FC2ブログ

David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

いいなぁWILLCOMがブロードバンド対応だって~来年ですけど

2008-05-27-Tue
携帯、わたしはauユーザーです。パケット定額制ができてしばらくしたころに、某社から乗り換えました。今ではその某社(正確にいうと経営者変わって、社名も変わって、白い犬がメインキャラしてますね。あれドコモ茸とか栗鼠もに対抗する一つのキャラ作戦なんだと最近思いました)にもパケット定額制があるようですけど……。当時のエライ人が「うちはしない」って明言なさってたものだから。

そのauにYouTubeが対応したのだそうです。

au の携帯電話をお持ちの皆様にも、YouTube 上のほぼ全ての動画から検索、そして 1.5 MB (約 2 分半) 以内の動画をお楽しみいただけるようになりました。対応機種は 3GPP2 対応の携帯電話です(こちらで .3g2 と記載されているもの)。現在 CA, H, K, SA, SH, T の機種で動作確認をしており、S についても少し遅れて対応する予定です。

……わたしの機種は該当してませんけど、ま、買い換えの一つの参考にします。ま、わたしの場合は、見られれば充分ですので、むしろ、auにはスマートフォンを出してほしいものです。そういう声は少ないのでしょうか……。

それに対して、ウィルコムは「ワンセグ対応のW-ZERO3」が6月下旬発売、シャープ制の「WILLCOM 03」。とってもカラフルでおしゃれな感じなんです。いちおうわたしもワンセグ機(auです)ではあるのですが、実際、クルマの移動が多いからか、あんまり使うチャンスはないのですけど。こっちに詳しく載ってますので。
 → ITpro:「ウィルコム、新スマートフォン「03」を6月下旬発売

で、上の記事の最後のページ

次世代PHSは「上下とも100Mbps以上」
2009年の商用サービス開始を目指して準備を進めている次世代PHSについて
 (1) 30MHzの帯域と2×2のMIMOを用いて、上り/下りともに最大100Mbps以上の実効速度を確保する
 (2) 新幹線などで時速300kmで移動中でも途切れずに通信可能にする
 (3 )ユーザー数の多い都市部でも実効速度が落ちにくいようにする
との目標を掲げた。ブランド名を「WILLCOM CORE」とすることを明らかにした。

とあります。「おサイフケータイ」機能もつけるんだそうです。先行する所謂携帯電話にどんどん近づいて、今後ユーザーもどんどん増えそうですね。

期待のVista端末「WILLCOM D4」が7月に発売延期になったりもしてますが、なんかすごくエネルギーを感じます。




あとは、キノコやリスや、白い犬に対抗する、なにか、キャラを考えるだけ……って感じかな。

ええと、今月末までなんかキャンペーンもしてるらしいです。なんかこのバナー大きいですけど、いいのなくて~w。




アカデミーパックってのもあるんです……。




ブログランキング・にほんブログ村へ

梅雨入りのFC2ブログユーザーフォーラム~週別集計

2008-05-26-Mon
夏場所が終わり、ぼちぼち6月の声が聞こえますと、梅雨入りです。外国人に説明するときは「雨季(雨期)」という言い方がわかりやすいようですが、日本では「五月雨」と呼んでいたのです。もっとお、これは陰暦ですので、今の季節感だと6月という感じなんですけど。
■過去記事宣伝
 → 「梅雨でなく五月雨と呼ぼう!
 → 「「五月雨式」ってどんな式?~語源を探る

さて、今日はこんな風情のある梅雨の話ではなくて、FC2ブログのユーザーフォーラムがさっぱりダメで、梅雨入りもいいとこ、ジメジメだという話です。おそらく5月23日の17時過ぎの書き込みを最後に更新されていません。

