FC2ブログ

David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

ドラマ:「ゴンゾウ~伝説の刑事」~DVDで

2009-05-17-Sun
ドラマの中でも紹介されているのですが、「ゴンゾウ」とは「警察用語で、能力や経験はあるのに働かない人間のこと」だそうです。 語源は江戸時代、腕はいいのに働かないやつのことを、職人仲間はこう呼んだということのようです。今ではそれが警察組織にだけ残っているということのようなんですね。

で、さらに、英語に「gonzo」という形容詞があって、「独断的な,偏見に満ちた」とか「風変わりな,異常な,いかれた」という意味で、主にジャーナリズムに対して使われているようです。ドラマの中だけでなく、テレビ朝日のドラマ「ゴンゾウ」のページにも掲載されています。そして、「独断と偏見に満ちた報道,奇人,変人」のことを「gonzo」と呼ぶようです。

そんな、ゴンゾウが警視庁の井の頭署の備品係にいます。黒木係長(内野聖陽)です。かつては敏腕のエリート刑事でしたが、ある事件をきっかけに挫折、備品係の係長としてくすぶっているのです。ある時バイオリンを亡くしたと行ってきた女性(前田亜季)のバイオリンを、担当でもないのに探すのですが、それが見つかり、警察の窓口で手渡した帰り道、その女性と女性刑事(本仮屋ユイカ)が何者かに発砲されます。女性刑事は重傷、バイオリニストは死亡……。警察へのテロにに一般市民が巻き込まれたて射殺されたと騒然となります……。

ゴンゾウ黒木刑事は、いやいや捜査の第一線に復帰することになります。捜査は思わぬ方向に進展し、かつてのエリート刑事がゴンゾウに落ちぶれた理由もはっきりします。刑事ドラマでありつつ、被害者、加害者、刑事のそれぞれの苦悩を描いた、おもしろい作品で、なかなかおもしろい作品でした。

ゴンゾウ~伝説の刑事 DVD-BOX
ジェネオン エンタテインメント (2008-12-26)
売り上げランキング: 10024
おすすめ度の平均: 5.0
5 人間味溢れるドラマに感動
5 オンエアから見ればよかった・・・
5 真実に寄り添う深い淵
5 繰り返しの鑑賞に耐える、見ごたえのあるドラマです!!
3 続編とかやらないかなー

 → テレビ朝日のドラマ「ゴンゾウ」のページ

放送時は1時間枠ドラマの全10話。DVDにすると5枚です。

脚本を担当した古沢良太氏は、本作で「第27回向田邦子賞」受賞しました。

「『ゴンゾウ~伝説の刑事』は刑事ドラマであり、連続ドラマであり、さまざまな制約があったろうと思われます。その枠組みの中、作家としての挑戦を感じる作品でした。達者な構成力、はりめぐらせた伏線等、視聴者を楽しませることに心血を注ぐ精神とセンスは授賞に値すると判断いたしました。今後、違うジャンルへの挑戦を含め、テレビドラマの脚本家としての更なる飛躍を期待します。」(向田邦子賞委員会より)

というのが受領理由のだそうです( → テレビ朝日のドラマ「ゴンゾウ」のページより)。

続編もいけそうですし、映画化でもいけそうですね。ツタヤレンタルで100円の日に、5枚借りてきて一気に見ました。



ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト



匿名でも女性はさん付け。新型インフルエンザの舛添厚労相会見~新型インフルエンザ感染者数グラフ(3)

2009-05-17-Sun
まず、グラフを貼りますね。

inf0516.png

このグラフの黄色の線はAFPBBNewsの記事に現れた数字を参考にしています。また、その記事がWHOの発表に基づいたものを採用していれば、WHOの発表と同じ値になっています。そうでないものはAFPの独自の取材等によるものと思われます。また、WHOの数字(黄緑色の軌跡)は国立感染症研究所 感染症情報センターの「世界の確定症例数」(このページからリンク)から数値をとっています。

昨日(16日)に舛添厚生労働大臣が会見しました。Youtubeに載っています(→ここ)。

神戸市内の、海外渡航歴のない3人の高校生が新型インフルエンザで陽性反応が出たということで、ついに日本でも人から人への広がりが確認されたわけです。水際作戦は特に検疫官など文字通り必死になって活動され、一定の成果があったと思いますが、限界があったということでもあったのでしょう。残念ながら、国内上陸ということになったわけです。

この舛添大臣の会見の中で、どうしても気になってしかたがないのですが、三人の高校生を匿名で、A、B、Cと呼んでいるのですが、男性である二人(AさんとBさん)は、「患者A、男性ですが……」、「男性、Bと称します。Bは……」と呼び捨てなのに対して、「女性です。C。Cさんですが……」と紹介し、症状を説明するときも、「男性Aは……、男性Bは……、女性のCさんは……」と言っています。

この差は何?

男性も、女性も、患者だけれど容疑者じゃないのだから、全員「さん」つけたらいいのじゃないでしょうか? たぶん、大臣は担当者の書いた原稿を読んでいるのでしょうけれど、女性にだけ「さん」をつけているのが気になって、その後の長々として説明が、あんまり入ってこないのですね。

どうも、「正しい情報に基づき適切に行動してほしい」と言っているようなんですけど、もうちょっと、客観的に伝達してもらわないと、こんな具合に、うまく情報をうけとれないのですね。。

こんな揚げ足取りみたいなことしか書けなくて悪いですけど、それにしても、特に検疫官が、それこそ過労死を覚悟で必死になって水際作戦で汗水流して働いている、まさにその最中名に、愛人、それも人妻を連れ、国会議員に税金から支給されるJRの無料パスで旅行。ゴルフ場や温泉で汗を流していたのだそうです。

兵庫選挙区選出の、官房副長官らしいのですが、お膝もとの兵庫県で新型インフルエンザが発生という肝心の時には、健康上の理由で辞任なさって、現在入院中なんだそうです。都合の悪い報道がされ、辞表を出さなくならなくなったってことで、なんだか政治家によくある「入院」みたいな感じがしてしまって、兵庫の方々も、ほんと、二重三重に裏切られたって気分じゃないかと思います。お気の毒……。
 → iza:「鴻池官房副長官が辞表提出 女性問題報道で

・人ごみは避け、どうしても行くときはマスク。そして、小まめな、手洗い、嗽(うがい)の習慣が大切なようです。あと、歯磨きも有効のようです。



ブログランキング・にほんブログ村へ
HOME