FC2ブログ

David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

ノートン2008のエラー(1825)を2007のツールで直す~「エラーコード」

2008-05-16-Fri
特に記事にすることはないかと思ったのですが、ノートンインターネットセキュリティ2008を使っていまして、GWあたりから、ずっとライブアップデートがエラーを起こしていました。最初は「注意」という表示だったのが、「リスクあり」に変わって、なにか居心地が悪いんで、いよいよ解決しなければならないと思って、昨日ちょっと検索などして対応していました。

今どきウィルス対策ソフトの重要性を知らないでネットにつないでいる人はいなかろうと思うのですが、出人は「リスクあり」でも平気で使っていると思われるとなんなので、少し補って説明しておくと、いろいろか機能があるものの、簡単に言えば、ウィルス対策ソフトと言えども開発の時点(販売の時点ではありませんよね)でわかっているウィルスに対してしか対策ができていないはずなんですね。病気でもそうでしょう。新型インフルエンザの流行が懸念されていますが、今までの免疫や薬が効けば大きな問題はないわけですが、そうでないと深刻な事態になるわけです。

で、ウィルス対策ソフトの場合は開発後発見されたソフトについて、インターネットに接続できる点を利用してオンラインアップデートでサポートしていこうというしくみなわけです。ノートンの場合は、このアップデートの機能をライブアップデートと呼んでいて、わたしがエラーを起こしていたのは、この部分です。2週間近く、ライブアップデートをしても完了するのですが、注意表示が消えないでいたのですね。つまり、この間に新型のウィルスに出くわすと危険なことになります。その程度の「注意」表示であり、「リスクあり」だったわけです。

検索に際して、「ノートン ライブアップデート エラー」などと入力してみるのですが、こういう時はエラーコードがわかっている方が何倍も便利です。これはユーザーフォーラムの書き込みエラーでもそうでした(過去記事参照)。バージョンアップしたユーザーフォーラムに書き込みにいくと「504 Gateway Time-out」というエラーが出ることがありました。表示はそれ以外にほとんどありません。「504」がエラーコードで、「Gateway Time-out」が英語での簡単な説明になってはいるのでしょう。これを手がかりに調べればどういうことが起きているのか、解決方法はどんなものか、いくらかはわかるわけなのですが、たぶんわたしを含めて多くの人は「数字とカタカナ(英語)ばかりでわからない」というところでとまってしまうのです。

Aikoさんはこの点について、この記事のコメントで、FC2もこのエラー表示のページにエラー意味を日本語補足するとか、「二重投稿にならないようにご注意下さい」というような具体的な指示を書いてはどうかとおっしゃっています。傾聴に値する意見です。

確かに「Gateway Time-out」が「データ送信完了に関する確認が時間内に完結しなかったエラー」とういような言葉に置き換えられれば、多少意味がわかった気にはなるかもしれません。ただ、実態というか、ユーザー側でPCに入力したデータが、ネット回線を介して送信され、受信され、掲示板システムにどう保存され、表示されるかという過程を本人なりにイメージ化できないと、この日本語の説明であっても、ピンとこないということもあるかと思うのです。わたしもしたり顔で書いてますが、正直よくわかりません。知識のなさを想像力で補っておいついているに過ぎませんから。ただそれでも日本語化してくれるというのは、正確な知識のなさを類推によって補い、自分なりの納得を得て、これは二重投稿になる可能性も高そうだから同一メッセージを送るのは避けようというくらいのことには役立つ場合もあると思われるのです。

ちょっと横道にそれました。改めて書きます。エラーコードですが、コードはあくまで整理番号ですので、その言葉で実態がわからないですが、その代わりに、整理したり検索したりするときには大いに便利であるのです。「うまくいかない」「○○が失敗する」「○○するとき××なようになってしまう」みたいな一つ一つの症状について、整理して番号(コード)をつけているわけなので、さまざまな言い回しになる日本語などよりも、逆に、コードの方が近道なのです。

で、詳細を表示させてみると、エラーコードは1825でした。
notonerror.jpg


で、この「1825」を手がかりに検索してみると、2007のものでしたがこの記事(OKWAVE:「ノートンインターネットセキュリティ2007のライブアップデートができません」)の解説が丁寧でした。

ところが、そこで示された手順(サポートの「エラー: 「LU1825: この更新版は壊れていたので LiveUpdate で処理できませんでした。. . .」を利用する)は2007版のもので、わたしの場合はインターネットセキュリティの2008版でちょっと違う。もうちょっと検索すると「再インストールしかない」と出ているのだけれど、ま、それならこれを試してからでも遅くはなかろうと、この2007版のページにある、「PIUpdate ツールをダウンロードして実行する」 というやり方でやってみました。

