FC2ブログ

David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

白鵬が優勝決定戦を制し、目多掘部屋がドリーム大相撲を制す~平成20年度九州場所

2008-11-24-Mon
平成20年度の大相撲九州場所が終わりました。

ちょっと遅くなりましたが、まとめ記事を書いておきます。

大相撲となった優勝決定戦を制して白鵬が優勝、一人横綱の責任を果たしました。安馬は13勝2敗の優勝同点で、堂々の大関昇進を決定しました。それに刺激されたのでしょう、把瑠都の10勝9勝をはじめ三役陣も元気があって、また、豊ノ島、稀勢、菊といった安馬のライバル群も好成績で、大関陣のふがいなさを補っていました。逆に言えば、大関陣には大関の責任を果たしてほしいと思います。

暴行死裁判、八百長裁判、大麻騒動がらみの訴訟など暗い話題が続いた中で、予想外に盛り上がったいい場所になったと思います。

バカピカさんのドリーム大相撲の結果はこちら。なんと、下手の横好き、わが目多掘部屋は、ドリーム大相撲史上初の2度目の優勝となりました。がははは~。ごっちゃんです~。来場所は朝青龍が戻ってくるし……、ドリーム大相撲にも改革の波が押し寄せているし、どうなることか。もちろん、2連覇をめざしますよ。がははは。

ちなみに、実験的に千秋楽限定で行われた、ウルトラドリーム大相撲の結果はこちら。趣旨をよく理解していませんでした。予想した力士が負けても、決まり手が当たっていれば切り離して得点になるとは……。ルール上そうなんでしょうけれど、ちょっとイメージがわきませんでした。もちろん、来場所もやってほしいです。集計お忙しそうなんで、中日か十日めあたりの開催を希望です。

mimuraさんがやっていた、「次の大関を予報する」という、大関予報も結果が出ています。わたしは、白銀予報士の称号を得ました。

20081127000737.gif


こういう大相撲関連のマニアなゲームおもしろいですね。わたしなど、ミーハーに毛の生えたようなファンでしかないのですが、こうして一緒にやっていると、いろいろ知らないこともわかったり、相撲の見方が変わって、ま、勉強にもなりますし。テレビやラジオで見聞きしている相撲がおもしろくなります。勝ち負けや番付や昇進を知ってるだけから、相撲の決まり手や技、力士の得意技、得意な形などを次第に知ることが相撲をおもしろくなることだと思うのですが、こういう企画がそれを助けてくれています。

来場所、きっと、朝青龍が戻ってきて、新大関安馬(そういえば昇進を機に改名するらしいですね。この記事を書いてるときにはまだ決まっていませんが、スポーツ新聞などでは「照国」「清国」「旭馬(あま)」くらいが候補らしいです)を、簡単に転がしてくれることを期待しています。

ブログで相撲関連の記事を書いてる方、ないけど、ちょくちょくテレビで見る方、ぜひ、ドリーム大相撲に参戦されてはいかがでしょうか。

きっかけは、「出人ところで見ましたが……」と書いてあれば(別にあってもなくても関係ないけどw)、そんで充分だと思います。


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
スポンサーサイト



HOME