David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

スポンサーサイト

-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セクハラサイコロとか、暗号テストとか、お葬式クイズとか~あまりに今風な

2010-10-31-Sun
ちと、教師の不祥事報道が続きました。

しかも、交通事故とか、痴漢などの学校外でのわいせつ行為とかではなくて、個人情報の漏洩とか公金の着服などではなく、授業やテストなど、教室という教育現場のど真ん中でおきたという点で共通しています。

ほかにもあったかもしれませんが、今回に目にしたのは、校長暗殺事件のダイイング・メッセージのクイズを定期テストの一部に出題してしまった高校の先生、恋しい人にもう一度会うためには妹を殺すのが正解というクイズを授業でしてしまった小学校の先生、授業中の私語などの指導のペナルティを「セクハラ・サイコロ」で決めて実施していた小学校の先生の3人のケースでした。

最初のは、わが愛知県の商業高校でおきました。「総合実践」という科目のテストでした。

 「校長が暗殺された。犯人は」-。愛知県立東海商業高校(東海市大田町)の中間試験で、同校教員の名前を入れた選択肢から、犯人を選ばせる問題が出されていたことが23日、分かった。架空の設定で暗号解読により回答を導く問題。同校によると、出題した男性教諭(24)は「柔軟性を試すためだった」と話しているという。
 国枝裕校長は「不適切な問題だ」として教諭に厳重注意した。
 → jiji.com:「「校長暗殺犯人は」=中間試験で不適切問題-出題教諭に厳重注意・愛知県立高」(2010/10/23)

これは、全く問題がないかといえば問題がないというわけではありませんが、素直にたいしたことはないという感想を持ちました。「職員室で校長が暗殺された。校長が血で書き残した文字を手掛かりに犯人を当てましょう」という趣旨の出題で、そのダイイング・メッセージが「41124」だったんですね。このくらいのブラックなクイズは、別に、テレビでもどこでも普通にゴールデンタイムに放送されてるんじゃないかと思います。

たぶん、授業の息抜きくらいだった、ま、問題にならなかったでしょう。ただ、選択肢が実在の先生7人の名前であったところが、ま、ちとやっちゃったかなってところがあります。もう一つ、「こんなのが試験問題かよ」という点がちょっと大きいですね。科目も「総合実践」なんて名前だから、何を実践するの~? なんて嫌味を言われてしまいかねない点も指摘できますけど、まさか、全部がこんな問題じゃないでしょうからね。

それに、実際、営業なんかではこういうちとしたおしゃべるネタが役に立つってこともあるんじゃないかと思いますよ。業種によってはね。

次に話題として入ったのが、東京の小学校の授業でのクイズの件でした。

 東京都杉並区教委は23日、区立浜田山小学校で3年生の担任の女性教諭(23)が、正解は「妹を殺すこと」というクイズを出す不適切な授業を行ったと発表した。同小は同日、保護者会を開き謝罪した。
 杉並区教委は「非常に不適切な行為。今後繰り返さないよう指導に努める」とコメント。教諭や校長に厳重注意するとしている。
 → jiji.com:「「妹殺す」が正解?=東京の小学校では不適切授業」(2010/10/24)

高校の「校長暗殺」に比べて、こっちの方が、深刻さはあります。

高校生と小学校3年生という違いも、教育的な視点からすると大きな違いです。ネタが「恋しい人と会いたいために殺人をする」というのが「正解」というクイズ(正確にはパズルになると思いますけど)を、授業中に扱うというのは、不適切と言われれば「不適切」でしょう。ただ、どういうシチュエーションでなされたのかよくわかりません。算数の授業らしいけれど、それを材料にして何を伝えたかったのかということも、この先生に聞いてみたいです。ま、今回は、そういう点からみて納得できないので、こうして話題になったということも大いに考えられますね。発想の意外さ、論理的な柔軟さという点では、昔はやった、ナンセンスパズル的なおもしろいさを認めることはできると一応は思います。

ただ、この「クイズ」について、今回のことがきっかけで知ったのですが、「サイコパス診断テスト」と言われているものの改造版みたいなんですね。
 → らばQ:すぐ簡単にできるサイコパス・テスト らばQ:すぐ簡単にできるサイコパス・テスト らばQ:すぐ簡単にできるサイコパス・テスト
 → サイコパス(性格異常)診断 サイコパス(性格異常)診断 サイコパス(性格異常)診断

