David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

スポンサーサイト

-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「視覚の魔術-だまし絵」展~名古屋市美術館

2009-04-30-Thu
名古屋市美術館で開かれている「視覚の魔術-だまし絵」展を見にいきました。

「だまし絵」というたいうことで思い出すのは、エッシャーとか、マグリットです。おなじみの作品も展示されています。企画側の今回の目玉はポスターにもなっている、この一枚の肖像画です。

damasieten.jpg

上の絵は公式サイトのトップをそのまんまコピーさせてもらいましたが、これが今回の目玉です。16世紀にハプスブルグ家に仕えた宮廷画家ジュゼッペ・アルチンボルドの日本初公開作品です。「ウェルトゥムヌス(ルドルフ二世)」の「肖像画」として書かれながら、四季の果物や野菜、穀物を巧みに組み合わせて描いています。トリックアートでは「ダブルイメージ」という手法に分類される作品ということです。会場ではどこでどの野菜がつかわれているかということを細かく説明してあります。時間があればじっくり見られると思います(わたしが行ったのは休日で大変混雑していました)。

上のアルチンボルドの「ウェルトゥムヌス」と同様の手法の歌川国芳作品もあります。裸の男を集めて一人の男の顔をつくっているような作品や、猫の顔が数多くの猫の集合でできているとうような作品。これもどこかで見たことがある……。こうした寄せ集めだけがダブルイメージというわけではなくて、一枚の絵に表に表れたものとさらぶ別のものが隠れるように描かれているようなものを言うようです。うまくいえませんが。

もう一つ、「トロンプルイユ(trompe-l'œil)」というフランス語が紹介されています。「目を騙す」という意味なのですが、まさに「だまし絵」ということです。家具屋で本箱の展示をしているのをみるとダミーの百科事典や書籍が入っていることがありますが、ま、その絵画版とでもいいますか、戸棚や状差し(レターラック)を本物そっくりに描いて、実物の雑貨や手紙があるように思わせる……そうした作品です。ヨーロッパやアメリカで大流行したというような説明もされています。また、石造そっくりに描いた一枚の板。遠めに本物の石造ですが、横にたつと平面板だとういうことがわかります。、しかも時代を経てだったと絵画があります。こうしたものは、芸術、美術というよりは、広告が華やかな現代社会ではいくらでもあるようにも思います。ただ、写真やコピーの技術が一般にひろがっていなかった時代には、特殊な腕前を持つ人たちの特別な技であり、さらに、芸術作品といえるものはその一部なのでしょう。

日本でも、「描表装」(かきびょうそう)という手法があります。本来掛け軸は絵なり書なりを画家や書道家が、それを表装して一枚の掛け軸に仕上げていくのは別の職人(表装職人?)の仕事なわけです。ところが、画家の側がその表装が担当する部分をあらかじめ絵で描き込んでしまうという手法が「描表装」で、これも一つの「だまし絵」という解釈で展示されてます。

「ダブルイメージ」や「トロンプルイユ」の手法、そして、「アナモルフォーシス」と「さや絵」など、いろんなだまし絵の手法を欧米と日本から紹介するというのも一つのこの展覧会の特徴でありみどころです。

……ですが、わたしが見て一番すごかったのは、パトリック・ヒューズの「水の都」でした。これはすごい! 順路に従っていくと、ちょうど正面からその作品と対峙することになるのですが、その配置がまたすばらしかったのでしょう、その立体感は驚愕といっていいです。思わず声をあげてしまいます。そして、絵を見たまま、右にうろうろ、左にうろうろ……。こんなことできるはずがないと思って、近づいたり、遠ざかったり、EXILEさながら絵を見つめたまま、身体をグルグル回してみたり……。それでも絵は着いてきます。着いてくるといっても後を着いてくるわけではなくて、奥行きというか、立体感というか、3Dの状態を忠実に維持します。横だけでなく、上下にも! そして、それは、コンピュータなどによる映像のトリックではなくて、ちょっとした工夫によってもたらされているのです……。ちょっと進んで隣の作品の前まで行き、振り返ってほぼ真横から「水の都」を見るとそのからくりがわかります。そのあまりの単純さに、え? こんなことでと改めてビックリ! 戻ってもう一度作品を見ると納得します。わかってみるとちょっとアレなんですが、実際見て驚いて見てほしいです。
 → 特別展「視覚の魔術-だまし絵」展ブログ:「話題の「だまし絵」作品その1
 → パトリック・ヒューズのホームページ

途中で、零円札もやがて登場するのかと思って見ていましたが、今回のトリックアートの中では紹介されていませんでした。特別展時間をとられて常設展まで回れなかった(その後大須へ行ったし)のだけれど、時間にゆとりがあったらどうぞ~。

