David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

スポンサーサイト

-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

厚生省「インフルエンザ脳症」のガイドラインを改定!~「エビデンス」

2009-09-29-Tue
不本意ながら、新型インフルエンザ関連の記事が続きます。

うちのブログは、決して保健や医療関連のブログではないのですが。

先日、「「インフルエンザ脳症」って~新型インフルエンザグラフ(16)」という記事を書きましたら、さっそくこんな記事がありました。

インフル脳症ガイドラインを改訂―厚労省研究班
2009年9月28日(月)12:30

厚生労働省のインフルエンザ脳症研究班(主任研究者=森島恒雄・岡山大大学院小児医科学教授)はこのほど、インフルエンザ脳症ガイドラインを4年ぶりに改訂した。2005年に初版を出してから、新たに得られたエビデンスなどを反映した。厚労省がホームページで公表している。

主な変更点は、▽けいれん重積型インフルエンザ脳症の病像が明らかになったことなどから定義を変更▽全身状態を保つ「支持療法」を、インフルエンザ脳症と診断される前から積極的に行うことの重要性をさらに強調▽抗ウイルス薬の投与などの「特異的療法」について、可能な限りエビデンスを追加▽リハビリテーションとグリーフケアの項に、脳症家族の会「小さないのち」の意見を広く反映―の4点。

わたしたち素人が見てもよくわかりませんが、「インフルエンザ脳症」に関して、研究が進み指針がさらに明確になったということではあるようです。(よく読んでいませんが、このページです。→厚生省:「インフルエンザ脳症ガイドライン」【改訂版の概要】 [PDFファイル/1.71MB]

ちなみに、この記事に出てくる「エビデンス」とは「科学的根拠」ということのようです(→はてなキーワード)。ちなみに、特に医学的な方面で使われる場合は「ある治療法がある病気・怪我・症状に効果があることを示す証拠、検証結果」「医療行為において、治療法を選択する際の根拠」のことを言うそうで(→Wikipedia)、さまざまな治療診断の実例や研究などから、科学的に根拠となりうる項目を追加したということなんでしょう。 記事はこんなふうに続きます。

主任研究者の森島教授は、「今回示した治療法の中には、まだ十分なエビデンスが確立していないものも含まれる。この点に留意して、家族の十分な理解のもと、治療を選択していただければ幸いだ」としている。また、現在流行している新型インフルエンザについては、「基本的な病態は季節性インフルエンザ脳症と大きな違いはないと考えられる」としている。

つまり、まだまだ十分に根拠が確立していない治療法もあるし、当然ですが、新型インフルエンザについては、従来のもの(季節型)と同じように考える以外現段階では考えようがないということですね。

前の記事で書いた、アメリカの「新型の方が季節型より、インフル脳症になりにくい」ということも、エビデンスが乏しいということなのでありましょう。
スポンサーサイト

「インフルエンザ脳症」って~新型インフルエンザグラフ(16)

2009-09-27-Sun
前の記事(→「なんと500人の集団感染も~新型インフルエンザグラフ(15)」)のコメントで、インフルエンザ脳症がこわいから、もし親なら、少なくともワクチンを打つまでは登校させたくないという趣旨のものがありました。

インフルエンザ脳症になったら、5割以上が死ぬか後遺症が残ります。
そんなハイリスクな人を一箇所に集めるなんて、正気の沙汰ではありません。
みんなで集まって、インフルにかかって、だれが脳症になるか、命をかけたゲームをしているとしか思えない。

ちょっと大袈裟じゃないのと思ったのですが、自分のまわりには老人はいるが、子どもがいるわけではないので深刻に考えなかったのですが、特に5歳前の子どもにとっては、かなりおそろしいもののようですね。

少し古いもの(最終更新2006年1月)ですが、平成10年厚生労働省人口動態統計より人口10万人における1~4歳の死亡原因では、第6位であったそうです。
第1位不慮の事故9.3人 第5位心疾患1.8人
第2位先天性奇形など5.4人 第6位インフルエンザ0.9人
第3位悪性新生物2.6人 第7位他殺0.8人
第4位肺炎2.4人 第8位乳幼児突然死症候群0.8人