わたしも一度だけテスト書き込みをしたのですけれど、例によって、


504 Gateway Time-out

が表示されるだけでした。記事の「投稿(入力→保存→公開)」のどこかの段階で、おそらく、保存まではいっているのだけれど、その後のどこかの段階でエラーが起きていて、うまく公開までたどりつけていないのです。つまり、未公開の記事がどんどんストックされている状態なのです。なかにはわけもわからず、同じ記事を二度、三度……それ以上に繰り返し送っている人もいると思います。まさに、五月雨式。しかも、雨足は強いようですよ。
 ※参考過去記事:「FC2ブログユーザーフォーラムのヴァージョンアップ~週別集計

う~む。これはひどいかも。かれこれ60時間、なんの予告も説明もなく書き込みができない状態ですからね。ま、メインサービスでも、メインサポートでもなく、あくまで補助的なサービスという位置づけだからかもしれませんが、それでも、今までのFC2ブログにはなくてはならなかったコーナーだと思います。

それに多くの人がどんどん投稿したら、ますます渋滞状況がひどくなるのではないかと、それも心配します。一時書き込み停止を宣言して、メンテ、調整後解禁するのがいいと思います。救いは検索が生きてること。

恐竜が絶滅した理由の一つが巨大になりすぎたからという言葉がありますが、ひょっとしたら、スタッフの手に余る大きさに育ってしまったのかもしれない……、といいたくなる、昨今の状況です。

早く梅雨明けして、晴れ晴れとした気分になりたいものです。

いつものグラフはあとで追記。

にほんブログ村 ブログブログ ブログサービスへ

観劇:「足摺岬」~劇団俳優座公演

2008-05-25-Sun
観劇の市民サークルに入っています。今月は劇団俳優座公演の「足摺岬」でした。

ashipost.jpg


同名の田宮虎彦の短編小説を、俳優座が2004年に芝居にしたものです。
 → 劇団俳優座のホームページ

昭和初期の足摺岬の旅館清水屋を舞台に展開されます。自殺をしようと、足摺岬を訪れた東京の大学生間宮が、死にきれず、地元の人に助けられます。死の淵から、宿の人たちや宿泊客の介護やぬくもりによって、次第に体力を回復し、元気にもなっていきますが、その過程で、宿泊客たちや宿の人たちの背負っている苦悩や過去、現在の厳しい状況などがいろんな形で語られ、そこで、間宮も生きる勇気を取り戻していく……。簡単にいったらそんな話です。

テーマはいろいろに読むことができますが、ま、「現実に向かい合って本気で生きる」ということなんでしょうね。こういうのは、鏡なので、ま、ちょっとモラトリアムな、というか、逃げ続けているわたしには、そういうテーマに思われました。「自殺」は厳しい現実から逃げ出すことであり、否定されなければなりませんが、逆に、生きながらえているにしても、現実から逃げ続けていることというのはあるもので、もちろん、誰しもそういうことがないわけではないでしょうが、そうしたものと向かい合って生きる勇気を持つことが大切だと、主張しているようです。

足摺岬―田宮虎彦作品集 (講談社文芸文庫)
田宮 虎彦
講談社
売り上げランキング: 96765
おすすめ度の平均: 5.0
5 心に残る一篇をお探しの方に・・
5 悲しさの極限とは



原作は田宮虎彦で、わたしは読んだことがありませんが、こちらのページにはあらすじと感想が書かれています。

~略~
青年は、そんな人たちとの交流をとおして、自殺をあきらめました。青年は、東京に帰ります。生活費を得るための職業に身を落ち着けます。三年経って、宿の娘を迎えに行きました。

 「足摺岬」は、主人公が再び足摺岬を訪れる場面で終わります。主人公は、命を救ってくれた妻を、貧乏な生活に追いやってしまったことを回想します。妻の若い肌が、年々、あお黒い病のかげを浮かべるのをなす術もなく見続けて、「私が八重を殺したといわねばならぬのだ」と悔恨します。

