David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

スポンサーサイト

-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朝青龍よ、今こそ品格を!~平成21年度初場所を終えて

2009-01-27-Tue
千秋楽の本割で、ちょっと合わないので「待ったかと思った」全勝の朝青龍を、1差で追う白鵬が軽く寄り切って優勝決定戦に。優勝決定戦は、わたしは、唯一白鵬が負けた日馬富士戦が繰り返されたように思いました。受けにいく白鵬に対して、低くもぐるように前褌をとりに行く一気の攻め。朝青龍にも、日馬富士に白鵬の攻略法はわかっているのかもしれません。


場所前引退をささやかれた朝青龍が優勝で復活をアピール、白鵬も本割で勝つが一歩及ばずという展開で、ま、悲喜交々ってことはあるでしょう。ま、朝青龍にとってはできすぎの、白鵬にとってはちょっと悔しい結果だったかもしれません。相変わらず心配な大関陣ということはありますが、三賞を獲った豊真将豪栄道そして三賞は逃しましたが栃煌山が復活してきていて今後の楽しみとなっています。個人的には把瑠都に二桁あげてほしかったですけど。

いろんな見方があるでしょうけれど、強い2横綱の時代というのは、絶対におもしろいと思います。それは国籍がどうということには関係しません。今年はこの二人を中心に、一年間充実した大相撲になってほしいと思います。場所後の放送で稀勢の里戦のダメ押しについてウダウダ言ってる人もいますが、引退がかかっている場所です。そのくらい必死であっても止むを得ないんじゃないでしょうか。余裕があるときならいざ知らず、初日のことですし。それに見てください、まさに崖っぷちから、必死に、必死にもり返したって感じですから。


琴欧洲戦も見てみましょう。この最後の「左ラリアート」の空振りがやり過ぎだとか……。あれは土俵の中ですし、当たってないのですから、とがめるには当たらないと思います。当たったらどうなるかと思うようなすごい空振りですけど……。そのくらい魂を込めないとこの場所は乗り切れませんでした。わかっていらっしゃいますか? こういう相撲をとっていたら、誰も「無気力相撲だ」とか、「八百長だ」とか言われないと思いますよね。朝青龍は「八百長で復活した」などと言われるわけにはいかなかったんです。わたしは、稀勢の里戦や琴欧洲戦で、八百長疑惑も打ち消すことに成功したと思うのですけれどね。



ただ、優勝を決めた後の「土俵上のガッツポーズ(万歳)」がいただけないと、横審でも意見が出たようです。

朝青龍の復活を評価=ガッツポーズに苦言も-横審

 大相撲の横綱審議委員会は26日、東京・両国国技館で定例会合を開き、初場所で復活優勝を遂げた朝青龍を高く評価するとともに、優勝決定戦の後に土俵上で両手を上げてガッツポーズをしたことに批判的な意見が出た。武蔵川理事長(元横綱三重ノ海)は「注意する」と答えたという。
 記者会見した海老沢勝二委員長は「朝青龍はよくやったという意見が出た。今場所は最近にない活況で、全員が危機感を持って土俵を充実させようとした成果だ」と指摘。朝青龍のガッツポーズについては「いろんな意見があると思う。無意識に出たポーズにも見えるが、勉強すべき課題だろう」と語った。そのほかの言動に対する意見は出なかったという。
  → 時事ドットコム:「朝青龍の復活を評価=ガッツポーズに苦言も-横審

わたしも、横審の意見に賛成です。「無意識に出たポーズにも見えるが、勉強すべき課題だろう」。さすがの言葉です。再発防止委員会の外部委員のやくみつるが「成績には脱帽だがここはいけない」と言い、「相撲評論家」でない杉山さんが「90点から95点だが、ここだけはいただけない」と言ったその一点です。わたしも同意見です。自然に出たポーズで、感情に直接訴えかけるものです。今の時代にはこういうことがウケるとわたしは思います。