ここまで承知で質問していたとなると、生徒がサイコパスかどうかを診断していたのか? なんて話になって、ますます、複雑な要素が出てきますね~。

ただ、わたしが言いたいのは、このお二人は、いくらか問題もあるが、こうしてマスコミでニュースにするほどのことでもないんじゃないのかと言うことです。どちらも、保護者が学校に意見を言って、学校側が事実確認と事後措置を講じたら済むようなななしではないかと思うんですね。

この二人の若い先生は、こんだけテレビやゲームなどが子どもたちの間に広がっている現状の中で、なんとか、生徒の目を向けさせようとしてる結果だと思うんですね。問題にしなくてもいいんじゃないと言うことじゃなくて、ここまで、マスコミが報道しなくてもいいんじゃないのかなぁと思うのです。

だってそうでしょう、そんなこと、どうしてマスコミが知るんですか? マスコミが教育問題を嗅ぎまわってるんでしょうか? そうでなくて、誰かが、通報してるんじゃないかと思うんですよね。……だとしたら、学校と保護者、学校と社会の信頼関係がそこまで壊れてしまっていることの方が、むしろ問題なんです。

こんなことをしでかす先生が出てきたということと同時に、こんなことを書くマスコミが出てきてしまってる世の中の問題も、マスコミも考えてほしいと思うんですよね。


スポンサーサイト

映画:「THE LAST MESSAGE 海猿」~台風14号の中

2010-10-31-Sun
「THE LAST MESSAGE 海猿」の3D版を見てきました。折しも台風14号が来ている中で。映画の中で13号だったのが、なんだか、なかなかタイムリーに感じられてました。

ま、「海猿」シリーズが好きだったり、伊藤英明が好きだったらこれでいいかなと思いますが、ま、わたしとしては、ちと、ものたりないって感想ですね。

まず、3Dって、一緒に行ったFが、「途中から3Dが消えちゃいましたよね~』って言ってました。確かに、冒頭の文字や、明るい場面では非常にはっきりと3Dだってわかるんですけど、レガリアに入って以後、ほとんど3Dを実感できません。最後の陸上のシーンになって、あ、控えめな3Dだったのかなって思わないでもないのですけどね、このために、差額払って、メガネの上にメガネして3D見たのかと思うと、何だかな、と思いました。

こちらのブログのケンさんのコメント欄によると、

『海猿3』 は、“3D専用カメラ” で撮影しておらず、、
通常撮影した物を後から “3D用に変換処理” した映像らしく、、
そのせいで?、あまり飛び出して観えなかったのかも…。

という事情があるようです。

あ~、この手の便乗は、せっかくの作品にケチつけますからね、やめた方がいいでしょ~。無理して3Dにしなくても、レガリアはよく出来てました。セットあり、CGありだと思いますけどね、迫力あるシーンになっていたと思いますんでね。こんなことで「東宝の3Dはショボい」と言われたら、つまらないですからね。


 → 公式ページ


中国も格差社会なんですね~反日デモとロスジェネ

2010-10-20-Wed
書架の「ロスジェネ」って薄っぺらな冊子を手に取った。発行は2008年6月、新左翼マガジンなどと書いてある。



見出しは「秋葉原無差別テロ事件 『敵』は誰だったのか?」と、赤い字で書いてある。

2008年の6月8日、加藤智大が秋葉原であの事件を起こす直前に、ネットの掲示板に彼が投稿していた全文が掲載されているということに興味をもって買い求めたものだった。当時の感想は、短すぎて文章になってないじゃん…ってなものでしかなかった。劣等感というか、コンプレックスと焦りみたいのは感じたのだけれど、文章というよりは、つぶやきの羅列みたいな、短く、表層的な言葉のような気がして、わたしのような長文書きには、正直なところ、ここから何かを読み取るのは、ちと難しかった。事件が起きた後から、いろいろ結びつけるようなことは、それなりにできるのかもしれないけれど。

いかなる事情があろうとも、無差別テロ、無差別殺人は容認できないということに変わりがないが、この事件をめぐって。派遣社員や非正規雇用、そしてニートなどの存在がいっそうクローズアップされた。不況下の格差社会が生んだひずみに生きる現代の若者たちは、ロスとジェネレーションであり、本人の責任というよりも、時代的、構造的な原因によるところが大きい。そういう意味では社会全体に責任があるという一つの指摘は、おそらく正しいと思う。しかし、だからといって、誰かが救いの手を差し伸べてくれるかというと、どうも、そういうことにもなっていないようである。