 長い戦争が終っていました。はじめて訪れたときは子どもだった宿の息子は、二十歳を越えています。復員してからは、家には居つかずに、ごろつきと飲んだくれて町中を荒らしてまわっているようです。雨の中をびしょ濡れになって帰ってきた息子は叫びます。

「だれのためにおれは死にそこなったんだ、負けたもくそもあるか、おれはまだ負けておらんぞ、おれに死ねといったやつはだれだ、おれはころしてやる、おれに死ね死ねといったやつは、一人のこらずぶったぎってやる」

 息子は、(いわゆる)「特攻くずれ」だったようです。物語は、そんな場面で終ります。

 ~略~

これが小説の結末のようです。「モラトリアムなどと甘っちょろいことを言っていたら間に合わぬこともある」、「大義などというもののために自分の生命をおろそかにすると後悔する」ということを言っているようでもありますが、ま、それは人の読み方というものでしょう。そんな教訓みたいなふうに読まず、世の中にはそういうことがいくらでもあるというふうにも読むことができますからね。ただ、芝居はこんな破滅的な結末になってはいません。自殺をやめ、生きることを決意した青年間宮は、宿の娘に母の形見を渡し、「迎えにくるまで預かってくれ」と言って清水屋を去るところで終わっています。その後の二人がどうなってしまうのかまでは芝居では描いていないのです。たとえ99パーセントが悲劇的な結末であろうとも、わずかな希望を残して終わる……、少なくとも劇場に足を運んでみる芝居は、そうあってほしいと思っています。

モラトリアムなわたしには、ちょっと重たい芝居でした。

この「清水屋」にはモデルがあって、今は足摺園というホテルになっているようです。

大正5年12月、武政忠次により遍路宿として営業を始める。その間、作家・田宮寅彦作、小説「足摺岬」のモデルになり昭和33年これが映画化され、若かりし(故・木村功)、津島恵子主演による、足摺ロケが当地で行われる。
昭和41年、有限会社として法人化し、当地に始めてのバス・トイレ付ホテルとして全面改築し、昭和47年、再度大改造する。 この小説「足摺岬」の映画化によって足摺は自殺の名所となり自殺志願者が殺到する中で女将、武政久子は何十名かの命を救ったことで一躍有名となる。
又、作家・田宮虎彦氏とは深い親交があった。
平成11年、増改築して現在に至る。
 → ホテル足摺園

四国に行く機会があったら泊まってみたいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ

琴欧洲14日目に優勝を飾り千秋楽も勝つ~平成20年度夏場所

2008-05-25-Sun
琴欧洲は14日目に優勝を決定し、千秋楽も千代大海に万全の勝利。これで14勝1敗の文句のない優勝となりました。このところずっと優勝している両横綱を倒しています。全勝優勝もできたような強さだと思います。やっぱり、カド番ということ、怪我が理由とは言え、大関になってからの成績は二桁勝つのがやっとだったのですから。最も琴欧洲が強かったのは、大関に昇進する直前の3場所で(小結12勝、関脇13→11勝)、その後は18年には10勝が3回、9勝が1回、8勝が2回、昨年(19年)は9勝が3回、8勝が2回、休場(2勝)が1回で、今年になってからも、初場所が9勝だったものの、先場所は休場(2勝)というぐあいでして、ほんとに、大関の中でも忘れられた存在と言われてもしかたがなかったと思います。



ところが、やっぱり足が痛くなくなったと言ってましたね。それと稽古と、精神的なものと、いろいろなことがいい方に作用したのでしょう、14勝1敗の好成績の優勝になりました。横綱の規程が「二場所連続優勝」なわけで、それも、朝青龍、白鵬というド強い横綱が二人いるわけですから、ここで連覇でもしようものなら文句はないと思うのですが、どうもテレビを見ていると、北ノ富士がなかなかすっきりとした言い方をしないのですね。もちろん「来場所次第」であるわけだから、ということは、「綱獲りのかかった場所」と言っていいと思うのですね。ただし、大関としての成績がいいわけではないので、そのラインは低くはありませんよということだと思います。それは、みんな納得してるでしょう。だからといって全勝優勝でもされたら、ダメという理由もないし、14勝1敗でもイケイケという感じですね。「13勝2敗の優勝」でもわたしはいいと思うのですが、なんか今のムードだと、それじゃダメという意見が出るのかなぁという感じです。12勝以下の優勝ってのはちょっと考えにくいので。期待します。

