David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

スポンサーサイト

-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画:「天使と悪魔」~劇場で

2009-05-31-Sun
「ダ・ヴィンチ・コード」シリーズ第2弾というので、「ダ・ヴィンチ・コード」をレンタルで見た上で見にいってきました。まず、その点について。特に、「ダ・ヴィンチ・コード」を見てからでないとダメということはありません。ま、主人公のラングドン教授の紹介くらいにはなるのでしょうけれど、閉所恐怖症(狭所?)というラングドン教授の性格設定などは、今回は全く忘れ去られているという感じで、もうちょっと、あの「火の教会」でのシーンにはそうしたキャラ設定を生かせたのではないの? なんて突っ込みたくなるくらいが関の山です。むしろ、「ダ・ヴィンチ……」よりもとっつきやすいという感じもしますが、ま、そう感ぜられるのは、あるいは「ダ・ヴィンチ……」を見て行った恩恵なのかもしれませんけれど。

先回(ダ・ヴィンチ)はパリでしたけれど、今回は、バチカンやローマを楽しませてくれます。バチカンやローマにある教会やその中の彫刻です。今回の「主役」ベルニーニ(→Wikipedia:「ジャン・ロレンツォ・ベルニーニ」)ですね。浅学なわたしは、ベルニーニについて知りませんでしたけれど、イタリアの彫刻家・建築家。17世紀、彫刻や建築では天才的な才能を発揮したようです。映画の中にも出てくる「聖テレジアの法悦」が彫刻の代表作のようですが、ローマのサン・ピエトロ広場の建築やフランスのルーブル宮殿の改築などにも携わっているそうなんですね。
聖テレジアの法悦
▲Wikipedia:「聖テレジアの法悦

ベルニーニとダ・ヴィンチでは、たぶん日本での認知度は全然違いますよね。そもそも、絵画と彫刻とでは、それだけで絵画の方が人気だと思います。少なくとも日本では。ローマにいけば、もちろんベルニーニを知らない人はいないんでしょうけれど、日本では、それなりに海外旅行や西洋史、西洋建築、美術などに興味がないとなかなか知られていないのではないでしょうか。
 → このページなんか、なかなかいい感じで、ベルニーニの魅力を紹介しているのかもしれません。(こっちも)

さて、映画では、このベルニーニの彫刻が、ある謎を解き明かす手掛かりになっています。

壮大な二つのストーリーが重なるのですが、一つ目は、カソリックの教皇の死です。教皇の死後、バチカンではルールに則って次の教皇を決めねばなりません。そのための会議をコンクラーベといいます(そういえば、これ、学生時代世界史で習いました。「根競べ」みたいだなって思った記憶があります)。もう、このコンクラーベ事態が大事件なんですね。このコンクラーベの様子を描いているということも、この映画の一つの興味深いところであると思います。カソリックどころか、クリスチャンでさえないわたしでさえ、それなりに興味深く見たのですから、キリスト教に関わる人にはそれは、いろんな意味で関心を持って見たのではないでしょうか。

もう一つは「反物質」の発見というか、発明というか、新技術の完成です。「天動説」、「進化論」、「宇宙開発」や「遺伝子操作」や「クローン技術」など、科学は神の領域を、まさに暴力的に破壊しているといってもいいのかもしれません。宗教界から見たら。今回の「反物質」生成技術の完成は、あらなたエネルギー革命を起こすと同時に、宇宙誕生を再現できるような発見でした(もう少しこの物質の凄さを説明してもらってるとありがたいと思いました)。それこそ、創造の神秘を破壊するような事件なんですね。ま、わたしなどは、今さらという気もしないのでもないのですが、そのあたりは、信仰心の違いかもしれません。

そして、なぜだか、4人の次の教皇有力候補が誘拐され、時を同じくして、発明されたばかりの「反物質第1号」も奪い取られてしまいます。そして、その犯人は同一人物で、コンクラーベ開催が迫る中、バチカン教会に脅迫状というか、挑戦状が届くわけです……。その謎めいた犯行声明を解くために、前の事件(ダ・ヴィンチ)で教会から反感を買うことになった、ラングドン教授がバチカンに招かれるのです。そして、ベルニーニの彫刻に事件解明の鍵が……、というのが、ま、設定ですね。

ある意味、非常にオーソドックスで、いわば、こういう大掛かりなミステリーの王道とも言える展開でした。サスペンスあふれる展開に、夢中になって見入り、そして、結末の意外さには感心させられ、そして、そういえばそうだわな、ミステリーなんだからと納得させられました。おもしろいです

