FC2ブログ

David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

ウソバスターがFC2でも自作ブログを作ってた~週別集計

2009-01-12-Mon
テレビ朝日系列の情報バラエティ番組「ウソバスター」は、インターネット上に散見する、怪しい情報、いい加減な情報をクイズ形式で紹介、その真偽をチェックするというような趣旨の、一見とてもおもしろくて、ためになりそうな番組を放送していたのですが、実はそのインターネット上の怪しい情報というのが、番組スタッフの自作したブログだったという……ウソかマコトか、バスターしてるんだかされてるんだかわからないようなできごとが起きていたようです。

テレビ朝日系で10日に放送された情報バラエティー番組の中で、「インターネット上で流れている情報」として紹介されたブログが、実際は番組制作スタッフが作成したものだったことが11日、わかった。

 この番組は、テレビ朝日制作で10日午後7時から放送された「情報整理バラエティー ウソバスター!」。

 一般に流れる様々な情報の真偽を検証し、クイズ形式にした内容で、「NEWSの語源は英語の東西南北の頭文字」「干支(えと)のイノシシは、中国や韓国ではブタ」「サケとシャケの違いは加工の有無」などと書かれた六つの雑学ブログが、出題のネタ元として画面付きで紹介された。

 しかし、番組終了後に、これらのブログをインターネットで見た視聴者が、いずれも同じ昨年12月10日に作成されていることに気づいて「あまりにも不自然」と指摘。同社も番組スタッフが撮影用に作ったブログであることを認めた。
 → ヤフーニュース;「「ネットが情報源」テレ朝番組、実はスタッフがブログ自作」(読売新聞・1/12付け)

たとえば、「地下鉄にカーブが多いのは運転手の眠気防止」だとか、「NEWSの意味はNewの複数形でなく、東西南北の頭文字をとった」というよな俗説とも言えるネタを検証するわけなんですね。そもそも、世の中、いいかげんな噂、デマなどはたくさんあるので、もちろんネット上やブログ上にあっても、おかしくもなんともないと思います。だから、こんなウソか、ホントかわらかないようなネタをクイズにして、本当はどっちなの? どうなの?ってのを検証しても、別に番組としてはアリだと思うのです。ただ、正直今さら感もありますので、そのあたりを、ネット上からユーザ(視聴者)に探してもらうということが、一つのミソだったのかもしれまえん。

ま、そのためには、実際のブログが欲しいってことで、ま、その見本にと、スタッフが作っちゃったようなんですね。すでにまとめWikiができますし(→【ネットは嘘だらけです!】 テレビ朝日 「情報整理バラエティー ウソバスター! 」で仕込みブログ発覚まとめ )、fc2ブロガーにもとりあげてる方がいらっしゃいました。
 → ニュース超速報:「テレビ朝日「情報整理バラエティー ウソバスター! 」で仕込みブログ発覚

これらのサイトの方が当然詳しく、また、整理もきちんとされてますが、いちおう興味本位でどんなブログが作られたのかを、URLと魚拓を紹介しておきましょう。

【該当ブログ】
NEWSの意味 http://blog.goo.ne.jp/dorako2112/e/0960f1c4fc42bca30d11d426004bc9a8
セメダインの意味 http://blog.goo.ne.jp/shin160331/
サケとシャケの違い http://blog.goo.ne.jp/hippopotamus00
つまようじのギザギザ http://dora4112.blog6.fc2.com/
干支のイノシシ http://blogs.yahoo.co.jp/maiko0411006
地下鉄のカーブ http://blogs.yahoo.co.jp/w_water2500/5108105.html

【魚拓】
NEWSの意味
セメダインの意味
サケとシャケの違い
つまようじのギザギザ
干支のイノシシ
地下鉄のカーブ

捏造に利用されたブログは、別に被害者ってことはないのでしょうけど、gooブログが3つ、Yahoo!ブログが2つ、そして、FC2ブログが1つです。記事が非常に少ないブログが多く、中には1件だけの記事しかないところもあって、いずれも日付けが12月10日と、なんというか、不自然なところが多くて、ミエミエでバレバレってことだったようです。

別に、うちのブログでとりあげる必然性なんにもないのですが、ま、わがFC2ブログも捏造ブログ作りに選ばれたといういことで、記事にしておくことにします。(→こんな感じだったようです、FC2拍手やスポンサー広告など、ま、FC2ブログです~w)

ちなみに、公式サイトはこちら。
→ テレビ朝日:「ウソバスター」公式サイト

ええと、牛肉や、ケーキ、赤福、鶏肉、ウナギ、料理……。食品関連の会社がこの手のことをやったらどういうことになってきたか、マスコミであるテレビ朝日が知らないわけではないでしょう。どう対応するか、しっかりと見届けたいものですね。





今日は寒いね。

では、いつものグラフはあとで追記。

にほんブログ村 ブログブログへ
スポンサーサイト



松山ケンイチがジョージ秋山の「銭ゲバ」をやるのですね

2009-01-12-Mon
こんな記事を見つけました。

日本テレビ系ドラマ『銭ゲバ』の制作発表記者会見が1月11日、日本テレビ日テレタワー内で行われ、主演の松山ケンイチやミムラ、りょう、椎名桔平など、豪華出演陣が出席した。

