David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

スポンサーサイト

-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一周忌を前に~「父の死」をめぐる言葉

2011-04-29-Fri
先日、知り合いのご尊父の葬儀に参列することがありました。

二人姉妹の長女で、二人とも結婚して姓が変わっているので、建前上の喪主は、しっかりしているものの高齢な故人の奥様となっていたのですが、葬儀でお見受けしたところ、実質的には葬儀全般をご姉妹で仕切られ、会葬のお礼などの喪主のあいさつも長女である知人がしていました。

半年ほど前、脳梗塞に倒れ、入院もなさっていました。二月ほど前に、「胃瘻(→胃ろう)」についての意見を求められたことがあり、「うちは癌だったし、父が無駄な延命はいらないという考え方でもあったので、あまり考えたことはないが、医師の言うとおりにするしかないでしょう」と答えると、「そうすると家に帰ってこられなくなるから、他の医者を探したい」とおっしゃっていたのを記憶しています。彼女はもちろん自分の考えのとおりにしたわけです。

その判断に正解不正解を問うことはないと思います。当初担当されていた医者は、医学的には、あるいは「胃瘻をしていたらもっとコントロールできたかもしれない」というような仮説を持つかもしれません。手を尽くすというやつです。それは医学的技術的なことであって、人生はそういう単純なものではありません。心を尽くして出された本人やご家族の判断を尊重するしかないと思います。

そんな背景を知って出た葬儀。彼女の親族代表のあいさつを聞きました。会葬の礼を述べ、故人生前の思い出や近況を述べる中に、大らかで強い父親像が思い浮かびました。「こんなに突然亡くなるとは思ってもみなかった」ということを涙に咽びながらにおっしゃられたのです。そのとき、私自身が喪主をした父の葬儀のことを思い出しました。わたしはこんなに涙が出なかったし、こんな形での昂ぶりはもなかったなと思ったのです。

父の葬儀をしてから、親戚や知人の家の葬儀に参列すること5回。わたしは喪主のあいさつ(会葬のお礼)を毎回聞いているわけですが、たぶん、わたしのが一番長かったと思います。ただ、父のしたたくさんのことをたくさんしゃべりたいってことはあって、同時に、長くなりすぎてはいかんという気持ちもどこかにあったということを覚えています。ただ、正直に書くと、自分で時間をセーブしたので、言い足りないという不満が残っていたのかもしれないと感じていたのです。もっと、もっと時間をかけて話さなければ、あんなふうに涙が流せないのではないかと、ずっと考えていたのわけです。

だって、わたしは、正直なところ、父が亡くなっても、思ったほど悲しくないんですから。

スポンサーサイト

ゴールドメンバーがちゃんちゃらおかしい、auショップの不快な対応w

2011-04-25-Mon
先日わたしの携帯電話が故障することがあり修理に出しました。

キャリアはauです。家族で使うこと6~7年。ロイヤルメンバーステージでは、ゴールドメンバーです。
 → auのロイヤルメンバーステージのページ

そいつが故障しちゃいました。今の機種にして2回目の故障です。あれは確か、2年前の夏に買い替えたと思います。
 → そのころの過去記事:「おい、もう少しユーザーの言うことを信用しろよ。
 → ついでに、わたしのauへの愛情(?)がうかがえる過去記事:「わたしもSOFTBANKに変えたいと思う話

ああ、こんな過去記事を読むと、なんかハマってる、ハマりつづけている、という感じさえしますね。2年足らずで2回目の故障をしてしまったんですから。ただ、幸いなことに保証というか、保険なのかな、今回もまた、無償で修理してもらえました。ま、その点はいいんですけどね、でも、2年しないのに2回故障って、それってどうよと思います。KDDIやauショップの方々は、どうお考えなんでしょうか? それは聞いてないですけどね、たぶん、わたしはこう言われるだろうと推定します。

そいつは、メーカーの責任でauとは関係ないことですので」って。

これがauの立ち位置です。

ま、確かに、機器の故障はメーカーの責任(または使用者側の問題)で、ショップには本来責任がない。契約上窓口になっているから顧客から預かって、メーカーに送り、修理が終わればそれを顧客に届けるのが仕事ってわけですからね。わたしは、今回の故障と修理で、そういうauショップの立場が身にしみてよくわかりました。

合理的にはそうなのだけど、なんでしょう、ネット上では、ロイヤルステージだのゴールドメンバーだのとちやほやされる一方で、リアルでは、「メーカーのことはメーカー、アプリのことはアプリ、それはショップに聞かれてもわからない」という考え方を、2年足らずの間に2回めの修理に行った店で、強烈な不快感とともに思い知らされる、これっていったいなんなのだろうと思ったのです。

