FC2ブログ

David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

Title List

◆Date:2009年10月16日
全記事一覧

映画:「あらしのよるに」~DVDで

2009-10-16-Fri
先日の台風18号の被害はいかがだったでしょうか?

わたしの住む愛知は伊勢湾台風以来の大きさが直撃したとあって、大きな爪あとを残されました。わたしの実家も、カーポート(簡易車庫)の屋根が飛んでなくなり、フェンスの波板が破損したりしましたが、同様に被害のお宅はたくさんあったようです。また、屋根瓦の一部が破損した家も少なくないようです。ただ、今回の台風で非常にインパクトがあったのは停電でした。

停電というと、これまで落雷による停電は度々体験してきたのですが、そうした場合はすぐに復旧しました。落雷による停電がどうして起こるか詳しくないのですが、たとえば、一瞬の異常な電圧などを機器が感知して安全装置が働くというようなことがあるとしたら(ブレーカーが落ちるとか、ヒューズが飛ぶとかいう感じのが、変電所や送電所のレベルで起きるような)、それは機械を操作してやれば復旧はたやすいでしょう。また、落雷が送電施設のどこかにあったとしても、代替コースや迂回などで一部の復旧は可能でしょうし、修理にしても、落雷自体の危険性が去れば、ピンポイントで修理すむわけですから、比較的容易でしょう。

しかし、今回の台風は違いました。これは想像ですが、おそらく、複数の箇所で送電線が切れたり、電柱やその上の装置自体が破損したりということがあったと思うのです。全然復旧しませんでした。電気というのはただ流せばいいのではなくて、安全に流さねばなりません。切れて垂れ下がった電線に人が触れたら危険でもあるのです。

愛知県は午前9時半ころには警報が解除され、午後から開始した学校などもあったのですが、そんな感じでしたが、停電の復旧には時間がかかったところが多かったようです。日暮れを迎えてもまだ復旧しないという家もありました(最新技術オール電化の家などは怒っていました)。大型冷蔵庫に買いだめしてあったものもゴミになってしまいます。コンビニに弁当やおにぎりを買いに行っても、品物がありませんでした……。それでも大半は当日中には復旧したのですが、山間部(もちろん人が住んでいますよ)や、海に近い一部の地域(こっちはむしろたくさん住んでいます)では、翌日になっても復旧を見ず、ひどいところでは翌々日になってやっと復旧したというところもあったようです。テレビやパソコンも使えないわけですからね~。インターネットもあてにならんですわ。

停電以外では、高潮の被害や、ビニールハウスの被害が多かったようです。

こんな状況だったにもかかわらず、わが家は被害らしい被害もなかったので、「ああ、台風が来るのかぁ~」と呑気に思って、借りてきた「あらしのよるに」を見ていました。


スポンサーサイト



HOME