David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

スポンサーサイト

-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FC2ブログのテンプレート改ざん事件~IFRAMEタグとJavaScript

2008-03-31-Mon
これは伝聞で、ブログ記事などネット上で報告されていることを断片的につないだに過ぎませんし、また、わたし自身もけっしてこういうことに詳しいわけではないのですが、ま、少しでも、特に詳しいわけでもないフツーのユーザーに理解してもらおうと、この記事を書くことにしました。したがって、細かな経緯や、専門的な観点からすると、実はちょっと間違っているということがあるかもしれません。それはそれで、コメントなどでご指摘いただければありがたいと思います。

まず、一言で言うと、FC2ブログで、ブログ管理人知らないうちに、テンプレートが勝手に書き換えられ(改ざん)、勝手に外部サイトを読み込むようになっているという現象が発生しました。これは、すでに、昨年末から最近まで、いくつかのゲーム関連のブログ(FC2ブログ)で発生しているようです。

そして、悪いことに(そもそもこれが目的なんでしょうが)、その外部サイトから、RealPlayerの脆弱性を利用したウィルスに感染し、オンラインゲーム(Lineage2)のパスワードを盗み出すようです。すでに被害のあったブログもいくつかあり、そして、その体験から、今までのような事実確認や、その対策が記事になっています。わたしが参考にしたのは、この二つのブログです。
 → [FF11]-まったり行こうよ!:「管理人の皆さん、ぜひ確認を!」(08/03/03)
    URL:http://winglea.blog.shinobi.jp/Entry/1054/
 → FF11 ペット狩り黒猫奮闘記
   :「ウイルス検出について【報告】」(08/03/01)
    URL:http://petsoro.blog91.fc2.com/blog-entry-171.html
   :「ウイルス検出について【情報追記】」(08/03/05)
    URL:http://petsoro.blog91.fc2.com/blog-entry-173.html
   :「ウイルス検出について【罠再び!】」(08/03/05)
    URL:http://petsoro.blog91.fc2.com/blog-entry-176.html

わたしが解説を書くより、これらの記事を読む方が、体験談でもあり、対策なども詳しいわけなのですが、ま、早い話が、テンプレートのHTML中に「<iframe>」(インフレームタグ)や「<Script>」(スクリプトタグ)が書いてあって、そこが、罠URLの内容を読み込むように設定してあるというわけです。

たとえば、
 <iframe src=”罠URL”></iframe>
だとか、
 <script src=”罠URL”></script>
という具合です。

で、この罠URLには、ウイルスが仕込んであるというわけですね。

ブログ管理人のとる対策は次のようです。

■ 管理人の方は今すぐチェックを! 03/22 20:15加筆
テンプレートをダウンロードしてそのまま使っている(もしくは手を加えて使っている)方は当然のこと、テンプレートは自作!という方も、ご自身のブログからそういった被害者を出さない為にすぐに以下のことを確認してみてください。

まずは今使っているテンプレートの編集画面を開き、そのソース(HTML)に
 iframe

 script
が含まれていないかを確認してください。

目視では見落とすこともありますので、「Ctrl+F」をして検索キーワードに
 iframe
でチェック。
それに加えてscript もチェックしてみてください。

それぞれのキーワードの後に続く文字列が意味の分からないものだったり、
自分の設置した覚えがないものがある場合はかなり危険です。

  → [FF11]-まったり行こうよ!:「管理人の皆さん、ぜひ確認を!」(08/03/03)より

※この危険な「<iframe src=”罠URL”></iframe>」や「<script src=”罠URL”></script>」は、これらのタグを削除するもしくはテンプレートを他のものに変更する必要があります。

これが、現在改ざんテンプレートの見つけ方ととりあえず応急処置のようです。

一方ユーザーの側(ブログの読者側)ですが、iframeタグやScriptを働かせないという方法で安全性を高めることもできるようですが、そもそもこんな意見もあります。

ここのところFC2で見つかっているマルウエアは、
1.ウィンドウズの脆弱性
2.IE6の脆弱性
3.リアルプレイヤーの脆弱性
を突いてくるらしいですが、いずれも最新のものにアップデートされていれば問題はないらしいです(自分で確認していないので伝聞)。
  → FC2ブログユーザーフォーラム:「原因究明・セキュリティ強化を」のschutzさんのコメント  


このあたりはFC2ブログのユーザーに限らず、ま、ネットを頻繁に利用するなら必須条件と思いますので、ぜひ、心がけておきたいところです。

にほんブログ村 ブログブログへ
スポンサーサイト

「無双OROCHI魔王再臨」~予約しました

2008-03-31-Mon
なんだか知りませんが、源義経や平清盛はともかくとして、太公望、孫悟空、そして卑弥呼までが参戦するという、いよいよ奇想天外の展開になってきたのが「無双OROCHI魔王再臨」です。先日GEOに行ったら、もう、PVをガンガンにやってまして、なんでも魔王亡き後の世の中を描いているんだそうです(笑)。



 → 公式ページ


というか、そもそも、魔王亡き後もくそも、魔王は突然やってきたんだと思いましたが、ま、いいや。要するに、三国時代(中国)と戦国時代(日本)の世を融合してしまった異次元の魔王遠呂智(おろち)を、ま、三國志と戦国時代の英雄たちが打ち破り、平穏な世の中が続くはずが、それから1ヶ月、平穏になるどころか、ま、勢力争い覇権争い、戦乱は継続したというわけなんですね。そして、そういう戦乱のステージができてしまえば、ま、武将たちが活躍する土俵はできたわけで、そこに、タイトルにあるように、遠呂智が復活するというのでありましょう~(笑)

