FC2ブログ

David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

沖縄で米兵が女子中学生に暴行~「沖縄は怒っています」

2008-02-12-Tue
沖縄で、女子中学生が米海兵隊員に暴行されたというニュースが報道されました。マスコミで取り上げられ、国会でも取り上げられたようです。

同署によると、ハドナット容疑者は同8時半ごろ、同県沖縄市の繁華街で3人連れの少女たちに声をかけ、5分ほど会話。うち1人の少女が、自宅へ送ってもらえると思いバイクに同乗したが、基地外の容疑者宅へ連れて行かれ、キスやわいせつな行為を迫られた。怖くなって泣きだした少女を、ハドナット容疑者は車で連れ出した後、車内で暴行したという。
 → iza!:「14歳少女暴行で米兵逮捕 車で連れ出し車内で

「繁華街で少女をバイクに乗せた」というのがちょっとあれですが、事情はともかく、14歳ではいいわけができませんね。24歳なら(暴行して)いいということにはならないですが、バイクに(おそらく)喜んで乗ったのであれば、「お前も軽率だ」と言えなくもないかもしれないわけですが、相手が14歳ではたとえ合意であっても問題なのですからね。

仲井真沖縄県知事が怒りの声をあげました。当然です。

沖縄県で米兵が少女暴行容疑で逮捕された事件を受け、仲井真弘多知事は11日、県庁で記者団に「女性の人権をじゅうりんする重大な犯罪で、被害者が中学生であることを考えれば、決して許すことができず、強い怒りを覚える」と述べた。
 → iza!:「沖縄知事、14歳少女暴行事件で「強い怒り」」


沖縄県民も当然ですが、激怒です。

 少女暴行容疑で米兵が逮捕される事件がまた起きた。「犯罪を根絶できないなら米軍には引き揚げてもらうしかない」-。沖縄では強い憤りの声が上がった。

 米兵による犯罪被害者らの聞き取り調査に取り組んできた沖縄人権協会の福地昿昭理事長は「平成7年に起きた少女暴行事件を想起させる。『再発防止』『二度と起こらないように』という言葉が何遍も繰り返されてきたのに」と指摘。

 「軍紀が乱れていては沖縄は人の住める場所ではない。一軍人の犯罪では済まされず、日本政府も人権上の問題として取り上げるべきだ」と語気を強めた。

 → iza!:「「米軍は引き揚げろ」 少女暴行に沖縄県民激怒


そして、基地を持つ岩国市長も訴えています。

「非常に遺憾。そういった事件を起こさないよう教育を徹底しなければならない」と述べた。
 また、日米地位協定について「基地を抱える自治体と連携し、運用の改善を訴えていきたい」と述べた。
 → iza!:「米兵の少女暴行「教育の徹底を」 新岩国市長の福田氏

ちょっと、舌足らずかもしれません。一見すると「少女側に教育を徹底する」とも読めるので。文脈から「米兵への教育」という意味だと思うので。ただ、実際、そうも言えるんですね。この少女だって、「夜の繁華街で安易に身も知らぬ男のバイクに乗っけてもらう」ということをしています。これでは、あまりにも無防備というか、無知というか、危険の中に進んで飛び込んでしまっているわけです。

そこで、文科相のこんな言葉にもなってくるわけです。

渡海紀三朗文科相は12日、閣議後の会見で「あってはならないことで、厳重に抗議しなければならない。『二度とこういうことが起きないように』と毎回言わなくていいようにしてもらわなければ」と強い不快感を示した。また、「学校現場を通じて先生と生徒に注意を促すことが必要だ」と述べた。
 → iza!:「渡海文科相が不快感、学校に注意喚起へ

暴行したほうが悪いんです。そして、中学生ということを考えると、合意でもいけないんです。そうではあるが、やっぱり中学生も自覚しないと。言い方によっては、被害者の落ち度を指摘することに繋がりかねない発言ですが、ま、文科相という自分の管轄内のことについて、きちんと言ったと思います。そうは言っても、たぶん、親だって学校だって、「夜の繁華街がおもしろいから遊びに行け」なんて言ってないはずで、「身も知らぬ人のあとについていってはいけない」、「知らない人のクルマに(バイクといちいち言わなくてもわかるだろうと)乗ってはダメ」くらいのことは、それこそ子どもの頃から言ってると思うんです。それが、なんというか、冒険したい年頃というか、親や教師の言うことなぞ、屁とも思ってないというか、この子自身がどうだったのかは、正直わからないわけですが、もう、早い話が、今どきの若者は無謀なことを平気でやるなぁという感じです。そのあたり、ほんと、大切にしないといけませんね、自分のこと。

