FC2ブログ

David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

「ひまのふじ」と読んでしまいそうな、大関安馬の改名を姓名判断してみる

2008-11-26-Wed
ついに、安馬の大関昇進が承認され、同時にしこ名が「日馬富士(はるまふじ)」と決まりました。

安馬改め「日馬富士(はるまふじ)」 大関昇進に「全身全霊で相撲道に精進」」(iza)
日本相撲協会は26日午前、福岡市で初場所(来年1月11日初日、東京・両国国技館)の番付編成会議と臨時理事会を開き、関脇安馬(24)=本名ダワーニャム・ビャンバドルジ、モンゴル出身、伊勢ケ浜部屋=の大関昇進を承認した。これに伴い、安馬はしこ名を「日馬富士(はるまふじ)」に改めた。

どうして改名したのかというと、安馬や安美錦は、安治川部屋の力士だったので、「安」をつけていたのです(現師匠の部屋継承の約1年後以降に入門した弟子全員が「安」の字をつけていたそうです)。ところが、2007年11月、安治川親方(元横綱旭富士)が伊勢ヶ濱を襲名し、それにともなって部屋の名称も安治川部屋から伊勢ヶ濱部屋に変わったわけです(このとき安治川部屋の名は消滅)。翌年1月場所終了後に伊勢ヶ濱親方が幕下以下の力士全員の四股名を「安」を外したものにすると発表し、安馬・安美錦・安壮富士についても昇進など条件に合えば改名させるとしていたわけですね(参考Wikipedia)。

「安馬」でわたし自身はいいと思うのですが、そういう事情もあり、また、安全、安泰の「安」でもあると同時に、安っぽい、安ものの「安」でもあるので、ちょっと四股名としてどうかという気持ちもあったようです。

そこで、決まった名前が「日馬富士」と書いて、「はるまふじ」……。「富士」は師匠の旭富士からで、そこに、「太陽」のイメージと、今までの四股名からくる「馬」とかくっついてというところなんで、ま、イメージ的にはとてもいいのですが、知らない人が読んだら「ひまのふじ」でしょう……。ちょっとイジワルな揚げ足取りかもしれませんが、そんならいっそ「春馬富士」でもよかったのではと言いたくなってしまいますね。

そこで、以前「琴欧洲の改名(←琴欧州)」や「磯野貴理の改名(←磯野貴理子)」の時につかった「幸福の姓名判断」で、「安馬公平」「日馬富士公平」と、ついでに「春日富士公平」を占ってみましょう。

まず、今までの「安馬公平

sei_ama.jpg
※「幸福の姓名判断」の占い結果より


●総合的な運勢
竹を割ったような性格で、人生をたくましく生き抜いていきます。男性は親分肌、女性は姉御肌となり、義理を重んじる人情家です。強情な面があり、独善的な態度に出るときもあるので、人との調和を心がけることが大切です。

●仕事の運勢
自分の特技一筋に能力を発揮してゆくと、成功が早いでしょう。好き嫌いで人や物事を判断すると、運勢の上がり下がりが激しくなってくるでしょう。


じゃ、「日馬富士公平」と「春馬富士公平」はどうなっているでしょうか? そいつは、追記で……。



にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
スポンサーサイト



そう言えば少し若めか?~「ブラウンモーニングリポート」のWEB版

2008-11-26-Wed
先日のITmediaNewsは「20代はテレビCMよりネット広告を見たときの方が購買意欲を喚起される」という記事を載せています(11月13日付け)。


で、先日「ブログタイムズ」が紹介してきたものの中に、「ブラウンの新WEB CM「ご当地モーニングレポート」を紹介してください」というのがありました。

これは、10月24日より配信しているTV-CMの「モーニングレポート」のWEB限定版CM、「ご当地モーニングレポート」を紹介して欲しいというものだったのですね。

そもそも「ブラウンモーニングレポート」とは、朝出かける前にヒゲを剃ってきたというサラリーマンを街角でキャッチして、ブラウンの電気シェーバーでヒゲを剃ってもらい、「え~、朝剃ってきたばかりなんですけどね~」と驚く表情をそのまんま映し出すことで、電気シェーバーの威力を示そうという趣向のCMだったんです。それを、「ブラウンモーニングレポート」と言って、結構お馴染みのテレビCMだったのですね。

この概要はブラウンのWebサイト「モーニングレポートの歴史」から見ることができるのですが(ところで「○○新幹線社中」ってのは「車中」ではないのかな?>ブラウン)、1981年から2003年まで、22年間続いてそこで途切れていたものが、2008年に復活したというわけですね。

TV-CMはこちらのページでも公開されています、それとは別に、WEB限定の「モーニングレポート」を作っています。名付けて「ご当地モーニングレポート」です。同じページで見ることができます。
こちらのページの右下「ブラウンモーニングレポート」をクリックします。右側一番上が「モーニングレポート」のTV-CM版、右側中ほどの「WEB限定ご当地モーニングレポート」です。

「ご当地モーニングレポート」は、テレビ版のように東京のサラリーマンが対象でなく、ご当地つまり地方(今回は「鎌倉」、「広島」、「沖縄」)が舞台です。方言を遣っていたり、地方ごとのイベントや風景があって、とても楽しい「ご当地レポート」となっている。それも、忙しいだけの東京のサラリーマンと違って、ゆったりとした時の流れを感じさせていいと思います。特に「沖縄」のものなど、シェーバーのCMながら、旅情を誘うようなところもあって好感が持てるなぁと思ってみていました。

▲沖縄版(お祭に意欲的に参加する若者が魅力的)

そして、思い出したのが、冒頭に引用したITmediaNewsの記事なんですね。ひょっとしたら、「ご当地版」は私服で、それぞれのプライベートの時間という色合いが強いためかもしれませんが、WEB版に出てくる人は、TV版よりも若々しい印象を受けるのですね。ひょっとしたら、「20代はテレビCMよりネット広告を見たときの方が購買意欲を喚起される」というデータを既にブラウンはつかんでいて、今回の「モーニングリポート」のテレビ版とWEB版には、その違いを見せたのかなぁと、感心してしまいました。


▲広島版(大学院生でとっても若々しい)

わたしの思い込みでしょうか? 少なくとも、過去の「モーニングリポート」よりは、ぐんと若いめになってるんじゃないかとは思うのですけれどもね。

ちょっと蛇足ですが、以前より、若者がヒゲを伸ばす傾向にあるので、完全にきれいに剃り上げるというよりも、むしろそれぞれの個性的なヒゲをアシストするという趣旨の製品を作ってはどうかと思います。>ブラウン

[PR by ブログタイムズ]
ブログランキング・にほんブログ村へ
HOME