だからと言って、無差別殺人、無差別テロは絶対によくない。

今頃になって、なぜ、こんなことを書き出したかというと、中国である。一見尖閣列島の問題で反日デモをしているようだが、その実、都市部と地方との格差からくる、民衆特に若者の抗議の表明であるという解釈もなされているようだ。

破壊を伴うデモを賞賛してよいものかどうか迷うところもあるが、どうだろう、鬱々とするあまり無差別テロとして暴走するよりは、何倍も健全であり、何倍も強力であり、何倍も素敵だなという見方も成り立つような気もするのだが。

日本の若者は、デモはしないのだろうか……。


「存」や「在」の三画目は上に突き出すか?

2010-10-19-Tue
ある日、いつも元気なT(以下)が青い顔をしてやってきました。

:「出人さん、出人さん、ちょっと話がある~」

がこんな顔をする話は、ま、わたしにとっては、そこそこおもしろい話です。Tは原則無駄な話はしません。結果的に力及ばず、無駄な時間に終わることはあっても、時間をかけて考えたり調べたりするにはおもしろいテーマを、時折なげかけてくれる、ま、楽しい友人の一人です。

:「出人さん、『存在』の『存』を書いてみて~」

ん? わたしは(以下)はしばし考えた。何かを試そうとしているが、「存」となったら……、あの話かなと、わたし()にはピンと来るものがありました(そもそも、こういう話はわたしにするものだとTの方でも決めているわけですよね)。

:「それってあれ? 出るか、出ないかってこと?」
:「お、すごい! なんでわかった~」
:「いや、以前『耳』で同じようなことがあって~」
:「あ、耳。耳偏?」

わたし()が思い出した『耳』の話は、今でも時々コメントがつく、ま、うちのブログの人気記事の一つです。
 → 過去記事:「「聞く」という漢字の「耳」ははみ出すか?」(2007-09-15付)

このときは「「耳」という漢字の5画目(一番下のよこ棒)が右に貫くが、「聞」のときはどうか」という問題であり、今回は「存」や「在」の3画目は上に突き出るかどうかという問題なのです。どちらが複雑かというと、「耳」の方が複雑な事情がありますよね。「耳」の時は貫くのが普通ですが、じゃ、「聞」や「聴」のときは貫くの、貫かないのってな話になって、ま、二段階なんです。

ただ、結論から言えばはっきりしていて、「聞」も「聴」も「存」も「在」も答えは同じで、「少なくとも文科省はどちらでもいいと言っている」ということになるんですね。

過去記事(「俺はダメなのかよ、常用漢字。~新常用漢字案の案」)で書いたのですが、近年見直しをされていた「改訂常用漢字表」が、この夏正式にスタートしました。その中に、漢字の字体について次のような記述があるのです。

ここに挙げているデザイン差は,現実に異なる字形がそれぞれ使われていて,かつ,その実態に配慮すると,字形の異なりを字体の違いと考えなくてもよいと判断したものである。すなわち,実態として存在する異字形を,デザインの差と,字体の差に分けて整理することがその趣旨であり,明朝体字形を新たに作り出す場合に適用し得る デザイン差の範囲を示したものではない。また,ここに挙げているデザイン差は,おおむね「筆写の楷書字形において見ることができる字形の異なり」ととらえることも可能である。
 → 参考:改訂常用漢字表(PDF)

で、問題の「突き出すか、突き出さないか」(「貫くか、貫かないか」、「交わるか、交わらないか」)に関しては、次のような用例をあげています。
sonzai.jpg

つまり、これらの字については、デザインの違い、つまり、どちらが正しく、どちらかが間違いというではないということを認めたのですね。

それはそれで妥当な結論といえるでしょう。「士」と「土」や「未」と「末」のように違う字が存在しないのならば、実際全く困らないわけです。困ってないから、実際、いくらだって流通しているわけなんですね。

というわけで、「どっちだっていいと考えて全く不都合はないようだよ」というのが、Tにわたしが言った結論で、それで問題はないんです。

HOME NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。