FC2ブログ

David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

「ヴィーナス展」~名古屋ボストン美術館

2009-08-23-Sun
ヴィーナスは世界で最も有名な女神でしょう。日本でも。現代も、そして今後とも。

有名なのはミロのヴィーナス像とか、ボッティチェリの「ヴィーナスの誕生」とかあります。あとは、なんでしょう、どちらかというと、そのヴィーナスのイメージを利用しての、シンボル的というか、比喩的なヴィーナスで、じゃ、神話の中でヴィーナスがどんな女神だったのかってことは、どうでしょう、名前ほどはよく知らないのじゃないでしょうか? 別にそれだってかまわないのでしょうが、美しい絵や、歴史的な美術品を見て、そうした神話の一端を知ることができる、それが、名古屋ボストン美術館で開催中の「愛と美の女神 ヴィーナス展」です。見てきました。

venus.jpg
 → 公式ページ

展覧会のタイトルにもなっていますが、ヴィーナスは「愛と美の女神」として知られています。同時に、「豊穣の女神」ということになっています。豊穣というと実りであり多産です。

Wikipedia(→「ウェヌス」)によると、ヴィーナス(ウェヌス)はそもそもローマ神話では菜園の神であったのが、ギリシア神話の愛と美の女神アフロディーテと同一視されるようになったのですね。「愛と美」というイメージはギリシア系で、「豊穣」というのはローマ系ということなのでしょう。そして、現在残っているヴィーナスに関するエピソードはアフロディーテに由来するものばかりだそうです。名前はローマ系、逸話はギリシア系というわけで、双方のイメージによって作られたようです。

ボティチェリの「ヴィーナスの誕生」にある、大きな帆立貝のようなものの上に立つ挑発でふくよかなヴィーナスは、海の泡から生まれたという伝説に基づいています。残念ながらボッチチェリの本作は来ていませんが、この逸話に基づく展示も数々あります。

そして、トロイア戦争の原因となった言われる「パリスの審判」を題材にとった作品。展覧会に入場するとその作品群をまず見ることになります。

少し長くなりますが、興味深かったので「パリスの審判」とトロイア戦争の話を少し書いておきましょう。

ゼウスがペーレウスとテティスの結婚の祝宴を開くということがありました。このとき争いの女神エリスは招待されなかったのです。エリスはそれを怒り、黄金の林檎に「最も美しい女神に(贈る)」と書いて祝宴の会場に投げ入れたのです。そこに、 3人の女神、ヘーラー、アテーナー、アプロディーテ(=ヴィーナス)がいて、その林檎を争うことになってしまったのです。

そこでゼウスは、トロイの王子パリスに判定させることにしました。これを「パリスの審判」と呼ぶのですが、パリスが選ばれた理由は依然雄牛の判定会で公正公平な審判をしたことが評価されたからです。

さて、三人の女神たちはそれぞれがパリスに賄賂を贈ることを申し出ます。ヘーラーは「有力な国の王位」を、アテーナーは「戦いに勝利する力」を、アフロディーテ(=ヴィーナス)は「最も美しい女」を約束します。そして、パリスはアプロディーテを選ぶのですが、この時の「最も美しい女」というのは、すでにスパルタ王の妻となっていたヘレネーです。

こうして、ヘレネーはスパルタからトロイに連れて行かれ、これがきっかけでトロイア戦争(スパルタとトロイの戦争)が勃発することになってしまうのです(トロイア戦争を描いたの映画に「トロイ」というのがあったけれど、それはちょっと神話的でないのだそうです)。

音声ガイドでこんな説明を聞きながら、その題材をとった絵画や双耳壷(アンフォラ)を見ることになりますが、この双耳壷(アンフォラ)を見ながら、わたしは高校時代の教科書の載っていた西脇順三郎のことを思い出していました。具体的な作品は思い出せなかったのですが、なぜだか、黄色い双耳の壷がイメージされたのでした。

im_venus-200907_10.jpg
 → 「見どころ」より


それ以外にも、火と鍛冶屋の神ウルカヌス(=へファイストス)と結婚したものの軍神マルス(アレース)と熱愛をして、エロースをもうける話や、そのエロースのエピソード。恋の相手になった、アドニスの逸話や、アンキセスとその子アイネアースの話(ローマ開国の祖なんだそうです)話など、美術鑑賞をしながら、ギリシア・ローマ神話の世界に浸ることができます。

なんでしょう、ちょうど疲れていた心身をゆったりと癒してくれるような、そんな非日常の時空への小旅行ができます。

ゴーギャンの時も思ったのですが、8月30日まで開催の「ノリタケデザイン100年の歴史」は圧巻です。見る価値あり。
noritake.jpg
 → 公式ページ
 ※「ヴィーナス展」のチケットで見ることができます。