わたしが子どもの頃にはこんな言葉知らなかったのですが、「インフルエンザ脳症」とは、主に6歳以下の子どもがインフルエンザにかかったときに発病する重い合併症で、毎年のインフルエンザの流行の季節に、全国で100~300人の子どもさんが発病してるそうで、当然、現在流行している新型インフルエンザの感染によっても発病するおそれがあるわけです。
 → 参考ページ:熊本県の新型インフルエンザ情報ホームページ

さらに上記のページでは、インフルエンザの症状(発熱等)に加え、

1. 「呼びかけに答えない」など意識レベルの低下がみられる
2. けいれん発作が30分以上持続する、けいれん発作を繰り返し30分以上意識が完全に回復しない、またはけいれん発作の後、意識障がいが続く
3. 意味不明の言動がみられる

などの状況が見られたら、医療機関で診察を受けるよう勧めています。インフルエンザ脳症の特徴として、インフルエンザの流行の規模が大きいほど多発するということですので、今回のパンデミックで、最も恐れなければならないことの一つは、これかもしれません。「死亡率は約30%であり、後遺症も25%の子どもにみられる」そうです。

今まで死亡者数グラフなどを作ってきました。死亡記事を拾っていて見えてくるのは、重症化する人の多くは高齢者で、深刻なのは高齢者や基礎疾患がある場合くらいでした。それ以外は心配ないと思ってましたが、どうやら、それも偏っていたと反省しています。お年寄りが罹って亡くなるのも辛いでしょうけれど、幼い子どもが罹って命を落としたり、そうでなくても後遺症に苦しむこともあるようなのです。これはまたこれで、いっそう辛いものですね。

はっさくさんのおっしゃるような、自己防衛のために学校を休ませるというのも、最初はちょっと大袈裟かと思いましたが、そうでもないかもしれないと思うようになりました。

とことで、以前ブックマークしておいた記事にこんなのがありました。アメリカのことです。

子の死亡、5歳以上に集中 新型インフルで米保健当局
2009年9月4日(金)10:25
 【ワシントン共同】新型インフルエンザで死亡した子どもは、5歳以上の年齢層やぜんそくなどの基礎疾患を持ったケースに集中していることが米疾病対策センター(CDC)のまとめで3日、分かった。5歳未満の死亡が多い、通常の季節性インフルエンザとは異なる傾向という。CDCによると、8月上旬までに米国では477人が新型インフルエンザで死亡。このうち36人が18歳未満だった。

こういう記事を読んでいたので、5歳未満は安心みたいな誤解を持っていたのですね。

一応、日本でも死亡したケースに関しては、現在までの最年少は7歳男児(滋賀)です。「インフルエンザ脳症」に関しても、季節型インフルエンザとは違う特徴があるということが、あるいは後々わかってくるのかもしれませんが、こうしたものは、安全に考えて、慎重に対処したほうがいいように思います。ちなみに、「我が国で多発し、欧米での報告は非常に少ない。」(→先のページ)というような傾向もあるようですので、海外の報告がそのまんま日本に通用するとは限らないということも、よきにつけ、あしきにつけ頭の片隅にとどめておいた方がよさそうです。

また、やはり熊本県のページですが、PDFにこんなことが載っています。

■解熱剤の使用には注意が必要です
強い解熱剤(例:ボルタレン、ポンタールおよびこれらと同様の成分の入っているもの)は、インフルエンザ脳症を悪化させることがわかっています。
インフルエンザの発熱には、医師が処方した、適切な解熱剤を使用してください。
お手元に解熱剤があっても、インフルエンザへの使用について医師に確認していないものは、使わないでください。


予防、見極め、受診等、くれぐれもご注意ください。

では、死者数のグラフです。
infu090927.png

把瑠都が琴光喜をブン投げて5大関総ナメって~平成21年度秋場所12日目

2009-09-25-Fri

把瑠都が相撲をよく知っててうまい琴光喜を完全にブン投げました。これで把瑠都は10勝2敗。負けたのは両横綱だけで、なんと、保志(後の横綱北勝海)以来の関脇以下による5大関総ナメなんだそうです。すげ~。めでたいなぁ。

