FC2ブログ

David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

睡眠障害:CPAPの治療は調子いいです~

2010-09-15-Wed
睡眠時無呼吸症候群と診断されたわたしのその後の経緯を書いていこうというシリーズです。

かれこれ3週間あまり、わたしはCPAPの治療を続けていることになります。
この間主治医の診察があり、どんな具合か尋ねられました。わたしは素直な感想を答えました。

はい、毎日着けて寝てます。当初はすごく効果があると実感されたのですが、最近では慣れてきました。外したいとか、ヤメたいとか思ったことはありません。毎晩必ず着けて寝るようにしています。嫌だと思わないほど効果があると思います。ただ、鼻がかゆいです。中学時代剣道部だったのですが、面を付けると、鼻の横が痒くなるのですが、そんな感じです。

そんなことを答えました。先生の答えはこうでした。

「クーラーをつけて寝てください。この後涼しくなっていったら、顔にだけ扇風機を当ててください。そうすれば汗をかきにくくなっていいかと思います。がんばってくださいね」

このアドバイスを受けて以来、顔に扇風機の風をあてて寝ています。今のところ、まだ暑い夜が多いので、苦になりませんが、この先、また、別の悩みが生じるかもしれません。

さて、次の2枚の画像を見てください。先回の記事(こちら)でも同じような図を紹介したのですが、CPAPの装着のイメージ図です。ただ、実際わたしがやってみて、このホースのつけ方はあまりお勧めできないと思うようになりました。

cpapx1.jpg
 → こちらのページより

CPAPx2.jpg
 → こちらのページより


実際、Webでいくつかのページを見ていると、上のようなホースの位置の画像をいくらでも目にするのですが、これだとどうしてもホースを肩などで押しつぶしてしまったり、寝返りのさいに手にひっかかったりもしてしまうんですね。


えっけんさんところで、コメントが長すぎると叱られる

2010-09-08-Wed
えっけんさんところの、この記事。

まぁたびたび話題に上がってくる問題ではあるのだけど「はてなブックマークでの発言は安全な場所からの攻撃で、ブログやTwitterでの発言とは違う!」というアレ。

今回の(私の中での)発端は、じっぽ(fujipon)さんのコレ。

(略)「安全な場所」って言っても、ブックマークで酷いこと書いて、いざとなったらすぐに逃げられる人とは、危険度が違いすぎるだろ。その「覚悟の差」を無視して「お前も同じ」って言う人たちには「お前らと一緒にするな」と言いたい。
Twitter / FUJIPON


この発言に対して、私がブックマークでコメント。

……以下略

   ekkenblog:「ウェブ上での情報発信の安全度とか危険度とかのハナシ」(2010-09-08)

この記事にコメント書いたら、コメントが長すぎるんで、複数のコメントに分けてみてくださいなんて叱られちゃいました。そんな面倒くさいことできないので、こちらでトラバ記事にしておきます。

今、このやり方がいいのかどうかはわかりませんが、少なくとも、ちょっと前は、こういう方法でブログを使ってましたんで~。

では、以下がわたしの書いたコメントになります。


(関係の記事などを)全部読めてるわけではないので、そういう意味で的外れなことを書くかもしれませんが、本記事中の最上の引用部分(じっぽ(fujipon)さんのtweet)は、「安全な場所から、気軽に誹謗できる」ということですよね。これは、パスワードがどのくらい破られにくいのかなんてレベルの安全性を比較しているのではないと思うのですよね。

何というかな、誹謗中傷された側から反撃をされたとき、もしくは、その「誹謗中傷」が「客観的な批判」からはほど遠い、極めて的外れだったり、偏見に満ちていたりしたときにに、どのくらい痛手を受けるかとういことだと思うのですね。

すると、ブログであれ、はてブであれ、tweetであれ、どのくらい自分のことを晒して活動しているかってことが問題になると思うのですね。実名と匿名を単純に比較すれば、一般的に、「実名>>匿名」ですし、「固定ハン>>捨てハン」くらいのことは言えると思います。

もちろん、所謂リアルな名前とリアルな職業で、ブログでもtweetでもやっていて、たとえば万引きの告白とか、カンニングの告白とか、極めてプライベートな問題な写真をアップしてしまったりしたら、危険なわけですし、継続的な情報が残るし、画像その他の情報量が多いだけ、ブログの方がtweetより危険ということが言えるかもしれませんし、ついつい気軽に書いてしまうので、ブログよりtweetの方が油断するので危険なんてことが言えるかもしれません。これは実生活の危険ですね。

また、実際の職業はわからないのだけれど、コテハンで自称医師として知られているユーザが、その発言が医師としてはおよそありえない倫理レベルだったり、無知だったりしたら、実生活はどうあれ、そのユーザのネット上での信頼度は下がっていくわけで、実生活に害はなくとも、ネット上の人徳を失うのは痛手ってことも言えると思いますね。実生活は安全でも、ネットユーザとしての信頼を失うのは、わたしだったら、とっても寂しいですけどね。