もっとも、今回のやりとりには、2回めの修理ってことが微妙に影響しています。それは、あるアプリをめぐってです。

わたしはじぶん銀行のアプリと電子マネーEdyのアプリをよく使っています。この組み合わせの便利なことは、ケータイの操作だけでEdyにチャージができるということです。いちいち店舗や機械でチャージしなくて、それこそ布団の中でできるんです。じぶん銀行とEdyはないととても不便なんでした。携帯故障というのは、この不便さを味わうことになるのですね。

さて、先回の修理したときは(たぶん半年くらい前だったと記憶)、Edyのアプリについて、代替器では扱わないようにして、今までEdyにチャージしている残高金額を、言わばいったん凍結(この言い方が正しいかどうかはわかりませんがイメージです)という形にして、修理が完了したときに再スタートして継続利用できるようにするということだったのです。で、そのときはショップの側(店員の側)でその操作を全部やってくれたということがありました。

ところが、今回の修理では、その操作を自分でやれというのです。修理の依頼に行ったときのことです。

:「なんで前にはしてくれたのに、今回はしてくれないの?
:「すみません、そういうことになったので」
:「え? そんなら仕方がないですね。教えてくれたらやりますので、教えてください」
:「はい。Edyに入って、登録して……」

これは後になってからの推測ですが、時期的にスマートフォンが普及してきて、たぶん、そのあたりのアプリの関係や電子マネーの引継ぎの手順が整理されて、機種変更や修理の際にスムーズに行くようになったんということでしょう。あるいは、先回の修理の際はカーソルを移動させるためのジョグボタン(?)の故障だったので、操作しづらいということもあって、特例的にショップ側がしてくれたのかもしれません。とりあえず、1回めの修理の際には店がやってくれたことを、今回は、客側がやることになっていました。知らない操作を人前ですることは、ストレスですが、ま、直してもらえないのは困りますし、電子マネーも大切ですんで、きちんとやり、わたしは修理を出しました。

そして、10日も経たずに修理完了の電話があり、受け取りに出向きました。思ったより早くできて、わたしは喜んでいました。

:「修理品の受け取りにきましたが、(修理申請の)紙を忘れました」
:「では、本人確認のため身分証明書を見せてください」

移動するデータがあるかとか聞かれて、わたしはお願いをしました。今回の店員はアルバイトっぽかったけど、はきはきと進んでいい感じでした。わたしは修理完了書を見て、「(落下防止のため)電池格納部分にシールを貼ったので、剥がさずに使ってくれ」というような文言があるのを見つけました。1回めの修理の際にも書かれていました。わたしはシールを剥いだ記憶はなかったけれど、どのシールか確認してなかったので誤って剥がしてしまったことがあったのかもしれないと思いました。

:「これって、どのシールですか?」

とたずねました。店員はわかりませんでした。文面を読み、電池格納部分という言葉が理解できないようで、電池自体を取り上げて、この周りにシールを貼ったのだろうと説明しました。

:「いや、それは違います。それは格納部分じゃない。この蓋のところのシールでしょうか?」
:「いや、それは電池蓋ですから」

なんだか、競争みたいな感じになって、嫌な感じでしたが、その挙句に店員が言った言葉は驚きでした。

:「店員でも修理のことでわからないことはあるのですね

そんなことはわかっています(笑)。説明されなくても。わたしが知りたいのは、あんたが知ってるかどうかではなくて、修理完了書に「そのシールを剥がすな」と書いてあるだが、そのシールがどこかということなのです。だってそうでしょ、そう書いてあるのですから、それがわからないといけませんよね。困るのはこっちですから。

修理の詳細を聞いているんじゃないわけですし、わたしは思わず、「じゃ、問い合せてください」と声を荒らげてしまいました。若い店員は「はい」と言って電話してしてくれました。やや、イライラしましたが、それは、「最近の若い店員」が、ま、ちと経験不足なだけだと思って、ま、それ以上言いませんでした。

実際、彼女はけろりとして、そのことを気にするふうでもなく、普通に対応して携帯の受け渡しが終わったので、ま、わたしも気分を直して、「ありがとうね」と一旦店を出たのです。

萩原朔太郎の「死なない蛸」を読み返してみる。

2011-04-19-Tue
こんな話を見つけました。

ニュージーランドで猟奇的な事件があった。

28歳の男性が自分の指を切り落とし、野菜と共に調理し、食べた。
カンニバリズム(人間が人間の肉を食べる行為)は宗教的背景も含め歴史的には様々な事件があるのだろうが、自己カンニバリズムと呼ぶべきケースは稀少で、世界でもこれまでに8件しかレポートされていない。
 → Platinum Telescope:「【猟奇的】 自分の指を切断して食べたうつ病男性」(2011/04/19)

ちと生々しくなるでしょうか、こんな内容です。

行為に至る前、男は深刻な不眠症に陥り、自殺観念や指を切り落とす行為について数日間考えをめぐらせていたようだ。この観念から逃げ出す為、最終的に彼は電動ノコギリの刃で指を切り落とし、野菜と共に調理してその肉を食した。
 → 同記事