□■NOTE■□■□■□■□■□■□
会場:名古屋ボストン美術館(金山駅前)
 → 公式ページ
期間:2009年7月18日~11月23日
時間:10:00~19:00、土・日・祝・休日は10:00~17:00(入館は閉館の30分前まで)
休館:毎週月曜日(祝・休日の場合はその翌日)
料金:入館料/一般1200円、シルバー・学生900円、中学生以下無料
 → ホームページに割引券・ケータイページにも割引画面あり。
■□■□■□■□■□■□■□■□

そうそう、ここまで律儀に紹介することもないのでしょうが、ノリタケ展が終了した後、「よみがえる400年前の輝き —名古屋城本丸御殿障壁画復元模写展— 」(9月19日~11月23日)というのが始まるようで、「ヴィーナス展」と併行して見られるようです。
 → 概要はこちら

おい、もう少しユーザーの言うことを信用しろよ。

2009-08-21-Fri
先日、わたしはケータイを変えた。

ここ2年間、去年と同じ夏だったので、ぼちぼち変えたいなと思っていたのだ。ちなみに、別に誰のファンってわけでもないですが、auユーザである。買ったのはbiblioって言う、読書ケータイ。別に読書はしないが、横モードでネットを見てみたいと思ったので。

画面が大きいせいか、電池の消耗が激しいと感じる。知り合いに言うと、電池パックを追加購入をすすめられた。乾電池による補助充電よりも、軽くて持ちもよく、確実だというのだ。おっしゃるとおりだと思って、チャンスがあればほしいと思った。

ちょっとその日は別の用件で出かけ、たまたま時間があったので、本体を購入した某支店へ回ることにした。男の店員()が出てきた時はちょっとショックだった。

あ、わたしは本体を購入したときの担当の人()がよかったなぁ。深キョンに似てると言ったらちょっとと言うより、かなりホメ過ぎだけど、笑顔と気持ちは深キョンに負けない。とってもいい感じだったのだ。

:「これの、電池が欲しいのです」
:「電池パックですね。ポイントで購入できるか確認しますね」
:「ないと思います」
:「そうですか。見てみますね」
:「見てもないと思いますけどね」
:「お電話番号をお願いします」
:「まだ慣れてないから……ボソボソ」

ちょっと手間取って操作して番号を見つけた。わたしは結構大柄で指が太く、このbiblioのキーボードが正直やや操作しづらい。特に、目的の横広モード(勝手に命名)でQWERTYキーボードで打とうと思うと、二つくらい同時に反応してしまうことになる。使い込んで慣れていけばわからないけれど。

わたしが番号を告げると、は続いて、氏名と生年月日を尋ねてポイントが1000ポイントちょいしかないことが確認された。当然である。本体を買うときに使ってしまったのだから。

:「ありませんね。1000ポイントちょっとですね」
:「そうだと思ってました」
:「電池パックは在庫がありませんのでお取り寄せになります」
:「ああそうですか。代金は1500円くらいですよね」
:「いいえ、そんなことはありません。2000ポイントは最低でもするはずですので」
:「2000円はするはずなんですか?」
:「はいそうです。今調べますね」

わたしはオンラインで購入できないか調べたことがあるので、正確ではないが1400円余りで買えそうなことを知っていた。しかし、こちらの言うことを信用する気もなく、「するはずだ」というこの店員と話す気は既に失せていた。

店員に自社製品に対する正確な知識もしくは調べる能力があれば、まさに自ずと知れるはずであった。そして、このにはそんなことを期待しても無駄だということは対応でわかった。ああ、笑顔が深キョンなだったら、たとえおっさんのわたしにでも、誠実に対応してくれたに違いない……。

:「いや、いいです。それより、電池パックを充電する機械はないのですか?」
:「ありません。あくまで、携帯の電池なので」

auよ。掛け声だけで、ちっとも去年と違う夏にならないのは、店員教育がなってないからじゃあないのか? ないのならないでしかたがない。せめて、「すみません、残念ながらそういったものはございません」くらい言わせろよ(笑)。きっと、笑顔が深キョンななら、「ああ、あると便利ですよね。残念ながらまだそこまでは商品化してございません。申しわけありません」くらいは言ってくれるに違いない……。キホンだろ。

:「なきゃしょうがない。じゃ、電池パックを下さい」
:「在庫がないので取り寄せになります。よろしいでしょうか?」
:「ないならしょうがない……。」
:「今、金額調べますね?」
:「いや、いい。今日払わなくてもいいんでしょ。(品物が)来た時で」
:「はい」

「はい」と言いつつ、まだ調べている。調べている手元を見ていると、カタログの卓上ホルダーが目に入った。充電が弱点なんで、いつも定位置で充電する習慣にしてはどうかと思ったのだ。わたしはカタログを指差した。

:「そうだ、ホルダーというのかな。それもほしいです」
:「卓上ホルダーでよろしかったでしょうか?」

今度はカタログにあるのだから、代金もすぐに確認できて、800いくらだと告げられた。が、すぐに持って来ようとしない。

:「それも取り寄せ? そのくらいはあるんじゃないの?」
:「あ、それはあったかな?」

は品物を持ってきて、箱のまま包みもせずにわたしに手渡した。……別に構わないけれど、一言くらい「このままでよろしいですか?」とか、言えよ。きっと、笑顔が深キョンななら、「ただいま環境保護のため、簡易包装させていたいています。ご協力お願いします。申しわけありません」くらいは言ってくれるに違いない……。

