて、こちららが、誰にどういう用件でかかってきたのかわからなくなって、それを取り次ぐとき。とっと切り替えてくれたらいいのだけれど……と思う。これは、もう、喧嘩になりかけた経験もあるなぁ。

スタンフォード大学の社会心理学者クリフォード・ナス先生は、インターネットのマルチタスクは人間の感情の読み取り方を忘れさせてしまう可能性があるというのですね。

マルチタスクの習慣がある人は、人間の顔写真を見せられてもその感情を見極めるのが難しく、物語を読み聞かせられても登場人物の感情を言い当てにくい傾向があることが、実験で判明したという。「人間同士の交流のスキルは学習によって獲得するものであり、学習が不足している」と

それはそうかもしれません。ただ、学習の不足というよりも、多忙ってのは単にゆとりがない……そもそも、仕事ってそういうこと多くありません? デスクで仕事してると、上司が呼んだり、電話が鳴ったり、同僚が質問に来たり、別件で客から電話が入ったり。これって、別にネットのマルチタスクってことに限定しなければ、普通に仕事場で起きていることなんだと思うけど……。でもって、仕事でも商売でも戦場でもなんでも、マルチタスクに忙殺されると人間的な感情がなくなるというのは、今さら心理学の先生に言われるまでもないことですよね。

WiMAXが100万契約キャンペーンって~なんでガチャピンが青いんだ?

2011-06-23-Thu
Andoroid搭載のスマートフォンが続々と発売され、競争が激化する中、iPhone5が9月に発売されるのではという記事が出ています。そして、同時に注目を浴びているのが、Wi-Fi対応ルーターです。Wi-Fi対応ルーターがあれば、スマートフォンのパケット通信料が節約されるだけでなく、高速ダウンロードが可能になるのです。そして、ネットブックやPSP、DSといったゲーム機も接続できます。

もちろん、家に無線LANがあればそれでできるのですが、携帯型のWi-Fi対応ルーターがあれば、家の外でもできるのですよね。別に屋外でしろってことじゃありません。無線LANの環境のない広場とか、教室とか、ホールなどでも可能になるということです。

わたしも過去記事でいろいろ書いてきまたなかで、うちの田舎も圏内なら真面目に検討したいんだがなぁというのが、WiMAX(ワイマックス)です。超高速ワイヤレスブロードバンドWiMAXが100万契約を突破で、記念キャンペーンをやってるんで紹介してねと、Ripreが言ってます。最近、この手の記事を書かなくなっていたのですが、WiMAXは興味があったことであり、うちのブログで扱ってみることにしました。
 → 「ありがとう!100万契約キャンペーン ※注 青いガチャピンとムックが、大きな音ともに登場する動画が自動起動します。

こんなキャンペーンを見るまでもなく、WiMAXを検討しました。

正確にいうと、AUのデータ通信端末や htc EVO ってスマフォを考えたのです。これにもWiMAXが搭載されていて、高速デザリングができるということだったのです。auのデータ端末(DATA01)をauショップ借り受けて試しました。

わたしが住んでいるエリアや勤務先はもちろんOKでしたが、いちばん解決したいと思っていた実家が山の中で、残念ながらWiMAXの圏外でした。かなりエリアを広げてきているようですが、それでも田舎の方まではまだまだのようです。

auのDATA01は、WiMAXのサービスエリアではWiMAXによる高速通信が利用できます。しかしその圏外で従来のauしかサポートされていないエリアでは、auへ接続します。メールやブログくらいなら大きな抵抗感はありませんが、Youtubeとなると、1分もないような短い動画でもぶちぶちと切れます。逆に、WiMAXの高速通信と従来型(au)の接続の差を痛感することになったのでした。このときは、htc EVO も考えたたのですが、お財布ケータイがなかったのであきらめました。

さて、こうした体験は、WiMAXの高速性を痛感することになりました。

ワイヤレスで場所を選ばないという機能性、工事などの初期投資がいらない、従来にない高速性などを考えると、携帯ゲーム機やスマフォ、ネットブックで使うことを考えれば、非常に魅力的な環境だと思います。わたしのように趣味で使うことを考えているうちは、こうしてのんびりとあれでもない、これでもないと選んでいてもいいのですが、外出先や電車の中などでどうしても使いたいという人には、便利じゃないかと思います。支持を受けているのもそのへんなのでしょう。

ああ、なんだか、Ripreや、「ありがとう!100万契約キャンペーンにとってはとっても都合のいいことばかり書いてるような気がしますね。

こんだけ、よいしょしとけば、キャンペーンでいいもの当たるんじゃないかと期待しています。

なんせ、WORLD WiMAX賞は「リゾートホテルに泊まる豪華ハワイ旅行4泊6日」ですから。それでなくても、最新夏モデル WiMAX内蔵パソコンや最新WiMAX 対応Wi-Fiルーター(WiMAX Speed Wi-Fi)が当たるかもしれないし~。