しかし、もう、そういう朝青龍は卒業していいと思います。我武者羅にやれば強い朝青龍はもうわかっているのです。そういう新生朝青龍を目指してほしいと思います。

ただ、「品格がない」というような抽象的な言葉でいくら言って、異なる文化で育った朝青龍にはなかなかわからないところがあると思います。ガッツポーズをしないことがどうして強い横綱ということになるか。ダメ押しをしない横綱をどうしてみんなが尊敬するか。そこのところをわかりやすく朝青龍に伝えられたら、朝青龍はそうなろうとするかもしれません。ただ、国籍を変更しない限り尊敬されることはないというような差別的な視点があるとしたら、まだまだ朝青龍は戦い続けるかもしれません。

最後に、表彰式のハプニング(?)。麻生総理が例によって読み間違いをしたというお約束でして。なんでも「内閣総理大臣杯(盃または賞?)」というべきところを「杯(盃または賞?)」の字を読み飛ばしたため、内閣総理大臣、朝青龍明徳」となってしまったんだそうです。たぶんこれが、床山さんの伝聞として出てくる「なりたいのは大統領だ」という言葉につながってしまったんだと推測しています。ほんとうにやらずもがなな。


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
スポンサーサイト

映画:「チェ 28歳の革命」~劇場で

2009-01-25-Sun
映画「チェ 28歳の革命」を見てきました。つい先日まで、わたしの中で「チェ」といえば、チェ・ジウだったのですけど(ま、時々、チェ・ホンマンだったときにもありますが)、ま、今日からしばらくは、チェ・ゲバラであると思います。

 → 公式ページ

実は、まだ記事書きかけで公開できないでいるのですが、先日「ブーリン家の姉妹」を見てきました。どちらも、史実に基づく作品なのですが、ずいぶんイメージも見所も違いましたが、わたしは、内容的には「ブーリン家」の方が自分は好きなはずなのに、そしてたぶん、活字で読むとしたら、「ブーリン家」の方を自分は楽しむだろうと思うのに、なぜだか見た直後は「チェ」の方がとてもいい映画だったという思いを持ちました。

ほとんどBGMがなく、全体に乾いた感じです。最初は山林で、しだいに砂漠のような荒地から、都市へと、チェたち「反乱軍」の戦いは進んでいきます。苦戦もあり、また、規律違反や志願兵もある、仲間の死亡もある。そうしたエピソードを淡々と描いていきます。チェの立場も、最前線で指揮をとったり、新兵の教育係になったりと変化はします。しかしながら、全体的に銃撃戦や交渉、演説などがほとんどの映像です。ま、そうしてキューバ革命が成功していくわけですが、派手なアクションもなく(せいぜい、あの電車の脱線シーンくらい)、最新のCGや特撮もありません。手法としては平凡な映画と言っては語弊があるのでしょうが、わたしには敢えてそういう言葉がいいように思います。また、クライマックスと言えるような場面もありません。この二人は恋愛関係になるのかと思わせるようなシーンがないでもないですが、あるいは実際にはそういうこともあったのかもしれませんが、映画ではちっともそんなふうにスポットは当たりません。あくまで、チェ・ゲバラが革命に対して、いかに真摯であり、誠実であったのかということが貫かれている映画です。まるで、「野球小僧」と言われるような一流選手が甲子園に出て、プロ野球に入っても、大リーグに行ってもずっと野球が好きなように、チェはずっと、革命が好きというような感じです。そういう男のさわやかな半生を見せられた、そんな感じの作品です。

そして、なぜだか、日本のことを思います。日本にはこういうタイプの革命家がいなかったような……。強いて言えば、明治維新の時の坂本竜馬たちはそうだったのかもしれないと思ったりもしました。それと、今の日本ですね。政治が力をなくし、天下りとういような形で、一部のエリートが国民の税金を懐に入れることばかり考えている、そして、方や派遣社員や非正規社員の問題やワーキングプアーの問題ですね。格差社会が世代をまたいでいよいよ定着しようという感じさえあります。まさに、近い将来日本でも、このチェ・ゲバラのような強いリーダーを求める声がいよいよ高まるかもしれないなと思ったりしていました。

