FC2ブログ

David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

映画:「十三人の刺客」~劇場で

2010-10-11-Mon
役所広司主演の「十三人の刺客」を見てきました。

一言感想は「長っ。でも、すごい迫力」ですかね。一緒に行った家族は「怖っ。こういうの苦手だわ」でした。


 → 公式サイト

この作品の存在は、劇場の予告でたぶん知ったのですけれど、タイトルを聞いたときに思い浮かべたのは、「13ウォーリアーズ」でした。アントニオ・バンデラスの、ま、ものすごくおもしろく、迫力のある映画だったのですが、この「13ウォーリアーズ」という邦題が気に入らなかったので(→過去記事)、映画の内容よりもそっちをよく覚えてしまっています。まさか、その日本版リメイクではあるまいなと内心心配していました。

それは全くの的はずれでした。後で、Wikipediaで同名邦画のリメイクであることを知りました。オリジナルは1963年の作品(工藤栄一監督)だそうです。これ、たぶんモノクロでしょうけれど、それだけに緊張感が出ると思うので、見てみたくなりました。

さて、感想です。

思いつくままを箇条書きにしてみようかと書き出したら、

・稲垣吾郎はよすぎ。ああいう、ちょっとイッてるキャラはものすごくうまい。特に4人が柵を越えたシーンでは「逃げるのか? 余はもっと楽しみたいぞよ」って言って、あおざめる家臣を尻目にUターンして欲しかったくらいです。それが残念。
・あの蹴鞠が転がっているシーンは、あれは伏線だったのですね~。
・小弥太(伊勢谷友介)を切って、「本物のサルはこんなに硬いのか?」て感想を言葉にしてほしかったですけど、あれではね~。

と、なんだか稲垣吾郎やその役に関する感想ばかりが出てきてしまうのですね。すごいなぁ。稲垣吾郎~。

もちろん、そればかりではありません。

すごいセットです。それを惜しげもなくぶっ壊して、燃やしていくんですね。迫力があります。グロいシーンや血みどろシーン、アクションシーンや細かなギャグもあって、緊張と弛緩をうまくコントロールして、長い作品になるのを配慮しているなと思いした。

戦争というか、喧嘩というか、壮絶な殺し合いのシーンが、特に後半はそればかりになるのですけれど、それぞれの人生の中の一つのクライマックスとしての戦いになっているわけなんですよ。つまり、13人のそれぞれが、今回の刺客としての仕事に出くわすまでは、なんというか、一種のモラトリアム状態で生きてきたわけなんです。

モラトリアムという言葉がそれを言いあてているかどうかは微妙です。生きている実感を喪失しているというか、ある種世捨て人状態というか、ま、わたしは「モラトリアム」と呼んでみましたが、それって若者的な視点でして、新左衛門(役所広司)や左平太(松方弘樹)にもそれが当てはまるかどうかは微妙なんです。峠を過ぎてしまった男が、過去を振り返り物足りなさを感じてるというのがいいのかしれませんが、そうしたものを込み込みで、わたしは「モラトリアム」という言葉でイメージしたのですね。

彼らは侍、武士としてその時代に成を生を受けたのですが、この太平の世になんのために「武士」などをやっているのかという疑問にぶち当たるわけですね。武士としてのアイデンティティを見いだせないのです。修行をして腕を上げたところで、果たしていつ己の剣が役立つ時が来るのか、そんな目的の喪失というか、虚脱感というか、倦怠の中を生きているんです。

釣りだったり、酒だったり、博打だったり……。逆に、ただやみくもに剣の修行に打ち込んでいたり、彼らは生きている実感を持てないまま、いつ来るかわからないその時をずっと待っていた……という感じなんでしょう。ま、それは、現代的な課題なんですけれど。

そうして、その時が来る。大雑把に言えば、「刺客」の任を得て、はじめて自己の生まれてきた本当の意味を知る……、みたいな感じです。この13人は……。ま、正確に言うと13番目(伊勢谷)は武士でなく、山賊という自由人の立場です。そこは、侍たちよりもさらに現代人に近いかもしれません。当時の侍たちには異邦人的でさえあります。その存在が、武士だけの問題というよりも、この目的喪失状態でいかに生きるかという課題に、現代性というか普遍性を与えていると思います。

ま、そうした13人が、暴君を討ち果たすという活躍の時を得て、活き活きと動き出すのですが、果たして見事に大願を果たすことができるか……、って映画なんですね。

メタボに効くトレハロースを検索して見つけたゆるキャラCM

2010-10-04-Mon
睡眠障害と並んで(というか、CPAPでかなり改善してますが)、わたしを悩ませているのは、メタボリックシンドロームというか、もう、投薬するほど悪いのですが、要するに、生活習慣病です。

で、トリハロースってのが、なんだか素敵な感じなんですね。

 → メタボ予防にトレハロース 林原生物化研が脂肪肥大化抑制効果発見 (フジサンケイ ビジネスアイ) - Yahoo!ニュース メタボ予防にトレハロース 林原生物化研が脂肪肥大化抑制効果発見 (フジサンケイ ビジネスアイ) - Yahoo!ニュース メタボ予防にトレハロース 林原生物化研が脂肪肥大化抑制効果発見 (フジサンケイ ビジネスアイ) - Yahoo!ニュース

