FC2ブログ

David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

Title List

映画:「クワイエットルームにようこそ」~DVD

2008-07-06-Sun
精神病院の閉鎖病棟、その中でも、破壊的な行動をしたり、激しく自傷的な行動をしたりする患者が入れられる、拘束性の高い部屋、それがクワイエットルーム。作品中で見舞いに来た男の感想は「レクター博士みたいだね……」。クワイエットルームはそんな部屋です。

28歳のフリーライター明日香(内田有紀)はある日目覚めたら「そこ」にいたわけです。そこがどこか理解し、なぜ自分がそんな場所にくるはめになったのか……、映画はすぐに混乱の世界を、ドタバタ的なコミカルも織り交ぜながら描いていきます。

ま、精神病といっても、非常に軽度の人から深刻な人までたくさんいます。わたしも時々仕事に行き詰まったりすると、スランプや落ち込みがあって、不安定さを自覚するときもあるくらいです。入院するほどではないのですが、専門家にカウンセリングをしてもらったら楽なのかなと考えてみたりします。

精神病院も同じでといってはいささか乱暴ですが、精神病院に限らずすべての病院で、軽い人と重症の人とがいるわけで、それは精神病院も同じなんですね。安定してる時にはなんでもないが、時として非常にヒステリックになったり、普段はなんでもないが、なにかのはずみでちょっと見逃せないような過激な自傷に出てしまうような人もいるわけでして、ま、過食だとか、虚言だとか、ま、病気で苦しむ人をつかまえてこういう言い方も問題かもしれませんが、一種の奇人変人が集まっている、そんなニュアンスで描かれています(精神病院の実状をどの程度忠実に描いているかということでは、いささか問題があるかもしれないという気もします。ま、でも、所謂娯楽映画ですからね)。


 → 公式ページ

明日香(内田)は、精神病というほどの慢性的なものではなくて、一時的な混乱というか、錯乱というか、ま、あまり書くとネタバレになるのであれだけど、ま、かなり正常な判断力を持ちながらの入院ということになります。そして、いろんな患者や看護婦たちと関わりながら、人間らしさを回復していく……みたいな、ま、大雑把に言えばそういう感じです。

実際の精神病院があんな感じなのかどうなのか、わたしは全く知識がありませんが、孤独というか人間疎外というか、そうしたものは、精神病院の中でも、「娑婆」でも変わらないかもしれません。もちろん全然違うという人もいるでしょうけれど、ま、中にはあまり違わないという境遇の人や、たまたま、そういう状況に追い込まれてしまっている時というのもあるような気がします。

おもしろい作品です。

クワイエットルームにようこそ 特別版 (初回限定生産2枚組)
角川エンタテインメント (2008-03-19)
売り上げランキング: 885
おすすめ度の平均: 4.0
4 友達の意見入れて星4つ
5 単純に面白いだけではない作品
4 それぞれの問題☆
4 内田有紀ってこんなに綺麗だったっけ?日本版「17歳のカルテ」
4 期待通りの演技陣




にほんブログ村 映画ブログへ
スポンサーサイト



名古屋場所まであと1週間~番付から

2008-07-06-Sun
名古屋場所まで1週間(初日は来週日曜13日)でして、番付がとっくに発表になってます。
ban0807.jpg

図抜けて強い両横綱と弱い大関、元気な三役……という構図が先場所崩れて、なんと、誰も想像してなかった(もちろんファンはそれなりに期待してたでしょうけれど)、琴欧洲が優勝するという結果に終わってしまいました~。だから、今場所は琴欧洲の綱取りの場所なんです。それまでの成績があまりにふがいないので、二場所連続優勝しても認められんよ~という慎重派の意見はあるものの、もともと、朝青龍、白鵬とは違ったタイプの人気大関ということもあります。全勝優勝でもしようものなら誰も反対はできないでしょう。14勝1敗でも圏内だと思います。

それ以外では、ま、毎度ながら、大関がカド番の場所で、今場所は千代大海です。12度目のカド番は史上初なんだそうです。もっとも、先場所は琴欧洲はカド番だったのに優勝でしたから。

あと、稀勢の里。小結でした。3場所連続の小結。先場所10勝したのに、両関脇が頑張ったのであがれませんでした。ちょっとお気の毒です。それに、これで三役は8場所めで、「三役在位8場所目の時点で関脇経験なしは、昭和以降新三役では出羽錦・富士錦・高見山に次いで4人目」とういことで、番付的に見るとちょっとお気の毒です。ま、巡り合わせですし、本人が肥やしにできれば採算はとれるんでしょうけれど。

新入幕は木村山・光龍・将司でした。

さて、「注目の愛知勢」は地元だけにみなさん張り切るとは思うのですが、玉飛鳥が十両に上がってきました。期待したいところです。また、あいかわらず市原は怪我で(ヒザは快調時の6~7割だそうです)、稽古不十分のままぶっつけ本番でいくということらしいです。

注目の愛知勢
 → goo大相撲:愛知県力士一覧
西大関琴光喜
西十両12市原
十両13玉飛鳥
三段目13深尾
序二段18玉海山
序二段60舛名大


ついでに書いておくと、今場所のわたしの大関予報は(予報士用語では「夏場所後の予報」)こちらです。まもなく、mimuraさんところで集計が発表になると思います。それと、バカピカさんところでも、例によってドリーム大相撲が開催されるでしょう。

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
HOME