革命の勇士~チェ・ゲバラとカストロ [DVD]
ハピネット (2007-01-26)
売り上げランキング: 21414



さて、最後に、ちょっと気になっていた「チェ」について書いておきます。「チェ・ゲバラ」として有名なので、チェが本名だと思っている人が少なくありません。映画のなかでは「エルネスト」と呼ばれることも多いので。「エルネスト・チェ・ゲバラ」という名前で「チェ」はミドルネームと思っている人もいると思います。しかしそうではありません。わたしも気になって、さっそくWikipediaで調べたら、書いてありました。引用します。

「チェ」はアルゼンチンのスペイン語(リオプラテンセ・スペイン語をはじめとする諸方言)で「ねぇ君」などと相手に呼びかけるときに使う言葉に由来するあだ名である(ゲバラは何かというと「ねぇ、君」と相手に声をかけていた)。ラテンアメリカでは通常「チェ」もしくは「エル・チェ」(El Che。el は英語の the に相当する定冠詞)と呼び、「チェ・ゲバラ」と呼ぶことは少ない。本名はエルネスト・ラファエル・ゲバラ・デ・ラ・セルナ(Ernesto Rafael Guevara de la Serna)。
  → Wikipedia:「チェ・ゲバラ





にほんブログ村 映画ブログへ

なぞなぞ53)日本語クイズ:「逆もまた真なり」

2009-01-24-Sat
ちょっと大相撲の話題からです。

今場所--というのは、横綱朝青龍が三場所連続休場で進退がかかっていた平成21年初場所のことですが--、思いのほか絶好調で、13戦全勝で単独トップ、1敗は白鵬ただ一人という展開になりました。場所前の横綱総見で全然ダメで、「進退の掛かる今場所は出ないほうがいい」という意見は親方や先輩横綱、相撲記者や評論家などからも聞かれ、「再発防止委員会」という責任あるY氏からは、「実質的な引退興行になるであろう」という予想をされていたのであります。ま、いかにマスコミが偏った報道をしているか(もしくはその程度のいい加減な報道しかできないか)という例だと思うのですが、こういうことを「引退勧告」という大見出しをつけるスポーツ紙もあったわけです。

そういう今場所です。そういう予想に反して、朝青龍は初日から連勝を続けるのですが、「意外に調子がいいじゃないか」ということが言われ出したのは、5日めを過ぎた頃からだと思います。元大関の栃東がたしかNHKの番組かなにかで、朝青龍は調子が出てきたので、勝ち越しはできそうだし、下手をすると優勝しますというようなことを言ったのが、ちょっと耳に障りました。

もちろん、こういう言い回しの微妙な言葉にいちいちつっかかっていると嫌われるのですが、栃東の真意はともかくとして、「下手をすると優勝します」というふうに言ってしまうと、「優勝しないほうが都合がいい」というニュアンスが込められているようでちょっとなと思います(たぶん、場所前に朝青龍の不調を予想し引退勧告を自慢げに語っていた人たちにとって「下手をすると」って意味で栃東は言ってるんだと思います。栃東自身もそういう予想をしていたというなら、自分の予想を覆されてしまったわけですしね)。

で、その時思ったのが、「上手くすると優勝しますね」という言い方をしていたらどうなんだろうと思ったのですが、これなら確かに朝青龍を応援しているようなニュアンスが出て、ま、わたしにはすんなりと受け入れられたのでしょう。ただ、この場合、ダメだろうと予想していた人たちにとっては、ちっとも上手くないわけなんですが……。

それでも、この場合、「上手くすると」の方を使わないと、朝青龍の引退を望んでいるようなニュアンスがどうしても出てしまうんじゃないかなぁと思って気にしていました。

「上手くいく」とか「下手をする」とかいうのは、予想と同時に、主観というか価値判断もしているので、ほんと上手く言わないと感情的な行き違いになってしまいかねないなと思ったりして、言葉というのは難しいなと思ったのでした。