特にバチカンの書庫のシーンはユーモアたっぷりです。


 → 公式ページ

・見終わった後でも、タイトルの意味が今一つわかりません。



にほんブログ村 映画ブログへ
スポンサーサイト

「ネット記事をブログに無断転載」が逮捕って~日別集計

2009-05-29-Fri
昨日あちこちのネットニュースをみていたら、載ってたので、ちょっとうちのブログでも記事にしておきたいです。

記事によると、「gooヘルスケア」に、健康関連書籍を出版している「法研」が提供していた記事を、この男は自分のブログに無断転載して、合わせて、男自身が副業で運営していた健康食品販売サイトのURLを掲載し、誘導していたということのようです。

今回の逮捕に関わった件での記事の無断転載は、昨年7月23日ごろから今年1月13日ごろまでで、163回にわたり文章をブログに無断転載していた疑いがあるということです。

法研側は昨年12月、ブログの運営業者を通じて男に記事の削除を要請し。運営業者が一部の記事を削除したということもあったようですが、その後男からの回答はなく、掲載は続けられたということのようです。

ブログに記事の無断転載で逮捕というのは、前にもあったでしょうか? 最近記憶力というか、思い出す力が衰え、ちょっと思い出せませんけど。

盗用や無断転載というのはネットにはけっこうあって、わたし自身だって「おもしろい画像の紹介」とかしたことはあります。だから、ついつい、少しくらいならいいという気持ちは、おそらくほとんどのブロガーに持っていると思います。ただ、記事の一部をコピペして作った場合でも、その出所(出典とか引用元)を明らかにしておくことは大切なポイントじゃないでしょうか。

先日も、わたしのブログのあるグラフが、無断転載されたということがありました。ブログを見る限り歯医者さんで、わたしが「新型インフルエンザの予防には歯磨きも有効だそうですと書いたら、いい記事ですね。うちでも紹介させてくださいと一方的にコメントして、わたしの作ったグラフを、まさに無断転載して、その後に、ご自分のご専門の歯磨きや口内衛生とインフルエンザについてに文章を書いているというものです。
 → 過去記事:「これはびっくり! ビックリ日記にうちのグラフをこんな形で「紹介」される~日別集計

わたしの場合、その記事のどこかに、うちのブログのURLなり、サイト名なり、わたしのハンドルなりが書かれていれば、むしろ、「お、さすが、ご専門家、詳しいですね~」と、友好的なコメントを残して終わっていたとさえ思うのです。よく、WinWinの関係などと言われますが、別に「Win」とまではいかなくて、単なるよいしょのし合いであっても、お互いに気持ちがよくなること、それが、ブログの交流の大切なところだと思うのですよね。そのためには、マナーなり、ルールなりは守る必要があると思います(ま、しかし、このマナーやルールが確定していなかったり、ひどくローカルだったりして、そこでの軋轢もあるわけですけど)。

この逮捕されたケースでは、無断転載の被害にあった法研が、ブログサービスの運営者に通報し、運営者が記事を削除するということがあり、さらにそれでも平然と同じことが繰り返されたということがあって、逮捕になったわけなんですね。

逮捕まで行くのは珍しいと思いますが、コピー記事で成り立つブログってけっこうありますよね。最もよく目にするのが、ニュース記事の全文転載。わたしが目にするところでは、一応、URLやサイト名なども書いてあります。記事よりも多く意見などが書いてある場合は稀なケースで、10~20行記事の全文転載があって、わずかに2~3行、せいぜい数行の意見が述べてあるというのがほとんです。これは適切な引用とはいえないと思うのですが、現状、野放し状態というか、大きな問題にはなっていないと思います。

ただ、逮捕された男のケースも、「gooヘルスケア」いう、大手ポータルの美容と健康関連コーナの記事の一つです。この男にとっては、ブログにあふれる新聞記事のコピーと、「gooヘルスケア」の記事の本質的な区別がつかなかったのかもしれませんね。なんであいつらはよくて、俺はいけないのか……と。

ま、ほんでも、運営者から削除され、その旨連絡を受けながら、平然と続けるというのは、基本的にまずいです(たぶん、メールなど見てなかったのでしょうけど)。

いつものグラフはあとで追記。

にほんブログ村 ブログブログへ

「等身大ガンダム」って前に売られていましたよ~「等身大」と「実寸大」

2009-05-28-Thu
もうかなり随所でとりあげられている話題なのですが、

「実寸大ガンダム」をお台場に立てる。その製作過程を順次公開していくというようなプロジェクトあるようなんですね。
 → ガンダム・プロジェクトの公式ページ
 → ヤフー:「1/1実寸大ガンダム 大地に立つ!