■Note■□■□■□■□■□■□■□
開催期間:2009年4月11日(土)~6月7日(日)
開館時間 :午前9時30分~午後5時 金曜日は午後8時まで 
休館日:毎週月曜日(ただし5月4日(月・祝)は開館し、5月7日(木)は休館)
 → 公式サイト
■□■□■□■□■□■□■□■□■□


ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

だまし絵展に行ったあとで大須演芸場を行き三亀司に声をかけてもらう

2009-04-27-Mon
名古屋市美術館で「だまし絵展」を見て、その後大須に向かいました。

三亀司さんはブログで「風が強いんでとばされてお客が入る」と書いてますが、そんなんじゃなくて、わたしの場合は予定通りでした。獅篭がYoutubeで公開している「ターケネーター」がおもしろかったんで、ちょっと獅篭をみたくなったんです。落語のしゃべりと、四コママンガで鍛えてきた着眼点。これはいいかも~って思いました。


 ※どうやらこれは、第4回の独演会で上映されたようですが、わたしは第1回しか行けてないのではじめてみました。
 → 獅篭ブログ:公演情報

幸福のホームページにある割引券を持って行った(というか、財布にいつも入っている)のですが、おかみさんが「今日は1000円でいいです」と言ってくれました。最終回はよくおまけしてくれますね。

わたしは入ったときは、平林(立川平林)がすでに始まってました。名古屋弁落語をしていました。わたしが、以前「平林にこのネタあげるわ」って書いた「鶴舞」のネタをしゃぺってました。う~む。ちょっと今日はあえて辛口で書きましょう。平林、顔が怖いですw。ええと、表情が怖いんです。優しい顔でやってもらった方が笑いやすいと思います。それと、早口過ぎませんか? 落語のリズムじゃなくて、漫才のリズムみたいです? 平林には平林の考えがあってやっとるんでしょうし、名古屋弁のリズムってのは早くとなのかもしれませんが、どうでしょう、もう少しのんびり、ゆったり演じてみては。

次が、かつら竜鶴。もう80才なんですね。前は黒メガネだったんですが、今日はメガネなし。いい感じです。この方が何倍もいい。「名古屋甚句」に「名古屋名物」、とてもよかったです。で、雷門幸福。最初の挨拶がマイクが遠くて小声で何しゃべってるのかわからなかたけれど、落語に入ったらちゃんと聞けました。その点は問題ない。聞きやすかったし、もう、わたしが何か言えるレベルじゃないでしょう。

で、三亀司の独楽。お元気そうで何よりです。「風車」という芸が不本意だったらしく、悔しい悔しいと言いながら再チャレンジをしてました。「わたしくらいのベテランになるとなぜだか時間がわかる。今28分で、あと10分くらい……」などといいながらやるわけですが、別にベテランの勘で時間がわかるわけでなくて、大須演芸場の出入り口の隣に時計があるので誰だってわかるんです。ネタのつもりかなにかわからないですw。「みなさんにもお教えしましょう。どうしたら時間がわかるか。出入り口のところに時計があるんです。あれを見れば誰だってわかる。でも、みなさんは、やっちゃあいけません。落語でも、歌謡でも、漫談でも。演じてるのに、お客さんがちらちらと後ろの壁の時計を見られたらたまりませんからね。ほらっ。独楽だって落っこちゃう~」とかさ。

最後は三遊亭楽市という岐阜出身の若い落語家。10日間くらい大須にあがってるそうです。がんばって~。

大須はあいかわらず平和でした。帰りがけに、三亀司さんが降りてきて、「久しぶりだね。今日はプロレスやっとるの?」とやさしく声をかけてくれました。前にプロレスのついでに来てるというようなことを話したのを覚えてくれていたのですね。「いいえ、今日は美術展で……」と短く話して終わりました。

ちょっと、大須で笑いのセンスを取り戻したので、メキシコの豚インフルエンザの記事ができたのですね。
 → 「メキシコで豚インフルエンザでマスクってぇと、やっぱりあれですかねぇ……と不謹慎なことを書く。

ブログランキング・にほんブログ村へ

メキシコで豚インフルエンザでマスクってぇと、やっぱりあれですかねぇ……と不謹慎なことを書く。

2009-04-27-Mon
メキシコで、豚インフルエンザが発生し、恐れていた新型インフルエンザのパンデミックの危機ですね。

わが愛知県では豊橋で鶉(うずら)に鳥インフルエンザが発生したということで、もう、それだけでも大変だったのですが、今回は人間に感染してるし、相手は豚ですからね。いろいろ処分するにしても大変だろうなぁと思います。

