FC2ブログ

David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

「ひまのふじ」と読んでしまいそうな、大関安馬の改名を姓名判断してみる

2008-11-26-Wed
ついに、安馬の大関昇進が承認され、同時にしこ名が「日馬富士(はるまふじ)」と決まりました。

安馬改め「日馬富士(はるまふじ)」 大関昇進に「全身全霊で相撲道に精進」」(iza)
日本相撲協会は26日午前、福岡市で初場所(来年1月11日初日、東京・両国国技館)の番付編成会議と臨時理事会を開き、関脇安馬(24)=本名ダワーニャム・ビャンバドルジ、モンゴル出身、伊勢ケ浜部屋=の大関昇進を承認した。これに伴い、安馬はしこ名を「日馬富士(はるまふじ)」に改めた。

どうして改名したのかというと、安馬や安美錦は、安治川部屋の力士だったので、「安」をつけていたのです(現師匠の部屋継承の約1年後以降に入門した弟子全員が「安」の字をつけていたそうです)。ところが、2007年11月、安治川親方(元横綱旭富士)が伊勢ヶ濱を襲名し、それにともなって部屋の名称も安治川部屋から伊勢ヶ濱部屋に変わったわけです(このとき安治川部屋の名は消滅)。翌年1月場所終了後に伊勢ヶ濱親方が幕下以下の力士全員の四股名を「安」を外したものにすると発表し、安馬・安美錦・安壮富士についても昇進など条件に合えば改名させるとしていたわけですね(参考Wikipedia)。

「安馬」でわたし自身はいいと思うのですが、そういう事情もあり、また、安全、安泰の「安」でもあると同時に、安っぽい、安ものの「安」でもあるので、ちょっと四股名としてどうかという気持ちもあったようです。

そこで、決まった名前が「日馬富士」と書いて、「はるまふじ」……。「富士」は師匠の旭富士からで、そこに、「太陽」のイメージと、今までの四股名からくる「馬」とかくっついてというところなんで、ま、イメージ的にはとてもいいのですが、知らない人が読んだら「ひまのふじ」でしょう……。ちょっとイジワルな揚げ足取りかもしれませんが、そんならいっそ「春馬富士」でもよかったのではと言いたくなってしまいますね。

そこで、以前「琴欧洲の改名(←琴欧州)」や「磯野貴理の改名(←磯野貴理子)」の時につかった「幸福の姓名判断」で、「安馬公平」「日馬富士公平」と、ついでに「春日富士公平」を占ってみましょう。

まず、今までの「安馬公平

sei_ama.jpg
※「幸福の姓名判断」の占い結果より


●総合的な運勢
竹を割ったような性格で、人生をたくましく生き抜いていきます。男性は親分肌、女性は姉御肌となり、義理を重んじる人情家です。強情な面があり、独善的な態度に出るときもあるので、人との調和を心がけることが大切です。

●仕事の運勢
自分の特技一筋に能力を発揮してゆくと、成功が早いでしょう。好き嫌いで人や物事を判断すると、運勢の上がり下がりが激しくなってくるでしょう。


じゃ、「日馬富士公平」と「春馬富士公平」はどうなっているでしょうか? そいつは、追記で……。



にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ

そう言えば少し若めか?~「ブラウンモーニングリポート」のWEB版

2008-11-26-Wed
先日のITmediaNewsは「20代はテレビCMよりネット広告を見たときの方が購買意欲を喚起される」という記事を載せています(11月13日付け)。


で、先日「ブログタイムズ」が紹介してきたものの中に、「ブラウンの新WEB CM「ご当地モーニングレポート」を紹介してください」というのがありました。

これは、10月24日より配信しているTV-CMの「モーニングレポート」のWEB限定版CM、「ご当地モーニングレポート」を紹介して欲しいというものだったのですね。

そもそも「ブラウンモーニングレポート」とは、朝出かける前にヒゲを剃ってきたというサラリーマンを街角でキャッチして、ブラウンの電気シェーバーでヒゲを剃ってもらい、「え~、朝剃ってきたばかりなんですけどね~」と驚く表情をそのまんま映し出すことで、電気シェーバーの威力を示そうという趣向のCMだったんです。それを、「ブラウンモーニングレポート」と言って、結構お馴染みのテレビCMだったのですね。