ま、意味不明の青いガチャピンと青いムックの人形はいらないけどさ~。

※それにしても、なんで、このページのガチャピンとムックは青いのでしょう? ww

「この英語って正しいんでしょうか?」と人力検索はてなできく。

2011-06-23-Thu
先日こんな記事を読みました。


記事によると、TOEFLの点数が、他のアジア諸国に比べて、「かなりの低さ」なんだそうです。

確かに、日本人は英語が苦手だろうなとわたしは思います。実証できないけれど、日本語の仮名文字というか、日本語の音韻がハンディになっているのではなかろうかと思います。ま、言ってもどうしようもないのでしょうが。日本語の「耳」で、外国語の発音を聞き分けるのは相当訓練しないとだめで、文法とか、リーダーとは別に耳の訓練が必要だろうと思うのです。これを中学時代に教えてくれたらわたしはもっとたくさん聞いただろうと思うのですが、中学の先生は「とにかく聞け」という、きわめて低レベルの教え方しかしてくれなかったので、めんどうくさいことが克服できなかったのですね。

もう一つ、記事に関する根本的な疑問として、この比較はどの程度有効なのかということです。

記事でも「反論」の第一にあがっていますが、TEFULを受けるのはどんな人なのか、つまり受験層の問題です。受験料や英語の教育を受けている層というのは、日本だとかなり幅広い層なのに対して、アジアの特に発展途上国となってくると、それなりのエリート層だったり、受験料の負担を考えると、それなりの富裕層のはずです。野球にたとえれば、出場選手の全員の平均をチーム打率としているのが日本が、クリーンアップの打率だけを計算している国々に「負けた、負けた」と言っているようなものです。そもそも比較に無理があると思います。

また、記事では、発展途上国では経済理論からいっても英語教育に力を入れる理由があると言っています。教育レベルを上げ、優秀な国民に海外に留学させることでに人材育成をはかるのです。それは個人の責任というよりは、国の施策でさえあるでしょう。「学ぶ側も学ばせる側にも英語を必死に勉強する(させる)インセンティブが日本のような先進国よりははるかに多い」と筆者は言います。現状のような結果は、ある種当然であると。

差があるのが当然というのをむりやり比較して、さぁ対策が必要だ、小学校から外国語を全員に習わせろなんて発想が出てくるのでしょう。多少はいいけれど、あんまり熱を入れすぎて、自国語を満足に使えない子を増やす……なんてのは勘弁して欲しいです。

とはいうものの、果たして、今後も日本人たちが英語なんてできなくてもなんとかなると言っていられるかは、残念ながら疑問です。大震災が起きる前から、経済は大丈夫か? 財政は破綻しないか? と言っていたくらいです。あんなに甚大な被疑を受け、打撃がないはずが、海外に学んだり、交流したりする必要がいっそう出てくるのでしょう。

だからと言って、なにがなんでも義務教育でというのは、やっぱり無理な面があるのじゃないかと思います。筆者は言います。

基本的にはいつも言っているようにこの問題に政府が大きく関与すべきではない。ほうっておいてもすでに英会話教室などはたくさんあるわけだから、そういったものによって自然と英語教育は行われるだろう。

もちろん、その場合は貧困層の子供達が英語教育を受けれないという不利があるかもしれない。

でもまあ、実際は別に教科書だけでも英語を身につける機会はあるし、高校生や大学生ともなれば適当にその辺の外国人でも捕まえて勉強しろやと思う。

つまり、強制的に全員やらせるというのではなくて、もっと民間の自然な流れに期待しようということのようです。強制的に全員やるよりもマシだと思うのですが、実際に、日本語の読み書きや計算などが不十分なうちから外国語をやらせても、消化不良の結果、外国語はもちろん、国語も九九もすべてダメなんて子が増えてしまいそうです。

さて、長い前置きになりました。

一応私は大卒です。受験をしてきましたし、英語も中学校からですがずいぶん時間をかけて取り組みましたが、ついぞ身につかないできました。英語は嫌いでも、なんとかしようと思って英文法を一生懸命勉強したので、文法はそれなりに身につき、日本語の文法を考える参考になっています。

そんなわたしですので、時々見る英語表現が妙に気になることがありまして、こんなふうに映画のタイトルなどにいちゃもんをつけたりしているのです。
 → 過去記事:「映画:「ゴジラファイナルウォーズ」~コロナで
 → 過去記事:「映画「THE有頂天ホテル」~ユナイテッドシネマで
 → 過去記事:「人間と精神のための椅子~岡崎市美術博物館

そして、また、見つけてしまいました~。これです。




これ、JAFに20年間登録していると送ってくるステッカーです。オンラインゲームで言えば、一つのステータスアイテムみたいなものですね。20年間で1度しか使った記憶がありませんので、長期的には赤字ですけれど。

わたしが、へんだなと思った点、わかりますか?

HOME NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。