大地に立つでなくて、倉庫で寝てる「実寸大ガンダム」なら、前にありましたよね。結局わたしはこのときは、横溝正史をとったのですがw。
 → 過去記事:「横溝よりもガンダムか?~実寸大アトラクション

ところが、このお台場の実寸大ガンダムを「等身大ガンダム」と書いてる記事がいくつかあるのです。ちょっと古いのもの(プロジェクト発表時)が多いのですが。
 → 「等身大ガンダム お台場」でググる

ただ、この「等身大ガンダム」という言い方は、実は不適切だと思っています。過去記事で説明済みなので、詳しくはそちらを読んでもらいたいのですが、早い話が、「等身大」というのは「人の身体の大きさと同じ」という意味で使われるのが原則です。「等身大ジャイアントロボ」、「ほぼ等身大ガンダム」なんてのが過去に発売されてるのですが、それらは原寸大でなくて、人の身長と同じくらいのサイズなんですね。
 → 過去記事:「「等身大」のジャイアントロボ……か。

ところが、一方で「等身大ハロ」ってのも出たことがあって、それは「原寸大」(だって、アニメにはあったけれど、実物はなかったのだから「実物大」とも言いにくいでしょう)という意味で使っています。

今回の、お台場のプロジェクトで「等身大ガンダム」という言葉を使うのは誤用だと思います。「実寸大」もしくは「原寸大」ってのを使うべきだと思いますね。

ヤフーニュースでは「実物大ガンダム、お台場に立つ!」となっています。記事の冒頭に書いたように、公式プロジェクトと連携してるようで、きちんとしています。

公式ページでは、「実物大のガンダム」(<meta>タグのDescriptionでは「実物大のガンダムが“緑あふれる都市東京の再生のシンボル”として登場します」"となってます)のほかに、「縲怐uガンダム」と文字化けしてます。こんな大切なところで、こんなことでいいのでしょうか。
jigugun.png

18m 1/1ガンダム立像」と書かれているページもあります。こっちはこっちで、仏像など見ているせいで、どうしても「がんだむりゅうぞう」と読みたくなってしまうので、こちらもこだわりたくなってしまいそう~(笑)。

いずれにしても、公式には「等身大ガンダム」とは言ってませんね。



ブログランキング・にほんブログ村へ

ついにドリーム大相撲は連覇!~平成21年度夏場所

2009-05-27-Wed
ドリーム大相撲は、うちの目多掘部屋が、逆転優勝でした。

目多掘部屋がまさかの天鵬兄さん楽日勝ち越しで100点の大台に乗せ
逆転優勝で連覇(゚∀゚)おめでとうございます。
終始優勝争いをリードしていたGo for部屋は楽日2勝4敗で無念の2位。
雅様・黒海が揃って黒星だったのが非常に惜しまれます('A`)

とバカピカさんが書いてますが、はい、千秋楽、横綱白鵬と大関日馬富士が優勝決定戦に出たということが、実はラッキーな面もありました。優勝決定戦には出場ボーナスも、勝利ボーナスもあります。ただの優勝よりも価値があるんです。そして、優勝得点も加算されるわけでして、唯一白鵬と日馬富士の二人を指名していた、わが目多掘部屋が有利でした。

と、ドリーム大相撲の勝利のことばかりかくのもあれですが、うちの力士についてちょっとコメントしながら場所を振り返っておきますね。

☆日馬富士
大関3場所目にして、14勝1敗で優勝です。稽古もたくさんしたようですし、膝の不安も土俵では見られなかったので、調子自体もよかったのでしょう。また、メンタル面が大関昇進前の安馬の時代に戻っていたと思います。いわば、「挑戦者」というか、「若武者」というか、そういう積極性が安馬の信条で、それをあらわすのが、まさに駿馬のようにすばやく、一気に突っ込んでいくというスタイルに出ていたと思います。今場所は、それが復活したようですが、立合い手のあてがい方を昔と変えたかなという気がしないでもありません。前は、どっちかというとのど輪狙いみたいな、手をつき伸ばし入るようなところがあったと思うのですね。大関になってからは回し狙いでいってると、ま、そんな気がします。

さて、何日目でしたか、稀勢の里戦の「変化」が話題になっています。Youtubeで探しました。単独の取り組みはなくて、下の1分40秒くらいのところに出ています。

日本相撲協会の諮問機関である横綱審議委員会(横審)が25日、東京・両国国技館で開かれ、夏場所を14勝1敗で初優勝した大関日馬富士(25)の来場所での綱とりに厳しい意見が相次いだ。出席した12人の委員がこうした姿勢を示した。各委員は大関昇進後の成績が8勝、10勝にとどまり、11日目の稀勢の里戦での変化を痛烈に批判。横綱昇進のノルマとして、14勝以上の優勝、立ち合いの変化を“全面禁止”とする過酷な条件を課した。

やり玉に挙げられたのは、11日目の稀勢の里戦だった。立ち合いの変化でうっちゃったが、鶴田委員長は「評価できない」とばっさり。内館委員も「番付が下の相手にやってはいけない。朝青龍も白鵬も変化はしない」とまくし立てた。
 → iza:「日馬富士に高いハードル 横綱審議会