報道陣の質問に答える松山ケンイチ。主人公・風太郎を演じていくなかで、新しいお金の価値観を見つけたいと話した

原作は1971年に少年サンデーで連載されていた同名漫画。主人公・蒲郡風太郎が真実の愛を求めるがゆえに、お金の力で手に入れようと悪事に染まっていくという物語で、当時、悪の力を描いた問題作としても話題となった。

 → 「松山ケンイチ、笑いのためなら全裸もOK? - 『銭ゲバ』制作発表記者会見


へぇ、……。

銭ゲバ 上 (1) (幻冬舎文庫 し 20-4)
ジョージ秋山
幻冬舎
売り上げランキング: 299
おすすめ度の平均: 4.5
5 二つの顔
5 驚くべき日本漫画…
5 子供にも衝撃を与えた作品
4 生半可なヒューマニズムは通用しない
5 読み継がれて欲しい名作。


「世の中にはね、5円の金が払えない家もあるのよ」

忘れられない「銭ゲバ」の一節です。もう、はっきりとした記憶がなくてあれなんですが、「銭ゲバ」の主人公の育った家庭が貧しさをよく表す言葉です。この単行本(たしか朝日ソノラマ文庫かなにかだったと思う)を読んだ頃、まだ「大人」の世界のことはよくわからなかったので、学校で給食費の集金袋からお金がなくなり、貧乏だった主人公の少年が疑われるというようなエピソードがありました。その前後に出てきた言葉でした。たしか、学校のことで集金に来た担任に対して、主人公の母親が泣きながら言う言葉だったと思います。これが、「銭ゲバ」の主人公蒲郡風太郎の人格を決定していく象徴的なエピソードだと思います。

所謂貨幣価値みたいのがよくわからなくて、いつの時代の「5円」を言ってるのか、当時のわたしにはわからなかったのですが、もちろん今でもはっきりとはわかりませんが、今の時代なら50円くらいのことだと思うのですが……。

「格差社会」、「ワーキングプアー」の現在にはうってつけのテーマかもしれません。子どもの学校の給食費も払わない家庭が問題になっています。ほんとうに苦しくて払えないのか、やりくりすれば払えるけれど他に(たとえば、ケータイ代とかに)使っちゃうから払えないのか、あるいはそもそも払う気がないのか……、こっちの問題はまた別の問題ですが。

「銭ゲバ」は、後に一世を風靡した「ピンクのカーテン」の原作でもある、ジョージ秋山で、ま、わたしの大学時代には、ある先輩は「マンガ界の良心」だと教えてくれました。

先日、うちのブログでも「コドモのコドモ」の映画化の話について、公開中止を求めるようなコメントが長期間にわたって大量に投稿されることがあったのですが、その点についてわたしは「見てないから判断できない」という当たり前のことしか答えられませんでした。

その時思い出していたのは、やはり、同じくジョージ秋山の「アシュラ」が連載開始間もなく、有害図書と大バッシングをされたこととです。

『アシュラ』第1話には飢餓から人肉を食べ、我が子までをも食べようとする女の描写がある。これを掲載した1970年8月2日号の『週刊少年マガジン』は一部地域で有害図書指定され、作者本人にも取材が殺到し、秋山は一躍時の人になる。
 → WIkipedia:「ジョージ秋山

確か、これに対するジョージ秋山のコメントを立風書房の単行本で読んだのですが、はっきりと思い出せませんが「一部の描写だけでなくて作品の最後まで読んで欲しい」とういようなことをことを言っていたと思います。

確かに、第1話の飢餓と人肉食のシーンは、当時のマンガ週刊誌朱色のインクと黒インク二色刷りで、かなりグロい印象はあったと思います。飢餓のあまり、生きている子どもを火の中に投げ込んだ直後に大降りになった雨でその火が消え、一命をとりとめる……。それが主人公アシュラ少年なんですね。そういう根源的な愛情関係を否定されたアシュラ少年が、壮絶な環境を生き抜き、運命を呪いながらも父や母を求めている……、そういう哀しいストーリーです。

ちっとも松山ケンイチの話が出てきませんでしたが、このドラマ化をきっかけに、もう、「銭ゲバ」も「アシュラ」も、そういう意味では絵そのもの映像よりも、世界観がグロくて、確かに子どもドギツいものがあるかもしれませんが、「日本列島蝦蟇蛙」(にほんれっとうがまがえる)と並んで、もう一度読まれるようになるといいかなと思いますが……、どうなんでしょうか。

アシュラ (上) (幻冬舎文庫 (し-20-2))
ジョージ秋山
幻冬舎
売り上げランキング: 3303
おすすめ度の平均: 4.5
4 泣けばいいってもんじゃ…
5 生まれてこないほうが良かった…
5 本質を問う一冊
4 小学生の時に読んでたら人生観変わったかな
3 子供の時読んでおく漫画


最後に、この記事の「笑いのためなら全裸もOK?」って見出しは何? 読めば、松山ケンイチが役者魂を語る部分なので、それはそれでリップサービスとしてはいいのだけれど、この見出しでは「銭ゲバ」をコメディと誤解されかねないんで、この記者(編集者?)に強くNGですね。


 → NTV:「銭ゲバ」公式サイト



ブログランキング・にほんブログ村へ
HOME