さて、ここからちょっとクイズというか、なぞなぞです。

こんなことを考えているうちに、この場合「上手くすると」でも「下手をすると」でも同じなんじゃないかという錯覚に陥って(実は全然逆なんですけど)、そう言えば、一つのなぞなぞがあったのを思い出しました。

久しぶりに、言葉のなぞなぞです。

普通は反意語です。ちょうど、ここに出てきた「上手い」と「下手だ」のように。

しかし、(ある使い方をすると)同じ意味になる言葉はなんでしょうか。


たぶん、このヤフー知恵袋の人はこれが知りたいのだと思います。

反対の言葉なのに同じ意味になる漢字ってなにかわかりますか?

補足
A←→Bでもあり
A=Bでもある
AとBに漢字をあてはめてください
 → Yahoo!知恵袋:「反対の言葉なのに同じ意味になる漢字ってなにかわかりますか?

この「補足」の書き方の方が問題としては優れていますね。

そんな漢字を考えて下さい。

トンチというよりは、確かに頭の柔らかさは必要ですが、いわゆる「いじわるクイズ」ではありません。

回答は、トラバで表示したいと思います。

※ちなみに、上のヤフー知恵袋の回答はベストアンサーどころか問題への確認だけで、回答にもなにもなってませんね。

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ

ブログ拍手の多い記事がどれか自分で知りたい~週別集計

2009-01-23-Fri
FC2ブログには「ブログ拍手」と「FC2拍手」と二つあります。名称と実態がどっちがどうなのか混乱しそうなんですけれでど、FC2ブログの記事に標準的に付加されているのは「ブログ拍手」です。この記事でも、左下にFC2ブックマークボタンと並んで表示されています。管理は、ブログの管理画面からします。

で、「FC2拍手」はこれをFC2ブログでない、他社のブログやホームページでも使えるようにしたものです。デザインなども同じで、たぶん機能的にも同じようなものだと思います(細かな違いがあるかもしれません)。
 → こちら

さて、わたしはFC2ブログに「ブログ拍手」をつけているのですが、もう、ありがたいことに拍手が2000を超えています。ま、長い間たくさん記事を書いていれば、こういうものは自然に増えるものでしょう。ただ、どの記事に一番拍手が多いかは、実は誰にもわかりません。いや、他の人のブログと比べてどうだとか、ランキングがどうだとかいう意味ではなくて、自分の数々書いてきた記事の中で、どの記事に一番拍手がもらえたのか、管理人であるわたし自身にもわからないのです。

これって、残念なことではないでしょうか? 自作自演で自分の拍手ボタンを押しまくってる人も、ひょっとしたら中にはいるかもしれませんが(わたしも設置された当初、テストということで自分で何度か押してみましたので、10や20は自分で押してます)、基本的には、他人が「おもしろい」「いい」と評価してくれたのが記事のはずです。いわば「優良記事」だと思います(これも、厳密にはわかりません。場合によっては、あまり質のよくないというか、たとえば暴露記事が拍手されてしまうこともあるかと思います)。

だから、誰でも、どの記事に一番拍手が多くもらえたか知りたいというのは、ごく普通の要望だと思います。同様に、「うちのブログで拍手の多い記事」なんてブログパーツ(プラグイン)があったら、なかなか素敵だと思います(ま、これは、統計というか一覧があれば自動でなくて自分で手作業でやろうと思えばできますけれど)。とりあえず「優良記事」という前提であれば、訪問者に読んでほしいですからね。

というわけで、これは、先日の「同一月日の記事を表示する……のはどうやるの?」と合わせて要望として出したいと思います。

いつものアクティブユーザ数の集計グラフは後で追記します。

にほんブログ村 ブログブログ ブログサービスへ
HOME NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。