:「では、付属品はすべて現金になります」
:「……」

ポイントは? ポイントでも買えるんじゃないの? でなきゃ、なんで最初にポイント調べたの? と思ったが、とはこれ以上口をきくと、怒鳴りそうだと思ったので、とっとと代金を払って店を出ることにした。……笑顔が深キョンなだったならなぁ。

とどめはしばらくして午後のティータイムを楽しんでいるときに気づいた、携帯の伝言だった。

 「auのです。電池パックの代金は1400……。申しわけござません

だぁかぁらぁ~。最初からそう言ってるのぉ。客の言うこと信用すればこんな電話しなくて済んだはずなのだ。あぁ、それにしても、笑顔が深キョンなだったならなぁ~。

かなりの人脈」なんてものはないけれど、わたしだってブログで記事にするくらいのことはできるんだよ……。

映画:「ハリー・ポッターと謎のプリンス」~劇場で

2009-08-21-Fri
もう、公開してから1か月過ぎていたとは知りませんでした。ま、まだ終了しないだろうと思っていたので、ついつい後回しにしてしまってましたが、やっと見てきました。


 → 公式ページ

感想? おもしろいです。わたしは前作の、妙な女性校長の出てくる話よりこっちの方が好きです。

今年で6年生になったハリーたちの問題は恋愛です。初恋への憧れみたいな前作とは違って、ハリー、ロン、ハーマイオニーの3人の関係にも影響が出るような……。お互い最も理解し合う男女なのですから、この中からカップルが出てもいいと思うのですが、ま、どこまでが自明でどこかがネタバレになるかわからないので、事実は書きませんが、なんだろこの展開、譲っているのかな?と思ったりもしました(笑)。

復帰する教授スラグホーンやドラコ、「謎のプリンス(半純血のプリンス)」そしてトム・リドル、ダンブルドアなど、物語の本筋の話が大きく動き興味深い展開となります。個人的には、誰が敵か味方かすっきりとしていてわかりやすかったのがよかったと思っています。いろんな戦いが描かれますが、どれもおもしろいものでした。ま、最後にイニシャルで示される新たな謎が次回への鍵となります。

原作の小説は7部構成で本作は6作目で、次回は最終章なんですが、映画の場合も基本は変わらないわけだけれど、最終章を二つに分けて、第7作、第8作があるということで、つまりあと2年かかるんだそうです。また、暇があったらゆっくり第1話から見直したいです。



CyberBuzzによるブログ読者アンケートが出ています。

2009-08-20-Thu
Cyber Buzzが、新たに「ブロガートレンド研究所」を発足するために、その下準備といいますか、Cyber Buzzに参加しているブログに依頼して、各ブログの閲覧者(読者)を対象にしたアンケートを実施しています。
 → こちらです。
 
うちのブログにこれを貼っておいても、たぶんあまりアンケートに答える方はいらっしゃらないだろうとは予想しますが、無理でない依頼ですので一応受けてこうして記事にします。

アンケート結果はCyber Buzzのマーケティング分析やサービス向上のために活用するのを目的としているそうで、場合によっては、リリースとして個人情報に一切特定されない形で使用することもあるそうです。ご回答いただける場合は、その点ご承知の上でお願いいたします。

ブロガーと一口にいいましても、さまざまであることは言うまでもありません。方向性も実に多様であり、興味関心も多様なのはわかっています。実際、うちのようなブログでいろんなことを雑多に記事にしてるわけですが、では、ブログやネットを通じてどういったものを購入しているのかというか、それは必ずしもブログのテーマと一致しているとは限らないものですね。

ブログに限定しなければ、わたしがネットで最近購入したものは、「電化製品」(最近では精米器)、「書籍」(最近では江古田ちゃん第4巻)、「健康食品・サプリメント」(最近では青汁)、「運動用品」(素振木刀)などで、これらに関して記事にしたことがあるのは、せいぜい、江古田ちゃんの第4巻があるくらいのもです。
 → 過去記事

つまり、ブロガーといいましても、開設しているブログのテーマとは全く無関係なものでもネットで購入しているわけです。記事だけを見てクチコミがどう、ということは単純にはいえず、記事に出ないが人気のあるものもきっとあるのです。それを調査し、ユーザーやクライアント、ブロガーに発信していこうという試みなのかなと受け取りました。

なにせ、リーマンショック・サブプライムローンの破綻以来の大恐慌は、ネットやブログ界にも多大な影響があったものと思います。各社がまさに生き残りをかけて工夫しているということなのでしょうね。

というわけで、再度書きます。

Cyber Buzzが、新たに「ブロガートレンド研究所」を発足するために、各ブログの閲覧者(読者)を対象にしたアンケートを実施しています。ご協力いただけます方はお願いします。
 → こちらです。

RREVHOME NEXT