FC2ブログ

David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

Title List

映画:「大奥」~DVD

2008-02-26-Tue
「大奥」劇場版です。スクリーンで見ようかと思っていたら終わっちゃいました~。

今回は大奥の歴史の中でも名高い「絵島事件(「絵島」のことを「江島」とも書くので「江島事件」「絵島生島事件」「江島生島事件」とも)」を扱っています。 
 → Wikipedia:「江島生島事件

大奥 スタンダード・エディション
ポニーキャニオン (2007/06/08)
売り上げランキング: 11014
おすすめ度の平均: 3.5
4 大奥劇場版
3 TVドラマの方が面白かった
5 綺麗すぎます


思うに大奥というのは江戸時代を通じてずっとあったわけですから、ま、権力を持ち、魅力的な女性をとっかえひっかえできるなんて、ま、男としたらある種夢のような話なのでありましょうけれど、ま、逆の立場に立つとしたら、将軍様の寵愛を受けるにしても、また、そうでなくて職業として仕えるにしても、もう、なんとおぞましくも恐ろしい組織にあるのかと思い知らされます。

もちろん、大奥に限らず組織には権力争いがあるのですが、ま、これは洋の東西、時代の新旧を問わずつきものなのかもしれませんけれど、迷惑な話って気もしますね。できることなら、こういうこととは無縁の仕事がしたいですが、ま、そういうわけにもいきません。あ~ヤダヤダ~と愚痴りたくなります。ま、しかたのないことかもしれません。

SHINOBI」の仲間由紀恵が主人公絵島やってるんですけれど、ま、一応キレイです。ただ、どうでしょう、「ごくせん」か「トリック」あたりの仲間が一番いい感じかなと思いますよ。



にほんブログ村 映画ブログへ
スポンサーサイト



平成20年度春場所番付発表と「アロハシャツ」

2008-02-26-Tue
番付が発表になってますので貼っておきましょう。
ozuban2002.gif

・白鵬は三場所連続東。
・豪風が新小結。
・境澤新入幕・龍皇が再入幕。

・両横綱以外に誰というところが、なかなか思いつきません。わたしはそれでけっこう幸せですが、なにせ「荒れる春場所」と言われるので、必ず中堅でおもしろい人が出てくると思うのです。今場所は、事前の情報収集を進めたいものです。

ところで、朝青龍はアロハシャツを激写されてました~。

兄・スミヤバザルさんの結婚式に出席するため17日にハワイへ。そしてこの日、日本へ向かう前のホノルル空港では、とても力士とは思えない服装をしていた。何とアロハシャツに短パン、ビーチサンダル…。
 → iza!:「朝青龍アロハ姿で「撮るな」空港で報道陣一喝」

いくら「公の場では着物で」と言われていても、まさか、ビーチまで着物で~なんてことは言われないでしょう。今回はハワイでの結婚式。どこで着替えるかは微妙です。「兄の結婚式で、アロハはハワイでは正装です。ぜひと言われまして!」というのは、なんとかなりそうな論理です。「それにアロハの起源は日本の着物という説もあるのですよ」という蘊蓄を屁理屈風に語って切り抜けることができるかどうか~。

ま、一応、日本の空港にはきちんと着物で現れた(アロハでは寒いし)わけだから、旅先の場合気候ということも加味してもいいんじゃないかと思いますけどね。甘いですか~。

ええと、Wikipediaの「アロハシャツ」から引用。

起源については諸説ある。19世紀終盤〜20世紀初頭、農業に従事していた日本移民は、「パラカ(ヨーロッパの船員たちが着ていた上着)」と云う開襟シャツが日本の木綿絣に似ていることから好んで愛用していたが、持参品であった着物の再利用の際に、パラカに仕立てたのが起源ではないかと云われている。

また、日本の着物の美しさに惹かれた現地の人が「着物をシャツにしてくれ」と頼んだことが起源という説もある。 
 → Wikipedia:「アロハシャツ


長い時間をかけた様々な取り組みを通して、アロハシャツはオフィスやレストランなどでも着用が許される「ハワイにおける男性の正装」として認知されるようになった。現在では単なるリゾートウェアというよりはむしろハワイの民族衣装のように扱われている(逆に現在では夏のカジュアルな服装としてはTシャツのほうが一般的である)。
→ Wikipedia:「アロハシャツ


ね。むふふ。ま、福田総理ならこれだけあれば、涼しい顔で切り抜けそうでしょ。

負けるな! 朝青龍! どこかの国の総理を見習え~(笑)

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ

映画:「リアル鬼ごっこ」~劇場

2008-02-26-Tue
「リアル鬼ごっこ」見てきました。2~3年前に知人Yに薦められて原作を読んだことがありました。
リアル鬼ごっこ (幻冬舎文庫)
山田 悠介
幻冬舎 (2004/04)
売り上げランキング: 1502
おすすめ度の平均: 2.0
1 星をつけたくありません
1 レビューの方が面白い本て…
1 いやいや、これは・・・

なんでしょう、ほとんど別の話と言っていいでしょう。もちろん、佐藤さんが次々と「鬼」に殺されるという話の中核は変わりませんし、妹を助けるという主人公の一つのテーマも変わりません。ですが、メインのストーリーというか、骨組が全く別のつくりになっている。そういう意味では、原作読んでるから~というような理由で見ないとうい手はあり得ません。ただただ鬼ごっこをし続けるという感じの原作に対して、映画版の方がおもしろい仕組みがあります。また、ちょっとグロい感じもありますが、人の肉体がワイヤーで切断されたり、熱線で焼き切られたりするのも、ま、映像の作り方にもよるのわけですが、ま、おもしろくもあります。映画見てから小説読むと、ちょっともの足りないと感じ、小説読んでから映画見ると、え? 別の話?って思うんじゃないでしょうか。どっちがいいかは、好みによるのでしょうけれど、わたしは、原作の小説の方には着想のおもしろさと心理描写のおもしろさ、映画版の方に作家の工夫とビジュアルのおもしろさを感じました(エンディングももちろん映画のオリジナルです)。


▲【PV】KOTOKO「リアル鬼ごっこ」

 → 映画:「リアル鬼ごっこ」公式サイト

ふっと、「リアル鬼ごっこ」が映画化されると聞いたときに、へぇ~と思って見てみたいものだと思ったのですが、映画見てどんな小説だっただろうと改めて思うと、Yに、「あ~、わたしはこういうのあんまりすきってわけじゃないなぁ」って正直に返事をしてしまい、Yを失望させたのを思い出しました。



にほんブログ村 映画ブログへ
HOME