「全面禁止」なんてことは、全くもって迷惑な話だと思いますけどね。朝青龍が、やはり、稀勢の里に蹴手繰りという技を見せて転がして、「品格がない」などと言われない批判を受けたことがありました。横綱ですからね、やみくもに頭を下げて突っ込んでくるような力士は、こうした足技で転がすこともできますと言わんばかり、一つの技の手本を土俵上で見せたと理解するのがいいと思うのです。
 → 過去記事:「平成18年度九州場所~まとめ

日馬富士が言ってるように、当たってから変化しているように思いますけどね。

全勝の日馬富士に1敗の稀勢の里が挑む、この日随一の好取組。制限時間いっぱいの土俵に注がれた今場所最大の歓声は、あまりにもあっけない結末にため息へと変わった。目先の勝負にこだわった大関に対するお客さんの反応は正直だ。

変わり気味の立ち合いに、「当たってましたよね」と報道陣に逆取材したが、ファンが期待する真っ向勝負とはほど遠い。とったりで転がしたとはいえ、自身のブログのタイトルが「真っ向勝負!」であることを忘れたような内容だった。
 → iza:「作戦勝ちだけど…日馬富士にファンため息


それに、「とったり」です。「とったり」といえば、これ。

わたしにとっての「とったり」は単なる崩し技で決め技ではなかったのですけど、体勢によってはこんなに見事に決まるんです。

稀勢の里戦で日馬富士が下手糞なとったりしかできなかったというのなら、ダメでしょう。しかし、見事に決まってます。これは、ちゃんとした技だと思いますけどね。

確かに、3人いる横綱の全員がモンゴル人で日本人がゼロだなんて耐えられない気分の方もいらっしゃるでしょう。だからといって、やたらめったら真っ向勝負を美化して、こうした瞬間の反応力から出る技を軽視していることが、かえってハードルを高くしていることに気づかないのでしょうか。どんどん力士が大型化している時代に、比較的小兵の日本人力士が変化を否定されたら、勝ち星があがらないでしょうね。これでは、大関に昇進できる日本人力士がどんどん減ってしまうと思いますね。運よく大関になれたとしても、横綱なんて無理じゃないでしょうか。

正面から当たることは大切だし、頭から行くことも、胸で受け止めることも素晴らしいと思います。しかし、蹴手繰りやとったりだって、見事に決まればすごい技なんです。技の名前に品格がないなどというでたらめ極まりない因縁をつけた横審委員が依然しましたけれど、技は技、逃げたというのとは違いますので、そこはよく考えてほしいと思います。お客のため息だって、日馬富士のとったりにがっかりしたのか、稀勢の里にがっかりしたのかは、わからないでしょうしね。

ま、日馬富士、来場所綱取りです。余分なプレッシャーかけられましたけど、今場所と同じ、自分の相撲を一番一番お願いします~。

☆白鵬
とっても安定感のある横綱になったと思います。琴欧洲に連勝を止められた相撲を見ていないのですが、驚きとともに残念でした。後半どうも「腰痛再発」というニュースがありましたんで、まずは養生して、来場所、また連勝記録を始めてください。

☆把瑠都
なんと4勝11敗。 初日に足首をやってしまったようですね。足の故障は大型力士だけにつらいものがあります。左膝と右足首に古傷をもち、大型であるわたしもよくわかります。魁皇は持ち前の技術と腕力で、あの脚の裏側の故障がありながらも勝ち越せるわけです。スポーツことに格闘技には怪我がつきもの、しかし怪我をしにくい相撲、怪我をしていても勝てる技術を把瑠都も身につけられるといいと思います。 

☆豊響 11勝。惜しくも三賞を逃す。
よくぞ復活してくださいました! 病気が網膜はく離で、治ったとは言え、もうあのビッグバンベイダーのような体当たりはみられないかと思いましたが、全然大丈夫な感じです。三賞選考には名前が出たようですが、過半数に至らなかったとのこと。「網膜はく離という病気からの復帰です。せめて千秋楽の結果次第」というのにしてほしいところです。来場所は番付もあがりますんで、がんばってください。

☆旭天鵬 銀星1つ
千秋楽での勝ち越しは、ドリーム大相撲にとってもありがたかったです。

☆安美錦 金星1つ
朝青龍を一気にやぶる、今場所唯一の金星をあげながら、5勝10敗。故障によるものと思うので、直してもっと上を破っていってほしいです。

そして、最後に、白鵬に抜きさられ、日馬富士にも抜かれようとしている朝青龍……。いよいよ引退か、それとも復活を見せるのか……。楽しみです。がんばれ! 朝青龍



にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
HOME NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。