FC2ブログ

David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

ついにドリーム大相撲は連覇!~平成21年度夏場所

2009-05-27-Wed
ドリーム大相撲は、うちの目多掘部屋が、逆転優勝でした。

目多掘部屋がまさかの天鵬兄さん楽日勝ち越しで100点の大台に乗せ
逆転優勝で連覇(゚∀゚)おめでとうございます。
終始優勝争いをリードしていたGo for部屋は楽日2勝4敗で無念の2位。
雅様・黒海が揃って黒星だったのが非常に惜しまれます('A`)

とバカピカさんが書いてますが、はい、千秋楽、横綱白鵬と大関日馬富士が優勝決定戦に出たということが、実はラッキーな面もありました。優勝決定戦には出場ボーナスも、勝利ボーナスもあります。ただの優勝よりも価値があるんです。そして、優勝得点も加算されるわけでして、唯一白鵬と日馬富士の二人を指名していた、わが目多掘部屋が有利でした。

と、ドリーム大相撲の勝利のことばかりかくのもあれですが、うちの力士についてちょっとコメントしながら場所を振り返っておきますね。

☆日馬富士
大関3場所目にして、14勝1敗で優勝です。稽古もたくさんしたようですし、膝の不安も土俵では見られなかったので、調子自体もよかったのでしょう。また、メンタル面が大関昇進前の安馬の時代に戻っていたと思います。いわば、「挑戦者」というか、「若武者」というか、そういう積極性が安馬の信条で、それをあらわすのが、まさに駿馬のようにすばやく、一気に突っ込んでいくというスタイルに出ていたと思います。今場所は、それが復活したようですが、立合い手のあてがい方を昔と変えたかなという気がしないでもありません。前は、どっちかというとのど輪狙いみたいな、手をつき伸ばし入るようなところがあったと思うのですね。大関になってからは回し狙いでいってると、ま、そんな気がします。

さて、何日目でしたか、稀勢の里戦の「変化」が話題になっています。Youtubeで探しました。単独の取り組みはなくて、下の1分40秒くらいのところに出ています。

日本相撲協会の諮問機関である横綱審議委員会(横審)が25日、東京・両国国技館で開かれ、夏場所を14勝1敗で初優勝した大関日馬富士(25)の来場所での綱とりに厳しい意見が相次いだ。出席した12人の委員がこうした姿勢を示した。各委員は大関昇進後の成績が8勝、10勝にとどまり、11日目の稀勢の里戦での変化を痛烈に批判。横綱昇進のノルマとして、14勝以上の優勝、立ち合いの変化を“全面禁止”とする過酷な条件を課した。

やり玉に挙げられたのは、11日目の稀勢の里戦だった。立ち合いの変化でうっちゃったが、鶴田委員長は「評価できない」とばっさり。内館委員も「番付が下の相手にやってはいけない。朝青龍も白鵬も変化はしない」とまくし立てた。
 → iza:「日馬富士に高いハードル 横綱審議会

「全面禁止」なんてことは、全くもって迷惑な話だと思いますけどね。朝青龍が、やはり、稀勢の里に蹴手繰りという技を見せて転がして、「品格がない」などと言われない批判を受けたことがありました。横綱ですからね、やみくもに頭を下げて突っ込んでくるような力士は、こうした足技で転がすこともできますと言わんばかり、一つの技の手本を土俵上で見せたと理解するのがいいと思うのです。
 → 過去記事:「平成18年度九州場所~まとめ

日馬富士が言ってるように、当たってから変化しているように思いますけどね。

全勝の日馬富士に1敗の稀勢の里が挑む、この日随一の好取組。制限時間いっぱいの土俵に注がれた今場所最大の歓声は、あまりにもあっけない結末にため息へと変わった。目先の勝負にこだわった大関に対するお客さんの反応は正直だ。

変わり気味の立ち合いに、「当たってましたよね」と報道陣に逆取材したが、ファンが期待する真っ向勝負とはほど遠い。とったりで転がしたとはいえ、自身のブログのタイトルが「真っ向勝負!」であることを忘れたような内容だった。
 → iza:「作戦勝ちだけど…日馬富士にファンため息


それに、「とったり」です。「とったり」といえば、これ。

わたしにとっての「とったり」は単なる崩し技で決め技ではなかったのですけど、体勢によってはこんなに見事に決まるんです。

稀勢の里戦で日馬富士が下手糞なとったりしかできなかったというのなら、ダメでしょう。しかし、見事に決まってます。これは、ちゃんとした技だと思いますけどね。

確かに、3人いる横綱の全員がモンゴル人で日本人がゼロだなんて耐えられない気分の方もいらっしゃるでしょう。だからといって、やたらめったら真っ向勝負を美化して、こうした瞬間の反応力から出る技を軽視していることが、かえってハードルを高くしていることに気づかないのでしょうか。どんどん力士が大型化している時代に、比較的小兵の日本人力士が変化を否定されたら、勝ち星があがらないでしょうね。これでは、大関に昇進できる日本人力士がどんどん減ってしまうと思いますね。運よく大関になれたとしても、横綱なんて無理じゃないでしょうか。