この概要はブラウンのWebサイト「モーニングレポートの歴史」から見ることができるのですが(ところで「○○新幹線社中」ってのは「車中」ではないのかな?>ブラウン)、1981年から2003年まで、22年間続いてそこで途切れていたものが、2008年に復活したというわけですね。

TV-CMはこちらのページでも公開されています、それとは別に、WEB限定の「モーニングレポート」を作っています。名付けて「ご当地モーニングレポート」です。同じページで見ることができます。
こちらのページの右下「ブラウンモーニングレポート」をクリックします。右側一番上が「モーニングレポート」のTV-CM版、右側中ほどの「WEB限定ご当地モーニングレポート」です。

「ご当地モーニングレポート」は、テレビ版のように東京のサラリーマンが対象でなく、ご当地つまり地方(今回は「鎌倉」、「広島」、「沖縄」)が舞台です。方言を遣っていたり、地方ごとのイベントや風景があって、とても楽しい「ご当地レポート」となっている。それも、忙しいだけの東京のサラリーマンと違って、ゆったりとした時の流れを感じさせていいと思います。特に「沖縄」のものなど、シェーバーのCMながら、旅情を誘うようなところもあって好感が持てるなぁと思ってみていました。

▲沖縄版(お祭に意欲的に参加する若者が魅力的)

そして、思い出したのが、冒頭に引用したITmediaNewsの記事なんですね。ひょっとしたら、「ご当地版」は私服で、それぞれのプライベートの時間という色合いが強いためかもしれませんが、WEB版に出てくる人は、TV版よりも若々しい印象を受けるのですね。ひょっとしたら、「20代はテレビCMよりネット広告を見たときの方が購買意欲を喚起される」というデータを既にブラウンはつかんでいて、今回の「モーニングリポート」のテレビ版とWEB版には、その違いを見せたのかなぁと、感心してしまいました。


▲広島版(大学院生でとっても若々しい)

わたしの思い込みでしょうか? 少なくとも、過去の「モーニングリポート」よりは、ぐんと若いめになってるんじゃないかとは思うのですけれどもね。

ちょっと蛇足ですが、以前より、若者がヒゲを伸ばす傾向にあるので、完全にきれいに剃り上げるというよりも、むしろそれぞれの個性的なヒゲをアシストするという趣旨の製品を作ってはどうかと思います。>ブラウン

[PR by ブログタイムズ]
ブログランキング・にほんブログ村へ

白鵬が優勝決定戦を制し、目多掘部屋がドリーム大相撲を制す~平成20年度九州場所

2008-11-24-Mon
平成20年度の大相撲九州場所が終わりました。

ちょっと遅くなりましたが、まとめ記事を書いておきます。

大相撲となった優勝決定戦を制して白鵬が優勝、一人横綱の責任を果たしました。安馬は13勝2敗の優勝同点で、堂々の大関昇進を決定しました。それに刺激されたのでしょう、把瑠都の10勝9勝をはじめ三役陣も元気があって、また、豊ノ島、稀勢、菊といった安馬のライバル群も好成績で、大関陣のふがいなさを補っていました。逆に言えば、大関陣には大関の責任を果たしてほしいと思います。

暴行死裁判、八百長裁判、大麻騒動がらみの訴訟など暗い話題が続いた中で、予想外に盛り上がったいい場所になったと思います。

バカピカさんのドリーム大相撲の結果はこちら。なんと、下手の横好き、わが目多掘部屋は、ドリーム大相撲史上初の2度目の優勝となりました。がははは~。ごっちゃんです~。来場所は朝青龍が戻ってくるし……、ドリーム大相撲にも改革の波が押し寄せているし、どうなることか。もちろん、2連覇をめざしますよ。がははは。