琴光喜を下し5大関総なめを達成しても、「ふーん。すごいの?狙っているわけじゃないんですけど」ととぼける。関脇以下の力士による5大関撃破は昭和61年春の保志以来、史上2人目の快挙だが、把瑠都にはまったく感心はなさそうだった
 → iza:「把瑠都「すごいの?」 5大関を総なめ

わたしはこういう、モンスター的な力士が大好きでして、今でも、プロレスラー的な凄みを持っていた露鵬のクビが寂しいと思っています。これで大関把瑠都の実現の日が近づいたという感じです。そうなったときの琴欧洲がまた楽しみです。先場所辺りから琴欧洲の覚醒が始まりましたが、大関把瑠都の声が増すに連れて、琴欧洲の心の炎はますます燃えることでしょう。

ああ、わたしが夢想するモンゴル、ヨーロッパ勢による横綱・大関完全制圧の日も着々と近づいてます。両横綱はモンゴル、大関陣に日馬富士、琴欧洲。そして、把瑠都、鶴竜が加わって2横綱4大関が完成です。そして、日本人は関脇以下にくすぶる日々……。

そうなるためには、現在の3日本人大関が引退するか、陥落せねばなりませんけれど。ファンには悪いですけど、年齢と昨今の成績を考えると、一人二人と姿を消していきそうでもあります。それにしても、若ノ鵬や露鵬などが廃業に追い込まれたのが悔やまれますね。一層の日本人力士の弱体化を促してくれたでありましょうに。

まさに日本人力士暗黒時代。すでにそうなっておるという声も聞かれますが、その傾向はいっそう進むでしょう。そして、その後に来るものはなんでしょうか?

それは、もちろん、ルネッサンスに決まっています。

チェンジ!

これは大相撲革命である!

今まで、足腰が強く技の多彩なモンゴル系やパワーと身体の大きさに勝るヨーロッパ系によって、日本人の力士たちは苦汁の日々が続いた。昔からの相撲ファンは本当に嘆いた。いったいどうなってしまったんだぁ、国技大相撲は! と。

そこに、現れるのですね。大相撲界のイチローが! 大相撲界の石川遼が!!

そうなれば、若貴時代を凌ぐような相撲人気の時代がやってくるはずです。曙みたいなやつが上位にひしめいているわけで、それをばったばったとなぎ倒すような凄いヒーローが誕生する時代が。mimuraさんが思い描く「一人のふたばちゃんの出現」にも通じるものでありましょう。

今は序章に過ぎません。さらなる暗黒への序章。

今まで溜まりに溜まった鬱憤を晴らしてくれるような、若きヒーローをわたしたちは待っているのです。

そのためには、闇は暗ければ暗いほどよい。

がんばれ、把瑠都! 

って、応援になってますか(笑)

では、ドリーム大相撲目多掘部屋の成績です。
力士成績
白鵬11勝1敗
日馬富士7勝5敗
把瑠都10勝2敗
鶴竜8勝4敗
豊響5勝7敗
玉飛鳥3勝9敗
補欠:豊真将:6勝6敗

現時点で6位。ちょっと優勝は無理ですね。
 → ドリーム大相撲(09年9月場所)成績記事

映画:「カムイ外伝」~劇場で

2009-09-23-Wed
松山ケンイチの「カムイ外伝」を見てきました。奇しくも小栗旬の「TAJOMARU」と同時期に公開されてます。
 → 過去記事:「映画:「TAJOMARU」~劇場で

比べてみるというのもおもしろいものです。

たとえば、主人公の身分は全く逆なんですね。

「TAJOMARU」の主人公は次男坊ではありますが、管領の子です。長子である兄が管領職を継ぐわけですが、逆に言えば、次男は自由気ままに生きられる身分だったはずなんですね。ただ、ま、一人の愛する女のために、すべてを失わねばならない羽目になるわけですけれど。

「カムイ外伝」の主人公カムイ(松山ケンイチ)は逆です。非人(ひにん)の子です。江戸時代、幕府は士農工商の身分の下に、穢多(えた)非人という賤民の身分を作っていたのですね。その非人の子がカムイです。映画の冒頭の白土三平のイラスト(マンガ)で簡単に説明されていますが、カムイは非人の子に生まれ、強く生きるために忍者となり、自由に生きるためにその忍者を抜けて、抜忍(ぬけにん)となったのです。確かに、組織からの自由は得たものの、カムイに待っていたのは裏切り者として追われる運命でした。その日から、カムイが生きるとは、隠れ逃げること同義になったのです。