無双OROCHI 魔王再臨 特典 ポップアップカレンダー・ボールペン付き
コーエー (2008/04/03)
売り上げランキング: 3
おすすめ度の平均: 4.5
5 OROCHI自体が…
5 待ってました!!
5 三国系のスキなアナタなら…


要するになんでもあり、要するにオールスターキャスト、要するに意味なんかない~w。でも、予約しました。……それにしても、全体的にキャラが美少女路線だなぁ。卑弥呼がこれかぁ……。濃姫みたいであってほしかったなぁ。



ブログランキング・にほんブログ村へ

emoに登録してみた

2008-03-30-Sun
ブログに書かれている言葉を分析して、ブログ主が気付かなかった自分の傾向とか、感情や性格を分析する、でもって顔みたいなイラストをブログパーツで表示してくれるってなやつです。まだこんなふうに表示されてますが、明日には、RSSを元にして、ま、うちのブログのemoが誕生して、分析結果を表示してくれるんだそうです。

emomada.jpg

→ emoの公式サイト



また、Q&Aのページがあって、「性格分類は何を参考にしているのですか?」という質問があります。その回答として「以下の文献を参考にしています」として、


・MBTIへの招待―C.G.ユングの「タイプ論」の応用と展開
ロジャー ペアマン (著), サラ アルブリットン (著), Roger R. Pearman (原著),
Sarah C. Albritton (原著), 園田 由紀 (翻訳)

・16の性格―性格タイプを知って獲得する充実した人生と人間関係
ポール・D. ティーガー (著), バーバラ バロン‐ティーガー (著), Paul D. Tieger (原著),
Barbara Barron‐Tieger (原著), 栗木 さつき (翻訳)

・ココロが見える心理学 (図解雑学Q&A)
齊藤 勇

・性格心理学 (図解雑学シリーズ)
清水 弘司

なんてリストがあって、もちろんアレンジのしかたにもよるんだろうけど、けっこうマジかもって思ってしまいますね。

にほんブログ村 ブログブログへ

観劇:「嫁も姑も皆幽霊」~劇団NLT公演

2008-03-30-Sun
観劇の市民サークルに入っています。1年に6~7本のお芝居を見ます。今回は劇団NLT公演の「嫁も姑も皆幽霊」という、コメディでした。劇団NLTは翻訳もののコメディをよく上演する劇団で、わたしも過去に「毒薬と老嬢」を見たことがありますが、いつもおもしろいです。今回は、田村亮、鳳八千代、音無美紀子という客演で、とても豪華な舞台となりました。


ちょっとタイトルが説明的で情緒があまり感じられないのですが、見てみると、このストレートなところがむしろいいです。これが「青時雨おつる頃」(原作の題名と思われる)よりも、ま、コメディとしては成功してます。

ちょっとあらすじ。四代続いた和菓子屋の若旦那(田村)は、今は売れっ子恋愛小説家。しかも、若い後妻をもらってウキウキ気分で、家のことにも、仕事のことにも実が入らない……。一方、先代がなくなって若い坊主が後を継いだが、お寺の墓地を埋めてビルを建てるというような問題が発生、町内会で集まって抗議しようということになるのだが、これまたやはり、若旦那は興味がない。大学生活で下宿している息子も、父親がこれではと、勉学に身が入らず将来設計もままならない……と、そんなタイミングに、なんでか、先妻の幽霊(音無)が現れてしまうんですね。

こういうところで幽霊が出てくるのが、ま、映画やドラマではなかなかそのリアルさを出すのに苦労するかもしれません。しかし、演劇の舞台ってのは、なんというか、わりと無理なくそれができる(笑)。後妻をもらった男の弱み、「嫉妬して出てきたのか~」と聞くと、ま、さすが作家の妻、「まさか……」と打ち消し、あの世でも姑(鳳)といっしょで苦労をしてるから、息抜きにさせてってわけなんですね。ま、コメディなんで、このあたりも、もう、ガンガンにおもしろいです。「あ~ら、わたしが生きてる間に二人でワインなんて飲んだことないじゃないの~」なんて。

そこへ、ま、どういうわけだか題名通り、姑も出てくるわけであります。もちろん幽霊として~(笑)。そもそもこちらは和菓子屋を実質切り盛りしてきた大女将(おおおかみ)ですから、店のことが気になってしょうがない、店番するだの、客の対応するなど、本来死んでる人がいるだけでもあれなのに、働こうという始末。一気に先妻と姑が「里帰り」してきた新妻は、もう対応に大忙しの一方で、「幽霊」をよその人に見られてはならないと、ま、舞台はてんやわんやのどたばたです。

そうしたどたばた喜劇の一方で、話は親子の愛、夫婦のあり方、などを笑いの中に描き出していきます。結末まで見ると、原題の「青時雨おつる頃」がぴったりするのがよくわかります。

 → 劇団NLTの公式サイト

「ドラえもん」歌ってたみたいです~<NLT


ブログランキング・にほんブログ村へ
HOME NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。