千秋楽結びの一番は、ちょっと顰蹙でした。白鵬は思うようにならない左足の痛みを押して出場だったのでしょう。目の前で、昨日すでに優勝を決めた琴欧洲が、ひじょうに明るく、楽しげなムードで、会場から大祝福されていたのが、ちょっと不本意だったのだろうと思うのですね(わかりませんが)。また、朝青龍もそういう気持ちもあったのでしょうが、そういうムードを、いっちょ白鵬といい相撲をとってアピールしたいと思っていたと思うのです(想像ですが)。



両者というよりは、むしろ朝青龍のするどい立ち合いを、白鵬ががっちりと受け止めたというように思われたのですが、白鵬は思うように足が出ず、朝青龍の簡単な引きにばったりと手をついて、あっけなく勝負がついてしまったのです。次が来るはずと思っていた朝青龍は気合いが空回り、手をついている白鵬にダメを押し(最初のは勢いが余ったというふうにもとれました)、さらに、不甲斐ないやつめとちょっとダメのダメを押した感じになり、それに対して白鵬が肘から当たってやりかえすというような、ちょっと小競り合いみたいなものが、結びの勝敗決定直後におきてしまいました。

琴欧洲の明るさと縮小ムード一色の館内にあって、どうにも場違いで見苦しい両横綱の意地……。ぜひ、体調を整えて、来場所の土俵でその憂さを晴らしてほしいと思います。

幕内優勝:琴欧洲(初)
殊勲賞:安美錦(3)
敢闘賞:稀勢の里(2)・豊ノ島(2)
技能賞:安馬(3)


さて、わが目多掘部屋ですが、稀勢の里が二桁にのり、安馬、稀勢の里が3賞をゲットしました。安馬が9勝に終わったのは残念ですけれど、結果はどうだったのでしょう。まだ、バカピカさんの発表がないのでわかりません。
目多掘部屋勢
 → 「ドリーム大相撲への出場
横綱朝青龍●○○○○○○○○○●●●○○◎11勝4敗
関脇安馬○○●●○○●○●○○○○●●◎9勝6敗
小結稀勢の里○●○○○○●●○●○●○○○◎10勝5敗
西前頭筆頭把瑠都●●●●●●○●●○○●●○○5勝10敗
西前頭6北勝力●●●○○○○○□○○○●○●◎10勝5敗
西前頭11豊真将○●○●○●○○○●○●○●○◎9勝6敗
前頭4黒海●●●●●●●○●○●●○●●3勝12敗
 千秋楽の成績:4勝2敗(黒海は補欠)
 → バカピカさんのブログのまとめ記事(記事力士成績部屋別成績

愛知勢は序二段の全勝同士の優勝決定戦で惜しくも深尾が敗れてしまったようです。見てませんが、序二段の優勝は誉富士だと発表になってますので……。残念。来場所に期待します。

注目の愛知勢
 → goo大相撲:愛知県力士一覧
大関琴光喜○○●○●○●○●○●●○●○◎8勝7敗
西十両11市原●○●●○●●○●○○○○●●7勝8敗
西幕下12玉飛鳥-○○-○--○○-○-○--◎7戦全勝幕下優勝
三段目89玉海山○-●-●-●-●-○---●2勝5敗
序二段24深尾-○-○○--○○-○-○--◎7戦全勝(決定戦敗退)
序二段27舛名大-●-●-○-●-○-●--●2勝5敗

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
RREVHOME NEXT