FC2ブログ

David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

映画:「神童」~DVD

2008-07-20-Sun
さそうあきら原作の映画「神童」を見ました。

神童[2枚組スペシャル・エディション]
VAP,INC(VAP)(D) (2007-11-21)
売り上げランキング: 2463
おすすめ度の平均: 4.0
4 ナチュラル
2 音楽が主役なのに
4 自然体が心地よい映画
5 松ケンファン必見です!!


おもしろく、せつない映画です。

ストーリーは、一人のピアノの天才少女ウタ(成海璃子)が(この子がタイトルの「神童」なのですね)、才能や実力がありながら、レッスンが大嫌いでよくサボるんですね。サボるにはそれなりの理由もあって、その一つには、あまりに母親が期待しすぎ、求めすぎるということがあるのでしょう。たとえば、ピアノ第一に徹すると学校の体育のバスケットも見学しなければなりません。突き指でもしたら大変ですから。それが不満だったりします。そのことを友だちにからかわれるのもまた不満……。いろいろ大変なわけなんです。そんなことでは、逆にピアノがうらめしくなったりしますよね。音楽が嫌いになっちゃいます。

そこに、ま、ちょっと素敵な出会いがあります。音楽大学を志望する青年(松山ケンイチ)は、ウタに比べればもちろん下手くそなんだけれど、音大に進みたくて一生懸命で、ま、ウタはピアノを教えることになります。ウタの心には恋の芽生えみたいのがあるわけですが、青年の方は、ま、そうでもないみたいなんです。この二人のさわやかで、微妙な関係に、ウタの過去やそして、深刻な病気(?)の徴候がみられるようになり、クライマックスへと突入します。



おもしろい映画です。実際いくらそだった環境がよくても、ろくすっぽ練習しないでピアノが天才的にうまい子どもなんているはずはないわけですが、ま、それがいて、いろんな出会い、いろんな体験をするわけです。そういう意味ではご都合主義的なところもないわけではないのですが、ま、多かれ少なかれ映画はそうしたものですからね。

原作はさそうあきら。演出は荻生田宏治です。このコンビは9月に公開される問題作(?)映画「コドモのコドモ」(公式ページ)でも実現します。そちらでは萩生田は監督ですが。このコンビを見る限り、映画「コドモのコドモ」もそう悪くあるまいと想像するのですが、わたしのブログの過去記事には、ある一人の方から執拗なコメントがよせられています。どういう問題か気になる方は、読んでいただけたらと思います。(→この記事この記事



にほんブログ村 映画ブログへ
スポンサーサイト



白鵬全勝勝ち越し、琴光喜と安馬1敗で追う~平成20年度名古屋場所

2008-07-20-Sun
中日八日目です。

朝青龍が情けなくも休場し、白鵬は一人横綱。その重責を果たしてただ一人の全勝ターンです。攻めに厳しさが見られ、気合いの入り方がうかがえます。強いです。

1敗の琴光喜も必死です。若の里にうまく回しをとられ、終始ふりな体制に。必死で若の里の顔を押すというかねじるというか、もうできることは何でもするという感じです。そういう必死の悪あがきが、ま、成功したということになるのでしょうね、うまく右をこじ入れて開きながら、投げ気味の引き落とし。

また、ライバル対決ということになるだろうと思いますが、1差で追う安馬も稀勢の里を一方的に下しました。正直、稀勢の里をもっとかっていたのですけれど、気合い空回りなのか、夏バテなのか、なかなか調子があがりません。今日で6敗めで、大関が遠くなりました。

ま、この3人にしぼられたといっていいでしょうが、ま、その次に久々に千代大海と雅山が続いているので、せっかくなんで名前をあげておきましょう。

目多掘部屋勢
 → 「気づいたら初日ドリーム大相撲への参戦
横綱朝青龍●○○○●▲やや3勝3敗2休
西大関琴光喜○○○●○○○○7勝1敗
小結稀勢の里●●○●○●●●2勝6敗
前頭筆頭安美錦○●●○●●○●3勝5敗
西前頭5把瑠都●●○○○●○●4勝4敗
前頭6豊真将●○○●○●○○4勝4敗
西前頭筆頭若ノ鵬●●●●●●●●●8戦8敗
 四日目の成績:2勝4敗
 → バカピカさんのブログのまとめ記事(記事力士成績部屋別成績

愛知勢は3段目深尾、4連勝で勝ち越し決定です!

注目の愛知勢
 → goo大相撲:愛知県力士一覧
西大関琴光喜○○○●○○○○7勝1敗
西十両12市原●●●●○○○3勝4敗
十両13玉飛鳥○●●●○●●●2勝6敗
三段目13深尾-○-○○-○-◎4勝0敗
序二段18玉海山○--○-●○-3勝1敗
序二段60舛名大-○-●○-●-2勝2敗


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
HOME