 → 公式サイト

柱となるストーリーは、同じく先輩格の抜忍の女スガル(小雪)がある島に落ち延び、貧しくも、ささやかな幸福な暮らしを得ているところにカムイが流れ着く。そこでカムイにもかりそめの平和な日々が訪れるかと思えたが、そういうわけにはいかなかった……ってな話なんですが、カムイがスガルの島にたどり着くまでは、主な人物の紹介と事件の発端となるストーリーが描かれ、島での生活は、一見カムイの青春ラブストーリーや、釣りを楽しんだり、サメ狩りをしたりというちょっとした海洋アドベンチャー的な展開も見せます。しかし、そうした一時に幸福は破綻し、抜忍の宿命から逃れなれない、悲劇的な結末へと展開していきます。

見所は、たくさんありますね。前半はワイヤーや特殊撮影をつかった、忍者アクションを堪能させてくれます。、飯綱落し(いづなおとし)や変移抜刀霞斬り(へんいばっとうかすみぎり)など、忍者カムイの得意技も紹介されますし、スガル(小雪)の、所謂体当たりアクションも見ものでしょう。また、中盤の海の映像はとても綺麗ですし、魚(スズキやサメ)も非常に生き生きと描かれます。ラブストーリーについて言えば、リアルでは小雪と松山ケンイチが熱愛してるらしいのですが、作中では小雪の娘サヤカ(大後寿々花)とが、いい感じになります。所謂濡れ場みたいなのは一切ないので、ま、カムイ外伝とはそういうものかもしれませんが、むふふ、ちと寂しいといえばちと寂しい~w。

それから、バカ殿(佐藤浩一)や姫(土屋アンナ)は、もう気持ち悪いです。特に、土屋アンナ~。まだ記事にしてないけど、こないだ「さくらん」見て、けっこう気に入っただけに、ちとショックだったりしますが、ま、「どろろ」のことを思うと、こういう、美しい妖怪みたいな役ってうってつけなんですね~。あと、全然関係ないけど、鈴木サリナ(字忘れた)が忍者役で松ケンと戦ってる!と思って、エンドロール見たら出てなかったけれど、芦名星って女優でした。

さて、「TAJOMARU」との比較がどこかにいってしまいました。

高貴な身分の多襄丸が、愛する女のためにすべてを亡くし、そして、いちおうナレーターは「自由」を得たと言って作品は終わっています。これに対し、非人の子カムイも「自由」に生きようととして、結果すべてをなくします。それは、愛する女と暮らすことをも捨てなければならない、いや、その愛を捨て忘れることこそ愛するものを守ることなのかもしれないわけです。自由であろうとして、結果永遠の逃走の中に身を置くしかなくなっているのです。

あ~、現代的ですね。

「TAJOMARU」のエンディングで「自由」という言葉があったのが、「自由」をとても軽く扱っているようで違和感があったのだけれど、こうして「カムイ外伝」と並べてみると、是非はともかくとして、今ことさらに「自由」だとか、「平等」だとか、「逃走」だとかをテーマにしなければならないほど、世の中そうした基本的なことが見失われたり、見間違われたりしているのかなと思いますね。

毎年、8月にはあいもかわらず「平和」の連呼となるわけなのですが、ま、それはそれで大切なことなのだけれど、同じように、今さら感もあるのですが、ほんとうの「自由」とは何か、自由に生きるとはどういうことか、みんなが自由に生きられることの大切さなど、そうしたことをもう一度考えるのも大切かと思ってみたりしました。

暗いといえば双方暗くて、わずかに「TAJOMARU」の方がわずかにハッピーエンディングで、「カムイ外伝」は「永遠の逃走」つまり、続編だろうと、続々編だろうと、おそらくカムイが死ぬまで話は続けることができるんでしょうけれど、ま、バラエティに富んでいて映画的におもしろいのは「カムイ外伝」です。逆に、味わいがあるのは「TAJOMARU」と、一応フォローしておきましょか。

ちなみに、TVアニメ版は「忍風カムイ外伝」。見てました。「サスケ」も。


HOME NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。