正面から当たることは大切だし、頭から行くことも、胸で受け止めることも素晴らしいと思います。しかし、蹴手繰りやとったりだって、見事に決まればすごい技なんです。技の名前に品格がないなどというでたらめ極まりない因縁をつけた横審委員が依然しましたけれど、技は技、逃げたというのとは違いますので、そこはよく考えてほしいと思います。お客のため息だって、日馬富士のとったりにがっかりしたのか、稀勢の里にがっかりしたのかは、わからないでしょうしね。

ま、日馬富士、来場所綱取りです。余分なプレッシャーかけられましたけど、今場所と同じ、自分の相撲を一番一番お願いします~。

☆白鵬
とっても安定感のある横綱になったと思います。琴欧洲に連勝を止められた相撲を見ていないのですが、驚きとともに残念でした。後半どうも「腰痛再発」というニュースがありましたんで、まずは養生して、来場所、また連勝記録を始めてください。

☆把瑠都
なんと4勝11敗。 初日に足首をやってしまったようですね。足の故障は大型力士だけにつらいものがあります。左膝と右足首に古傷をもち、大型であるわたしもよくわかります。魁皇は持ち前の技術と腕力で、あの脚の裏側の故障がありながらも勝ち越せるわけです。スポーツことに格闘技には怪我がつきもの、しかし怪我をしにくい相撲、怪我をしていても勝てる技術を把瑠都も身につけられるといいと思います。 

☆豊響 11勝。惜しくも三賞を逃す。
よくぞ復活してくださいました! 病気が網膜はく離で、治ったとは言え、もうあのビッグバンベイダーのような体当たりはみられないかと思いましたが、全然大丈夫な感じです。三賞選考には名前が出たようですが、過半数に至らなかったとのこと。「網膜はく離という病気からの復帰です。せめて千秋楽の結果次第」というのにしてほしいところです。来場所は番付もあがりますんで、がんばってください。

☆旭天鵬 銀星1つ
千秋楽での勝ち越しは、ドリーム大相撲にとってもありがたかったです。

☆安美錦 金星1つ
朝青龍を一気にやぶる、今場所唯一の金星をあげながら、5勝10敗。故障によるものと思うので、直してもっと上を破っていってほしいです。

そして、最後に、白鵬に抜きさられ、日馬富士にも抜かれようとしている朝青龍……。いよいよ引退か、それとも復活を見せるのか……。楽しみです。がんばれ! 朝青龍



にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
スポンサーサイト



ついに静岡、九州でも感染確認~新型インフル感染者数グラフ(5)

2009-05-27-Wed
また、まず最初にグラフです。
sininfl090526.png
WHOが発表した数値を入れています。確認は、ここ(国立感染症研究所 感染症情報センター)とかここ(WHO)でしています。5月24日は発表がなかったので、穴があいてしまいました。グラフ作りとしては残念です。

日本では、大阪や兵庫などのほとんどの学校で第1回の休校が期限(ほとんど5日~1週刊)が過ぎ、継続されることなく学校が再開しています。休校によって、さらなる急速で大幅な拡大は防げたと思うのですが、感染は関東圏(神奈川、東京、埼玉など)、静岡県、九州などにも広がりを見せています。国の対応は、弱毒性で、感染力が強いものの、通常の季節型のインフルエンザと同様の処置をすればよかろうというものに変わってきているのですが、確かに、今のところ死者も、重篤化する例もなく、比較的軽い症状で終わっているようなんですけれど、ただ、予防接種のワクチンが未開発で(ということは、季節型のインフルエンザとタイプや性質が似ていても、人間の側の条件が違う)ということもあって、まだまだ、感染する可能性はあると思うのですね。暑い気候や梅雨が苦手だというのはわかりますが、今の日本には、残念ながら、年中快適な環境で閉鎖的な空間がたくさんあるように思い、気になります。

インフルエンザに限らず病気にかかってしまったことは仕方がないことではありますが、できるだけかからない工夫(人ごみはでかけない。嗽や手洗いをサボらない。マスク着用など)は、、ぜひ、実践されることを望みます。

さて、ちょっと、違和感のある、妙なニュースです。

【こぼれ話】新型インフル「感染第1号少年」の銅像で観光客呼び込め=メキシコ」(5月26日)

【ハラパ(メキシコ)25日AFP=時事】メキシコ東部ベラクルス州のラグロリア村は、新型インフルエンザにかかった第1号ではないかとみられている少年が出て、一躍世界中のマスコミに取り上げられて名前が知られるようになったが、観光名所化を狙ってこの少年の銅像が近く同州に建てられる。
 少年はエドガー・エルナンデス君(5)。新型インフルエンザの「感染者第1号」いわれているが、完治した。このエドガー君に目をつけたのがベラクルス州の知事で、同君の銅像を建て、ベルギーのブリュッセルの小便小僧のような名所にして世界中から観光客を呼び込む計画をぶち上げた。知事は24日、「ラグロリアは今や重要な観光スポットになっている。我々は来週、ベルギーの小便小僧に似たエドガー少年の像の建立式を行う」と語った。
  =以下略=   

日本では、初期の感染者たちが、ややもすると犯罪者的に扱われているのではないか? という指摘があって、ずいぶんと扱いが違うものだとびっくりしました。

あたかも犯罪者のような扱いをし、病人にさらに負担をかけたりなんかして、新型インフルエンザ自体がせっかく治っても、不登校状態になってしまうかもしれない状況にならないようにしたいですね。




ブログランキング・にほんブログ村へ
HOME