こういうことって、人間でもあるのですね。いや、ヒトは最も雑食な生命体なので、ま、あるとしたらヒトが一番ありそうなんですが、ま、記事によるとこれまでに8件の報告があるようです。このご時勢、自傷、自殺は恐ろしいほどの数がありますが、さすがに調理して食べるというのは、想像を絶するエネルギーが必要でしょう。恐ろしいです。

「人間でもあるのですね」と書いたのは、わたしが、蛸は飢えると自分の足を食すると聞いたことがあったからです。いつどこで聞いたのか忘れたのですが、高校時代に読んだ、萩原朔太郎の詩で知ったのかもしれません。けっこう知られた話らしいんで、それ以前から知っていたのかもしれませんが……。朔太郎は、おそらく今でもわたしの精神に巣食っている、我が青春の作家の一人です。

朔太郎の「死なない蛸」はこんな詩です。
 → 「死なない蛸」(http://nsss.tumblr.com/post/592972569)
 → 「死なない蛸」のとってもいい朗読のあるページ(「しゃべりたいむ」)

旧字旧仮名が読みにくい方のために、 
 → ヤフー!知恵袋:「萩原朔太郎の死なない蛸の解説をしていたたけないでしょうか?」

今日は、ちょっと、朔太郎の「蛸」を読んでみます。

FC2なら普通に平気なのに~アメブロのアクセス規制に遭遇する

2011-04-17-Sun
FC2ブログなら普通に書いて、普通に表示できることなのに、アメーバブログだと、「不適切な表現」ってことでアクセスが規制されてしまうってことに遭遇したので、ちと書いておきます。

数日前、みやびさんのこちらのブログ「馬で世界を駆け巡る:パリの大和撫子徒然草」に、わたしの記事が紹介していただきました。紹介された記事はこれです。
 → 過去記事:「「官能的」と性愛~日本人のセックス

うちのこの記事は、比較的人気記事の一つで、ソッチ系ではこの記事この記事と並んで、時々アクセスが増えることがあります。わたしは、若い頃から、高橋鐵団鬼六を愛読していてて、けっこう語らせたらうるさいと自分では思っているのですが、実際、リアルで語ると、今時酒の席でもセクハラ扱いされるので、どうしても黙ってしまうわけなんですが、ま、ブログでエロを押さえて、いくらか知的な匂いで書けばいいのだろうと思って、ま、いやらしくならないように書くようにしています。

ま、上の並べた記事は、そうしたものののつもりなんですけどね。

で、みやびさんは、そんなわたしの記事を読んで、「おもしろい視点だ」(わたしの記憶では)と褒めて下さりました。そして、確か「日本人はどうしても性を恥ずかしいもの、汚いものだととらえているようだ」という指摘をなさっていました。それに対してわたしは、返事を書こうと思っていたのです。すぐ書けばよかったのですが、こっちも最近ことにリアルが忙しくてなかなかまとめて書けないので残念なのですが、で、さて書いてみようかと思ったら、こんな状態でした。

ameba_out01.png
 → 馬で世界を駆け巡る:パリの大和撫子徒然草:「日本人のセックス観


最初は、何が起きたのかくわかりませんでしたが、どうも、アメーバブログには「NGワード」というのがあって、それを含む記事にはアクセスに規制がかかってしまっていて、読めないということだと理解しました。

一読する限り、特にわいせつとかでない普通の表現だと思っていましたけれど、ま、アメーバブログは「健全なサイト運営にふさわしくない言葉・表現が含まれている可能性がある」ということで、自動的にアクセスを遮断しているようなのです。

もう、条件反射的に、「可能性がある」なんてレベルでアクセスを規制するなんてこと自体が「健全な運営」とは対極にあると思うのですね。こういうのを「健全な運営」と考える風潮があるから、たとえばこういう児童ポルノの規制などでも、大丈夫かと心配になるのですね。



ま、こっちの方は

遮断の対象となる有害サイトの情報は、警察やサイバー空間を監視する団体が、3月に設立された「インターネットコンテンツセーフティ協会」に通報。同協会は医師らの意見を聞いた上、児童の権利が著しく侵害されていると判断したサイトをリスト化して、プロバイダーに遮断を要請する。

とあるので、ま、お医者様たちがどの程度かはわかりませんが、アメブロよりははるかにましでしょう。

それにしても、ブログがこんな形(アメブロの機械的な遮断)で、「可能性がある」ってだけで遮断されるなんて、よく、ブロガーたちは黙っているもんだと思います。これが妥当というか、当然というか、当たり前の措置だとおもっているのでしょうか? それともなにかな「可能性がある」という段階では一旦機械的に遮断するが、あとで人がきちんと見て遮断を解除するんでしょうか。もしそれなら、わたしがユーザーとしても一応は許容しまうけど、ずっとこんな機械的遮断のまんまなら、わたしはとっととのりかえますけどね、FC2ブログに。

HOME NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。