さて、そういう一般論はおいておいて、今朝のフジテレビ系列の「とくダネ!」でもこのニュースを取り上げてました。笠井アナが「得モリ」の中で「沖縄が怒っています。米海兵隊員が、女子中学生を……」と、この事件のあらましを説明しまして、小倉さんやその他コメンテーターが、例によっていろいろと発言していました。

その中で、コメンテーターの竹田圭吾がこんなことを言いました。「おそらく笠井さんは原稿を読んだだけのことだと思うのですが、『沖縄が怒っています』みたいな言い方をしましたよね。『沖縄が怒っている』とか、『沖縄県民が怒っている』ではいけないと思うのです。基地があるのは沖縄で、暴行されたのは沖縄の少女かもしれないけれど、国民の問題、日本の問題として取り上げなければならないと思う」(※録画してあるわけではないので、わたしの記憶によっています。要約というより「翻案」に近いものになっています)

わたしはこれを聞いてなるほどと思いました。笠井アナ自身も竹田圭吾の指摘を受け、思慮が足らなかったというような反省の弁を述べていましたが、そうなんです。ちょっと語弊のある言い方ですが、沖縄は日本を代表として基地を置いている、少女はその被害者でもあるのだ。ちょっと妙な言い方ですが、日本を代表して暴行されてしまったのだと。基地を沖縄に負わせ、被害を沖縄に負わせてしまっているのです。こういうときぐらい、沖縄といっしょに大いに怒らなくてはいけないのではないかと感じました

それと同時に、繁華街で夜、見知らぬ男のバイクに乗っけてもらうなんて、それは相手が米兵かどうかにかかわらず、そもそもいけないことなんですね。やはり、未成年をとりまく環境や教育がこんな状態でいいのか、真剣に見つめ直さなければならないと思います。

あと、全然関係ないけど、こういう「人気」って言葉に違和感がありますね。やっぱり、「人気ニュース」なんでしょうか? 「閲覧者が多いこと」と「人気がある」ということは同値ではないような。
ninki.jpg


ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト



映画:「となり町戦争」~DVD

2008-02-12-Tue
連休中DVDばかりみてました。雪の影響で寒かったりして(二日目からは天気悪くなかったですけど、出る気にならなくて~)。これもそのうちの一作。江口洋介と原田知世の「となり町戦争」です。
となり町戦争
となり町戦争
posted with amazlet on 08.02.10
角川エンタテインメント (2007/09/28)
売り上げランキング: 12262
おすすめ度の平均: 3.5
3 左翼系反戦映画
4 戦争というもの
2 個人的にはトホホ映画

 → 公式ページ

たんたんと過ぎる毎日の平凡な日常の中で、突然となり町と戦争することになります。「民主主義」の世の中なので、町長や議会が政策としてそれを決定、町役場の職員はその広報活動や、市民への説明会、徴兵などに奔走することになります。町立の学校では、そういう軍事色を帯びた教育もなされます。しかも、それが現状の日本のとなり町どうしが戦争するという設定でして、当然ですが、居住地と勤務先とが戦争しちゃってるって一般人も普通にいます。電車も道路も通信も特に遮断されることなく通っていて、人々は普通に生活しています。

ある日突然主人公(江口洋介)に秘密諜報要員としての辞令がきます。適地を通過して通勤しているようだから、定期的に適地の情報を教えて欲しいということです。そして、これは命令というような強制ではなくて、あくまで、町民の任意の協力である(自警団とか、交通指導員くらいのものなんでしょうか? よくしりませんが)というのです。で、とまどいながらも、その町役場の担当者(原田知世)が、魅力的というか、助けないではいられないという感じだったので、ついついOKしてしまうことになる。

当初は、のんびりした戦争ごっこみたいな感じだったのですが、実際、市民の知らないところで意外に深刻な状況になりつつあったりするわけで……。という感じなんでしょうね。設定がトンデモで、政策担当の町の指導者がちょっとコミカルに描かれすぎていて白けてしまうわけですが、江口と原田知世の関係なんかとてもおもしろく描けているなと思ってみました。そこを中心に見ればおもしろいと思います。

ただ、戦争だとか、政治だとか、そういう思想的なこととなると、そこはあまり深く切り込んではいないかと思います。戦争に限ることではなくて、飢餓や貧困でもそうなんでしょうけれど、目に見えるか見えないか、報道されるかされないか、直接的に利害があるかどうかというだけで、もう、同じ人間なのに苦しみつらい立場にある人たちがいる中で、わたしを含め「平和ボケ」と言われる日本人は、ま、のうのうと、そして空疎に生きているということは、一応は言えるわけですから。ただ、だからその点どうよという質問も回答も、ま、特に感じませんでした。



にほんブログ村 映画ブログへ
HOME