ちなみに、実験的に千秋楽限定で行われた、ウルトラドリーム大相撲の結果はこちら。趣旨をよく理解していませんでした。予想した力士が負けても、決まり手が当たっていれば切り離して得点になるとは……。ルール上そうなんでしょうけれど、ちょっとイメージがわきませんでした。もちろん、来場所もやってほしいです。集計お忙しそうなんで、中日か十日めあたりの開催を希望です。

mimuraさんがやっていた、「次の大関を予報する」という、大関予報も結果が出ています。わたしは、白銀予報士の称号を得ました。

20081127000737.gif


こういう大相撲関連のマニアなゲームおもしろいですね。わたしなど、ミーハーに毛の生えたようなファンでしかないのですが、こうして一緒にやっていると、いろいろ知らないこともわかったり、相撲の見方が変わって、ま、勉強にもなりますし。テレビやラジオで見聞きしている相撲がおもしろくなります。勝ち負けや番付や昇進を知ってるだけから、相撲の決まり手や技、力士の得意技、得意な形などを次第に知ることが相撲をおもしろくなることだと思うのですが、こういう企画がそれを助けてくれています。

来場所、きっと、朝青龍が戻ってきて、新大関安馬(そういえば昇進を機に改名するらしいですね。この記事を書いてるときにはまだ決まっていませんが、スポーツ新聞などでは「照国」「清国」「旭馬(あま)」くらいが候補らしいです)を、簡単に転がしてくれることを期待しています。

ブログで相撲関連の記事を書いてる方、ないけど、ちょくちょくテレビで見る方、ぜひ、ドリーム大相撲に参戦されてはいかがでしょうか。

きっかけは、「出人ところで見ましたが……」と書いてあれば(別にあってもなくても関係ないけどw)、そんで充分だと思います。


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ

安間が大関を確定させて、ウルトラドリーム大相撲への参戦~平成20年度九州場所十四日め

2008-11-22-Sat
14日目が終わりました。

白鵬、安馬が2敗をキープ。

大関挑戦の安馬は12勝2敗です。直前3場所三役で33勝以上という一つの目安があって(参考→「大関昇進・見送り三場所成績」)、現時点で10、12、12の34勝です。すでに横綱をやぶっていますので、当確と言っていいと思います。明日千秋楽は把瑠都戦。勝って、優勝への道を残していきたいところです。

ドリーム大相撲、我が目多掘部屋は

横綱:白鵬 12勝2敗
三役:安馬 12勝2敗
 同:把瑠都 9勝5敗
平幕:稀勢の里 10勝4敗
 同:琴奨菊 8勝6敗
 同:鶴竜 5勝9敗(休場までの成績 5勝6敗)
補欠:阿覧 8勝6敗(補欠発動後の成績 2勝1敗)

これで、現在ドリーム大相撲は首位で、このまま逃げ切れそうな感じです。厳密には、優勝、三賞の行方が関係しますけれど。昨日、補欠の阿覧が勝ち越してくれたことが大きいです。また、今日稀勢が二桁行ってくれたし。欲を言えば、今日、は部屋内の対戦がなかったので、阿覧と菊が勝ってくれたら、今場所二度目の部屋全勝だったのに……。狙っていたんでちと残念ですw。

さて、
両者が直接対決を終えているため、千秋楽で両者とも勝てばこの二人による優勝決定戦。逆に二人とも負け、3敗の嘉風(よしかぜ)が勝っていれば、優勝決定巴戦という可能性もあります。

「ウルトラD大相撲」は
大相撲08年11月場所千秋楽の結び含むケツの10番5番の
勝敗と決まり手を予想する、相撲マニア向けのゲームです('A`)
今回は仲間うちのテスト版ですが、
興味のある方はどなたでもご参加ください(´Д`)
 → バカピカ:「「ウルトラD大相撲(08年11月場所千秋楽)」開催決定!



「ケツの5番」ということですので、わたしの解釈では、優勝決定戦を含めます。でも、それだと巴戦を読まないといけないので、「それは考えません」と言われそうなので、念のためを含めて、6番エントリーしておきます。

優勝決定戦
 ○白鵬-安馬● 寄り切り
結び
 ○白鵬-琴光喜● 上手投げ
結びの前
 ●千代大海-琴欧洲○ 寄り切り 立
その前
 ○安馬-把瑠都● 上手出し投げ 物
その前  
 ○豪栄道-栃ノ心● 勇み足 レ
その前  
 ●旭天鵬-安美錦○ 寄り切り 大

 → バカピカさんのブログ:「D大相撲08年11月成績」(毎日更新)
 →  〃 :「D大相撲 部屋別成績

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
RREVHOME NEXT