記事によると、いわゆる、本来糖質は生命維持や脳の栄養として必要であるので、ただ、糖をカットするというのはよくないという指摘もある中で、今回話題になっているトレハロースは「体内でブドウ糖となり、栄養を補給しながら脂肪細胞の肥大化を抑えられる」という点で優れているほか、「食品のうまみを引き立てる働きを持つほか、鮮度保持やでんぷんの老化抑制にも役立つ」というメリットもあるそうなんです。で、林原生物化学研究所はそれを研究し、「でんぷんから大量生産する技術を確立」したんだそうです。

生産コストが大幅に下がれば、幅広い商品に応用され、いろんな食品から取り入れることで、メタボの予防ということにもなっていくわけなのでしょう。ありがたいですね。

林原商事(「トレハ何に使われてるの?」のページ)ではこんなマークを使って、トレハロース入りの商品をアピールしてるようなんです。

tore01.png



同じページに、使われてる製品の一部が紹介されてまして、けっこう気に入ってるグリコ・チーザ(カマンベールチーズ)にも使われてるんですね~。そのほか、先の記事によると「冷凍食品や生鮮食品、化粧品、飲料など7000社・2万点以上」の商品に使用されてるそうです。そうかぁ、もっと調べて、それをメインに間食生活を見直さないといけないか~と思いました(……って、ま、間食自体を見直すべきなんですけどね)。


【追悼】小林司~JSHC主宰者

2010-10-01-Fri
今年は変な年です。わたしにとって。

今まで書きませんでしたが、父を亡くしました。四十九日が終わるとまもなく父の義弟が亡くなり、さらに初盆が終わるとほどなく父の次弟が逝きました。実はさらにその前にも、親戚が相継いで亡くなっています。

親戚や知り合いの葬儀が続く……。高齢化社会ですんで、統計的に考えればそういうことになってくるんだろうと思います。わたしの両親の世代は、兄弟が多く、また、戦争にいかずにすんだ世代です。逆に言えば、戦後の経済成長期をまさに汗まみれになって生き抜いてきた方たちですけれど。そういう人の葬儀などで、いとこ同士が集まると、しだいになんだか笑えてきてしまうのはなぜなんでしょう。ま、後期高齢者なんですから、ある意味「天寿を全うする」という感じもあるのかもしれませんけどね。

こうしてブログを始めてから、時折、(思い出の)有名人の訃報に接すると、思いを記事にしたりしていたのですが、今年は、ちと書きたくても書けないということが続いていました。特に、プロレスラー山本小鉄は、記事を半分以上書いたのに、どうしても「ヤマハ・ブラザーズ」時代の動画が見つからず、頓挫してしまいました。

でも、今日は書いておきたいというか、短くてもいいから書かねばならないって思います。

小林司が亡くなりました。

 小林 司氏(こばやし・つかさ=精神科医、日本シャーロック・ホームズ・クラブ主宰)27日午前2時37分、骨髄異形成症候群のため東京都杉並区の病院で死去、81歳。青森県出身。葬儀・告別式は親族で済ませた。喪主は作家の妻東山あかね(ひがしやま・あかね、本名小林洋子=こばやし・ようこ)さん。
→ 47NEWS;「小林司氏死去 精神科医


「おたく」という言葉が定着して、もう20年以上になろうとしていますけれど、おたく文化は別に最近の若者(といっても「だいぶ前の若者」ってことになっちゃいますが)が始めたもんじゃないということですね。「シャーロキアン」という言葉があって、--初めて知ったが、本家イギリスでは「ホームジアン」と呼ぶようですが--、「ホームズおたく」ってのは世界中に、アニメやビデオ、ネットができる以前から存在しているんですね。

小林司は日本に「ホームズおたく」の会を発足させました。奥さんであり、おなじくシャーロキアンの東山あかねといっしょに。それが「日本シャーロック・ホームズ・クラブ」です。わたしも数年間、会員でした。画用紙に印刷したような会員証や手書きの会報を送ってもらっていたことがあります。ま、シャーロッキアンの足元にも及ばない、単なる、探偵小説好きだっただけなのですけれど。
 → 日本シャーロック・ホームズ・クラブの公式ページ
さて、追悼記事を書こうと思ったのですが、小林司自身の思い出はほとんどありません。だって、わたしはホームズが好きではあったのですが、残念ながら小林司のファンってことではなかったのですから。もちろん、小林司と東山あかね夫人によって出版された事典や写真集、ガイドブックなどの編著はいくつも買いもとめ、書棚に並んでいます。「シャーロツク・ホームズ大事典」なんかも。

あ、そうそう、あれはいつだったかな、「あかね書房は東山あかねとは無関係」みたいな告知文を読んだのが、妙に記憶に残っています。なぜだろう。

・小林司先生のご冥福をお祈りいたします。

RREVHOME