で、使い方は人それぞれであって、ブログをメインに書いてる人と、はてブを主な舞台にしてる人と、もっぱらtweet中心にしてる人と、いろんな人がいるわけで、それを一概に、どれが危険かなんてこと比べても、はっきりとした結論はでないと思いますね。(考えることが無駄とは思いませんけど。)

自転車とバイクとクルマ、どれが安全か? なんてことを比較するよりも、それぞれの安全な保管方法、利用法(運転技術や乗せてもらい方)、歩行者側からの注意の仕方を考えることの方が意義深いと思います。

むふふ。確かに長すぎるわ~w。

・きっと、何度か誰かが書いてきてることだとは思いますけどね。

FC2ノウハウコンテストに応募する

2010-09-08-Wed
わたしがほとんど休眠状態だった間に、FC2ノウハウなんてサービスができていたんですね。

で、先日の「クルマの窓についたガムの取り方~懺悔を込めて」って記事を、ノウハウに投稿してみました。
 → FC2ノウハウ:「クルマの窓についたガムの取り方~懺悔を込めて

ブログの記事の方にはコメントがあったけれど、ノウハウの方には全く反応がないんで、おもしろくなかったんですが、ほどなくして、FC2ブログの記事編集画面にもノウハウに同時投稿ができるようになったんですね。

knouhow.jpg

で、これは過去記事を編集するときにも可能なんで、もう、うちのブログでは年間を通じて人気記事になっている、「『御中』の使い方」を再編集して、このノウハウ投稿をチェックしてみたのですが……、記事の中で多用している絵文字や引用元のリンクがどうもうまくノウハウ側に反映できなくて、結局削除するにいたりました(汗)

ちなみに、ノウハウ記事の削除の仕方は、FC2ノウハウの管理画面に入ったあとで、「作成ノウハウ一覧」から削除できます。

簡単に示すと、
 http://fc2.com/より、登録メールアド、パスワードでログイン。
 → 登録サービス一覧の中の、FC2ノウハウの右側にあるツールアイコン(カナヅチマーク)をクリック。
 → 左側メニュー内の「作成ノウハウ一覧」をクリック。
 → 削除したい記事の左側にチェックをいれて、「削除する」ボタンを押す。

という手順で可能になります。(ちとわかりにくくて、実は問い合わせましたから。。w)

ま、こんな調子で、『御中』の使い方」の記事は削除することになりました。


そういえばCyberBuzzに入っていたのだった

2010-09-01-Wed
そういえば、うちのブログはCyberBuzzに参加していたのでした。そもそも、この半年くらいめっきり記事を書くペースが落ちていましたので、CyberBuzzの案件を記事にすることもなかったのですが~。

そのCyberBuzzが、ブログを書いている人や、読んでいる人を対象にして、ブロガーのトレンドを調査することを目的に、アンケートなどをやったりすることがあります。厳密にいうと、CyberBuzz関連のソーシャルメディア研究所ってところがやってるんです。さらにさらに厳密に言うと、ちょうど1年前の8月31日に、CyberBuzzが作ったんですね。ま、ソーシャルメディア研究所は満1歳ってことです。
 → こちら

さて、今回のアンケートですが、ブロガーのソーシャルメディアの利用状況の調査ということになるのでしょうか、たとえば、「mixiやtwitter、ブログ等のソーシャルメディア(以下、ソーシャルメディア)をご利用になられますか?」とか、「ソーシャルメディアを使う動機は?」「ソーシャルメディアはどのようなときに利用するか?」なんて質問が10問くらいあります。実際、ま、人によりますが、およそ1分程度で終わります。

今までソーシャルメディア上で、自身の悩みを公開したり、打ち明けたことはありますか?

なんて質問もあります。実際「悩み」というのは、ま、他人から見たらたいしたことがなくても、本人は真剣なんてものもありますし、自他ともに誰が考えてもそれは辛かろうなんてのることになろうかと思いますけどね~。

ま、自分でブログを書いていてもいなくても、ま、自分の日々のネット活動を振り返るきっかけにもなりますんで、一回やってみたらどうでしょうか~。いきなり年齢を聞かれるのは、ドキリとする方もいらっしゃるかもしれません。わたしも、別に聞かれてどうってことはないのですけれど、いくぶん内省的なところがありまして、「いい年して何やってるの?」と、暗に言われているような気がしてしまいましたもの~。

 → ソーシャルメディア研究所アンケート (※アンケートの回答は9月5日までです)

今回のアンケートに答えるだけでなく、過去に実施したアンケートの結果なんかも掲載していて、自由に利用できるようです。

たとえば、「ブロガーの4人に1人がTwitterを利用し、利用者の約4割が毎日利用」なんて結果が、この前の2月に出てるんですね。もちろん、今調べるともっと増えてると思いますけど。
 → 「第6回ブロガートレンド研究所アンケート調査 ~ブロガーの4人に1人がTwitterを利用し、利用者の約4割が毎日利用~

また、「旅行中も、ソーシャルメディア依存症候群 急増中!? ~旅の思い出をソーシャルメディアで公開する人は92%~」なんてのもあります。

こういう結果を時々ながめるのもおもしろいですね。

RREVHOME