ちょっと動作が不安定で、かなり時間がかかって、やっぱりだめかと思ったのですが……、めでたく現在は直りました。

2008のエラーを2007のツールで直すのだから、幾分裏技的なんですけど、逆に言えば、その部分については変更を加えてないから同様のツールの新版が公開されてないということも言えるわけでして、ま、一応結果オーライということで、ご報告しておきます。

あくまで、わたしがやったら直ったよということで、何かの参考になるかもと公開しておきます。あくまで、自己責任で、場合によってはアンインストール覚悟でなさってください。

※「そんなやり方は邪道で危険だ」「こっちの方がいい」というようなフォローのコメントがありましたら、大歓迎です。

※うまくいかなかったという失敗例も同様に大歓迎です。

にほんブログ村 ブログブログへ
スポンサーサイト



耳を疑う:「後期高齢者医療制度」~呼称や天引きの問題ではありません!

2008-05-16-Fri
知り合いのMさんが今日、「出人さん、出人さん」と、話しかけてきました。

:「出人さん、今日、知り合いのお父さんが検査入院したんですけど……」
:「え? それはいけませんね。なにか?」
:「それが、後期高齢者で……」
:「おお、後期高齢者って言い方が悪いけど、長寿ってことなんですよね。いいじゃないですか……」
:「それが大変らしいんですよ……」
:「あぁ、天引き騒動ですか~。考えようによっては支払いにいかなくて楽なんだってテレビで政治家が言っていたよね」
:「……。それがひどいんですよ」
:「……。あ、病気がお悪いのでしたか。それは、すみません」
:「……いえ。それが、よくわからないのですが、検査代に上限があるらしいんですよ」
:「はぁ?

正直意味がわかりませんでした……。

:「どういうことですか? 検査代に上限があるって……」
:「何か、月々6000円までしか検査料が出ないとかで……」
:「は? 月々? 一度にじゃないの?」
:「うん」
:「そんなことないでしょう……。そんなのレントゲン2~3枚撮ったら終わっちゃうのでは?」
:「さぁ……。レントゲン高いですよね、それがCTなどもそうらしいんです」

:「? ? 治療はそうではないの?」
:「治療は違うらしいんです。検査代に上限が……」
:「それほんと?
:「よくわからないけど、知り合いがそんなこと言っていました」
:「う~む。検査代に上限があるって、それ変じゃない? 何かまちがってない?」
:「さぁ。でもしきりに、そういうことらしい、どういうことだろうって言ってましたよ」

……これ、本当なんでしょうか?

確かに、歳をとってくると、直りにくいし、わたしの祖母がそうでしたけど、「お前の心臓はもう死なないと直らない」と言われてショックを受けてましたけど、年齢をいってくると、治るのに時間がかかったり、体力的なことその他の関係で、手術による治療が適さないというようなケースもあって、たしかに、いたずらな延命治療はいろんなことに問題があるのはわかりますけれど、この「その月に支払われる検査(代)に上限がある」とはいったいどういうことになっているのでしょうか? わたしは全く信じられませんでした。歳をとってくれば、たとえば心臓を病んでいる人が糖尿をわずらっているであるとか、ま、なんでもそうなんですが、ある一人が複数の病気に悩んでいるということも、ま、若い人よりも高齢者の方が多くなると思うのですね。だから、その病気の本当の理由と現在の症状、、さらにそれに加えて、今の病気の治療が、別の持病へどのように影響するかなど、どうしても調べねばならないことが生じてしまうわけです。それを、毎月上限が6000円ってどういうことなんでしょうか? これでは、おちおち検査もできないとと思いますよ。

天引きの件とか、呼称の件とか、そういうことばかりが耳に入っていました。保険料値上がりした人も多いというのも確かに問題で、保険証が届かないというのも不手際だと思います。あと、お金を取りすぎたというのも確かにひどいです。ただ、そういうことはよく報道されてましたけど、わたしは、こんなふうにして、診断や治療の根幹というか、基本中の基本ともいうべき検査費に上限が設けられているというのは、本当に驚くべきことだと痛感しました。なにか、これは手法として間違ってないだろうかって。

保険料とか、あるいは消費税とか、もしくは診療費用とかあがってもやむを得ないところはあると思いますが、検査費に上限があるというのが、どういうことなのか、全くわかりません。6000円を超えると、病院側が持ち出しになる(損をする)というのが、ほんとうによくわかりません。不要な検査ならそういうことも言えるでしょうけれど、これでは、そこまで検査したらあとは他の病院に転院させて、あとは知らないよ~なんて手法をとる医者もいるのではないかと大変心配しました。

ほんとうに、この医療制度で、今のお年寄りも、これからのお年寄りもいいのでしょうか……。

※趣旨の変わらない範囲で加筆致しました(5/17 00:20)

ブログランキング・にほんブログ村へ
HOME