「新型インフルエンザは鳥インフルエンザから」というようなことを言われてましたよね。わたしも「他の家畜はいいの? 猫にもインフルエンザがあるって聞いたけど」と、職場で話したりしていましたが、あるいは「鳥インフルエンザが変異して新型インフルエンザになる」という学説に、すっかりだまされていたのかもしれません。いや、「騙されていた」というのは言いすぎだと思います。そのパターンしかないと思い込まされていたというか。ちょうど、「東海大地震」や「東南海大地震」がいつかくるいつかくると言っていると、大地震には他のパターンもあるとういことを忘れてしまっているような……。

でも、「騙されていた」と書いたのは、過去の「スペイン風邪」(1918~1919年)のウィルスが鳥インフルエンザに由来するようだということになっているようなんですが、そりゃもちろん鳥だって無関係ではないでしょうけれど、だからといって、次のが「鳥しかない」という証明はできていなかったのですね。

それに、何より、「騙された」と感じたのは、ひょっとして、当時はまだ広域にウィルスを拡散する力をもっているのが鳥だけだったということではないのかなと思ったんですね。鳥の飛行能力というか、渡りの力ですね。飛行機がなかった頃は鳥を介在して新型インフルエンザが運んでいたのだけれど、今は、飛行機を使って人が多量に行き来しているわけですから。飛行機に乗るには、電車やバスに乗るし……。メキシコ→アメリカと来たからは、日本に来ないわけはないですよね。

そんなことを思って、いくつかブログを見ていたら、こんな記事が。

 人が多く集まる場所は感染の可能性が高まる。
 サッカーは「無観客試合」に。
メキシコ豚インフルで2試合無観客戦に [ 海外サッカーニュース : nikkansports.com ]
 プロレスは無観客とはなかなかいかない(あるけど)。

 やはりルチャリブレにも大きな影響が出ている。
早期終息を [ Mask Maniaへの道!!: ]
 CMLLは、24日(金)のアレナ・メヒコ、26日(日)のアレナ・コリセオ大会を中止とした。
 その他、各地で大会が中止となっているようです。

 → BLACKEYE2:「豚インフルエンザの影響でルチャリブレ大会の中止相次ぐ

あ~、メキシコといえばルチャリブレ(メキシコのプロレス)、ルチャリブレといえばマスクマンじゃないですか。





新型インフルエンザはルチャリブレのマスクで撃退! というわけにはいかないのでしょうね。



ブログランキング・にほんブログ村へ

映画:「レッドクリフパート2~未来への最終決戦」~劇場で

2009-04-25-Sat
「レッドクリフ」の続編というか、後半というか、クライマックスというか、要するにパート2を見てきました。いろいろ、ネット上のレビューを拝見すると、パート1の方がよかっただとか、冗長だとか、派手すぎだとかいろいろあるようですが、個人的にはパート1よりもおもしろかったと思います。時間の長さを感じさせず、すっかり映画に引き込まれました。



1より2の方がおもしろい映画は少ないといいますが、ま、それは一般に二匹目の泥鰌を狙った場合の話で、最初から前・後編の2部を考えて作ったというか、本来的なクライマックスを後半に置いて作っている場合は当然違うはずです。一人ひとりを紹介の意味を込めて丹念に描いていた前半に比べて、それらが一気に混ざりあり、反応して、大きな合戦となっていくという後半、その迫力は圧巻でした。

曹操にとっては天下制覇への戦いの一つだったのかもしれませんが、呉・蜀にとっては、まさに存亡を賭けた最大の戦いであったわけです。個人がどう、ヒーローがどうとは言っていられません。個人が最大限の力を合わせ集団で戦っていくわけですね。もちろん、映画としては幾人かにスポットが当てるわけで、孔明と周瑜、小喬、趙雲、孫尚香、曹操くらいがメインですね。

すが、パート1よりもパート2に見所があった一人はデブスケ孫尚香でした。蹴鞠シーンを含めデブスケを巡るエピソードと、優雅に酒を飲みながら10万本の矢を手にする孔明のシーンなど、楽しめる場面でした。また、パート1で、なんかがっかりした曹操だったのですが、パート2では上手かったというか、慢心と驚愕の表情などがうまく出ていたと思います。

レッドクリフ Part I コレクターズ・エディション
エイベックスマーケティングコミュニケーションズ (2009-03-11)
売り上げランキング: 191
おすすめ度の平均: 4.0
3 もったいない…!
4 男達の熱い友情&一騎当千
5 リン・チーリンの美しさにやられた
4 関羽のためだけに!
4 日中連合エンターテインメント


娯楽大作。ゴールデンウィークに見るにはピッタリの作品ではないでしょうか。1、2がセットですから、ぜひ、1を見てから2を。



にほんブログ村 映画ブログへ
HOME NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。